メダカの冬越しもそろそろ計画しなくてはいけない時期みたいで…。

シルバーウィークを使って、メダカ専用のラック(棚)を作成しました
(実は、今回で2個目ラック)

余裕を持って作れたので、屋外のメダカラック(棚)の製作方法を紹介

メダカ専用のラック(棚)の作り方


使用材料

単管



単管を繋ぐクランプ



足を支えるベース


総工費

約1万円


製作時間

2時間ぐらい。


完成品

IMG_8148
高さ1m、長さ3mの単管ラックです


屋外のメダカラック(棚)は、ものすごく頑丈ですメダカをたくさん飼いたいなら、この方法がおススメです


プラ箱(舟)に水をいっぱい張っても、まず壊れませんし、二段式なので、下にもメダカの容器が置けます


材料は、ホームセンターに行くと全部揃うので、

足場管や単管を売っているコーナーに行き、単管を繋ぐ部分の、直交クランプ、単管の足を支える部分の、固定ベース(この固定ベースが無いとかなりグラグラするので注意)を探して、家に帰って、クランプと単管をスパナで締めていくだけで大丈夫です

単管足場でメダカラック(棚)を自分で作る

最初に、足の部分を作り、その上に橋渡しの感じで2本の単管を置けばオッケー。


コツは、

最初から直角や水平などにこだわらないこと

足を組み上げて固定ベースに差し込み、その上に2本の単管を橋渡しに乗せ、おおまかにラックの形を作ってから、各箇所、ボルトの締め具合を調整するイメージです。


値段は、1万円前後しますが、下手なラックよりは倒壊、サビの心配が無いのでオススメです


さて、これで飼育できるメダカ倍増ですって、メダカの冬越しに、このラック (棚)って必要だったのかなぁ


しかも、”野外にメダカ専用ラック(棚)が2つ”ってなってくると、趣味の域を越えてきてる気がしてきました
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK