ラメ幹之メダカとの違い

非透明鱗紅白メダカの稚魚をすくっていたら次々と見つかる


ラメが乗った紅白メダカたち


▼非透明鱗紅白メダカ
非透明鱗紅白メダカの特徴

非透明鱗紅白メダカの特徴

非透明鱗紅白メダカの特徴
ひろしゃんが思うには…


普通体型だった、黒龍メダカ(ブラック透明鱗パンダメダカ)を



ダルマ体型とヒカリ体型に固定する方向へ交配したように非透明鱗紅白メダカも、



人気の高い紅白ラメメダカへ、交配を進めていくのかな?と思っていましたが…



奥様の返事は”NO”



"なぜ?"でしょうか…。


ラメの色を比べる

クリアブラウンラメ幹之メダカと非透明鱗紅白メダカの写真をもう一度見てみましょう


▼クリアブラウンラメ幹之メダカ
クリアブラウンラメ幹之メダカ


▼非透明鱗紅白メダカ
非透明鱗紅白メダカの特徴
iPhoneで撮影した写真では、細部まで綺麗に撮れていないので分かりにくいですが、両方のメダカのラメをよく見てください


そこに、非透明鱗紅白メダカを、ラメの方向へ累代飼育しない理由があります


その理由とは


クリアブラウンラメ幹之メダカのラメは、


七色に光っていて



非透明鱗紅白メダカから出てきた


ラメの表現は、銀色のみ


要するにラメの光の色が違うからだそうです


上見だけでは分かりにくいので横から見てみると…


▼クリアブラウンラメ幹之
クリアブラウンラメ幹之メダカのラメの特徴


▼非透明鱗紅白
非透明鱗紅白メダカの特徴

んー。


手持ちの写真では、分かりにくい…というか


一緒な気がする(×∀︎×๑ )


ので


雑誌のラメ幹之メダカを見てみると…


▼雑誌に掲載されているラメ幹之の写真
メダカのカタログに載っているラメ幹之メダカのラメの特徴
ちょっとこのメダカは極端だけど、


確実に、ラメの色が七色に光ってるのが分かります。


そういう視点で写真ではない非透明鱗紅白メダカのラメを観察してみると


光りの色は、銀色一色



奥様、凄い選別眼



毎日、毎日メダカを見てる人には、かないませんね…。


しかし、



それだけの理由で、人気のラメメダカに方向転換しないって



こだわり方が


メダカ屋さんのレベルだし


でもさ…。


七色に光ってるラメ幹之メダカの方が少ないんじゃないの?って


僕は思うんだけど(^^;;


まっ、まぁ

ひとまず、何も言わずにいようかな(p´Д`;)
SPONSORED LINK