メダカの撮影はiPhone5

2016年夏携帯は、未だにiPhone5を使用しています新しいのが嫌いと言うわけではなくて、ただ新しいiPhoneに変える理由も見つからないので、今もiPhoneを使用しているのですが。



メダカの撮影は、全て”iPhone5”です一眼レフカメラは使ってません



おかげで、メダカの鱗まで綺麗に撮影できたことはほとんどなく、いつもヤキモキしています


iPhoneで綺麗に撮影する。

一眼レフカメラと比べたら、比較できないほど弱々しい”iPhone5のカメラ”ですが、


カメラの性能ではなく、撮影するときの環境で綺麗に撮影できたりします。


反対に、


環境によってメダカの印象がガラリと変わる場合もあります

1枚目
楊貴妃メダカダルマ体型


2枚目
楊貴妃メダカダルマ体型


3枚目
楊貴妃メダカダルマ体型
どのくらい差があるのか、同じメダカを条件を変えながら、上から3枚撮影してみました(モデル:楊貴妃ダルマ体型)

iPhone5で撮影したメダカを比較する。

同じメダカなのに、色の違いが凄いと思いませんか?


1枚目の撮影状況は
楊貴妃メダカダルマ体型

何も考えずに、白い発泡スチロールを縦に置き、その箱の中にメダカの入った容器を置いて撮影。


結果
○もっと、深みのある赤なのに、薄いオレンジ色に見えてしまう…。


それならば2枚は、
楊貴妃メダカダルマ体型


とにかく周りの明かりが入り込まないように、暗くして撮影



結果
○綺麗なオレンジ色にでも、コレは明らかに色が鮮やかすぎる


そこで、3枚目は
楊貴妃メダカダルマ体型

箱も使わずに、自然光の下で、「水に写り込む自分をカメラレンズに影を作るように手でガードしながら撮った1枚


結果
○コレが意外と良い色味も実物に近い、より自然な1枚が撮れました

まとめ

基本的に、iPhone5でメダカを綺麗に撮影しようとすると、

失敗ばかり

撮影→ピンぼけ→削除。

撮影→ピンぼけ→削除。

こんな事の繰り返しです


メダカの詳細な部分をiPhone5で撮影して観察することは今の所、難しいですが、メダカの色味は、撮り方次第でいろんな色に変化します

特に、通販やインターネットなどを使ってメダカを購入する方は参考&覚えておいたほうが良いです

⇒メダカ(魚)をiPhoneで撮影するテクニック


SPONSORED LINK
でもらえると分かると思います。
楊貴妃メダカ(紅帝系)が欲しいや興味のあるかたは、コメント欄からご連絡お待ちしてます (コメント欄は、ひろしゃん以外、読めないよう非表示にしてあります)

●送料と梱包料で、約1,500円ほどお願いします。
●メダカの価格と数は相談させてください。
●趣味で飼育してるメダカです。飼育レベルはこのブログを読ん