もっと赤くしたいっっ


って、楊貴妃メダカを見ていると思ったりします



ここ最近は、”ラメ幹之メダカ”が人気で、色は黒、黄色、三色、紅白、そして朱赤系までラメが入るメダカが登場していて、


「欲しいなぁ」と思うこともあったり。(2017年現在、破格の値段のため購入できません・・・。)



かといって、新種のラメメダカを作出する技術もないし、新種のメダカを増やす場所もありません



そんな時こそ、


楊貴妃メダカをより赤くする。というような、


”こだわり”


を楽しみに飼育してます。



我が家の楊貴妃(紅帝系)メダカ
楊貴妃(紅帝系)メダカ




楊貴妃メダカをより赤くする為にしていることは


選別で”より赤い個体を見つけて交配していくこと”


腹の下が他の楊貴妃に比べて赤いメダカなんか見つけたらワクワクして種親に使ってます




そして、


太陽の下で飼育するのみっ





単純…




まぁ、そんな技術もない選別方法のおかげで、いつまで経っても



ビックリするような赤い楊貴妃メダカは産まれませんけどね
(エサで赤くなるみたいですけど、それじゃぁ、エサ代ばっかりかかるし、楽しみないじゃないですか)



人気のメダカ、新種のメダカもいいですが、アマチュアなら



”同じ品種、系統の極めれそうな部分”をトコトン追求していくのも悪くないですよ

SPONSORED LINK
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3860597245026414"
data-ad-slot="1327577781">






関連記事