先週から続いている

網でメダカをすくう。シリーズ

これまで、

灯メダカ、クリアブラウンメダカ、黒龍メダカ、非透明鱗紅白メダカの稚魚

全身体内光メダカの百式の親メダカとすくってきて


今日は、


ブラック系の透明鱗メダカの親をすくってみました
image

▼黒蜂メダカのオス
image
先日、幹之透明鱗メダカ(百式メダカ)の話をしましたが、


目の周りが黒くなる、”パンダ系の透明鱗メダカ”の方向にメダカを選別していくと



体の色が薄く(透明に)なるように感じます…。



パンダ系のメダカって、透明な部分が多いような気がするんだけど…。
(なんだろ…上手く言えないなぁ…)

けど、

それを、黒く、黒く。と選別していくと、

▼我が家のブラック透明鱗メダカのメス
image

▼下から撮影
image
こういう

真っ黒なメダカになっていくのかな


しかし、この用水路から手に入れたメスの黒系透明鱗メダカって、


確実にオロチですよね


お腹まで黒いところが撮れたらいいなと思って


下からのアングルで撮影しましたが、本当に腹回りが


真っ黒です

▼下からの撮影
image
反対にオスは、

黒蜂メダカの割りには、ヒレに茶系のサシが入ってこないのは


不思議です


まぁ、サシ色が入らないタイプのブラック系透明鱗メダカなら、


真っ黒いメダカを目指すのに好都合っぽいですけど


このブラック系透明鱗メダカも


交配が順調よく進み、稚魚がたくさん産まれてきています


産まれてきたメダカを奥様は、どの方向に選別をしていくのか楽しみです


チラッと言っていたのは、


「ヒカリ体型が出てこないかな

って言ってましたけど…


「出てこないかな」じゃなくて、


”出るまで交配する”ってパターンじゃないの


来年の春先、メダカの泳ぐ場所あるかな…。
SPONSORED LINK
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3860597245026414"
data-ad-slot="1327577781">