スケルトンパンダメダカ(ヒカリ体型)

2017年も採卵するようです
何故だか、スケルトンパンダは毎年卵を取ってるんだよなぁ(僕的にはオーロラメダカを採卵して欲しかった…。)


我が家のスケルトンパンダ。

購入当時は 普通体型 を採取してましたが、、ヒカリ体型が出現してからは、ヒカリ体型で固定するため、


普通体型で産まれてくるスケルトンパンダは、選別モレとして別容器にて管理するのですが、


スケルトンパンダメダカの特徴




珍しい体型のメダカ発見



別容器にて確認

サムライ体型のスケルトンパンダメダカの特徴




背ビレが2つに割れている、”サムライ” と言われるメダカ発見



たまたま掬った数匹の中にいたので意外ともっといるのかもしれません


しかし、我が家では、サムライの固定化を目指して交配を進めようと思っても、場所がない


ですから、選別モレとして普通体型のスケルトンパンダとして泳いでいます。



とは言え、

”サムライ体型”の発見で奥様の”飼育方針が変われば



普通体型からヒカリ体型を固定したように、


”サムライ体型ばかりのスケルトンパンダ” になってたりする可能性もあるかもしれません



それは、それで夢があって良さそうですけど

とりあえず、

*目の周りが黒い個体

*背曲がりのないヒカリ体型



image



を親にして卵を産ます予定だそうです



追記

記事更新後、早速、スケルトンパンダメダカの選別モレに網を突っ込みガサガサしましたが、


この1匹のみ

大きさの割に、ヒレが大きく見えたので、オスの特徴みたいに見えるけど、

拡大すると
image



そうじゃないようなってプラス思考

どちらにしても1匹しかいないのでこのまま、選別モレとして泳いがせておくみたいです
SPONSORED LINK
関連記事