メダカの飼育容器について

幹之メダカを中心に改良メダカが人気になってきてる‌と勝手に思ってるひろしゃんです(*≧︎∇︎≦︎)


まさか、小川でよく見かけるメダカを金魚や熱帯魚のように、自宅で簡単に飼育するようになるとは…。


本当に不思議ですね


そんな改良メダカですが、"いざ飼育する"となるとまずは"飼育容器"が必要のはず



「これからメダカの飼育を始めてみよう」と言うかたは、



我が家で使ってるメダカの


飼育容器の材質、大きさ


を紹介してみるので、参考にしてみてください


では


"屋外でメダカを飼育する時"に使う"飼育容器"は、何がオススメなのか?



我が家では、2種類の容器で飼育してます

発泡スチロールでメダカを飼育する

1つ目は、発泡スチロール。


▼発泡スチロールで泳ぐ幹之メダカ
2013-08-15-09-42-17
発泡スチロールが優れているところは、


ズバリ


スーパーに行けば無料で貰えるということ。


さらに、


発泡スチロール容器というのは、外気温が変化しても、水温の急な上昇や下降にとても強いため、屋外でメダカを飼育するなら



間違いなくNo.1のオススメ飼育容器です



しかし


発泡スチロールのような、白い容器でメダカを飼育すると、"メダカの綺麗な色が表現できない"


ということと、


発泡スチロール=無料

というイメージから、本当なら最高の飼育環境の飼育容器も、


パッとみた印象が悪かったりします

プラ箱(トロ舟)を使ってメダカを飼育

そこで、2つ目に使用している飼育容器が、建設現場でよく目にするプラスチック製の箱です



▼プラ箱 サイズ40

この容器を


プラ舟とかプラ箱とかトロ舟
と呼んでます


▼我が家のプラ箱(プラ舟)
2014-09-14-18-13-05
建設現場では、コンクリートを混ぜるため?の容器で、色は、黒色よりも、緑色のプラ舟(プラ箱)をよく目にします



メダカを飼育するときは、緑のプラ舟ではなく



"黒いプラ舟(プラ箱)を使います"



黒いプラ箱は、深さや大きさも丁度良いですし、発泡スチロールのような白い容器で飼うのとは段違いに、



メダカの色が綺麗に出ます



サイズも統一できるので見た目が良くなりますしね



もちろん、良い点ばかりではなくて、


発泡スチロールのように水温調節機能があるわけじゃないので、


暑い時期は温度を気にしておかないと、煮え湯のようになってるので注意して下さい

プラ箱でメダカを飼育してみた感想(レビュー)

ヨシっ



「じゃぁ、プラ舟(プラ箱)を使ってメダカの飼育を始めてみよう‌」




気合いが入ったところで、


奥様が実際に使ってみたプラ舟(プラ箱)のレビューをサイズ別に紹介していきます
SPONSORED LINK

40型
●水を入れて持ち上げられます

●メダカの飼育は20~40匹程度が限界かも



60型
●水を入れての移動は2人がかり

●メダカの飼育は、30匹以上は可能だけど、慣れるまで水替えは大変です



80型
●一般家庭のメダカ飼育だと、1種類のメダカを飼育する大きさではないです

●かなり大きい。

●正直、メダカのプロが使う容器です


オススメのプラ舟(プラ箱)は


"色は黒。大きさは、40型"
です


メダカの飼育場所に余裕があるなら、60型でも良いですが、プラ舟(プラ箱)の値段やメダカの管理を考えると


趣味でメダカ飼育をするなら40型が良いと思います


さらに

ホームセンターよりも、インターネットの方が安く購入できますので1度確認してみて下さい
SPONSORED LINK

SPONSORED LINK





コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット