メダカをガサガサする為に必要なアイテム


”網”


コレは必需品でありまして、


メダカを飼育し始めた2014年頃は、市販のよくある網

を使用していたのですが、


2015年頃、メダカ専門店で見つけた
image
この一本の網。


確か、1,500円前後だったと思いましたが…。


”メダカ専用の網”を持つというのに魅力を感じて、奥様が

試しに購入してみると、



コレが抜群に使い易い


今では

メダカをプラ箱から一気にすくったり、水換えをするときは、
▼大きい網
image

image



プラ箱から選別の為観察ケースに入れたり、小分けの時に使うときは、
▼中くらいの網
image

image



メダカを撮影する時に重宝するのは、メダカが2匹程しか入らない
▼めっちゃ小さな網
image

image



並べてみると
image

image

image



もう

この網なしでメダカの”ガサガサ”


あっ


メダカの飼育は出来ません



我が家で使用している”メダカ用の網”の特徴をあげると

○網の”深さ”が使いやすい。
image
市販の網は深すぎて、メダカをすくうことはできても、メダカを移動するときや、網をひっくり返す時に、メダカに負荷がかかってしまいますが、この網なら気になりません


○”網の目”が細かいモノもある
image

image
稚魚から成魚まで対応可能な網が張ってあり、色は、黒だけでなく、白、紺、迷彩柄なんてモノもあります。さらに、網の材質には伸縮性に富んだものを使用した網まであるので、バリエーション豊富です


○壊れにくい
image
網の取付部や、付け根部分など、細部までしっかりと作り込まれており、僕みたいな魚の素人が、ガンガン使っても大丈夫です


○デザインが豊富
網の部分だけでなく、持ち手部分も、ただの木だけでなく、釣竿のようなデザインが施された網があり、選んで購入した一本には、それはそれは愛着が湧きます



べた褒め


褒めてばかりですが、

一本、一本、手づくりで作る”専用の網”なので


価格は、ペットショップの魚用の網の”10倍以上”はしますし、

製作者の方は”職人”と言わんばかりの風格があります

けど、


竿のシマノ

リールのDaiwa


網の○○○○
(個人名なのでブログで書くことができないのが残念ですが…)


と言っても過言ではないくらいの網です


僕はこの網のおかげで、


メダカをすくうことと、撮影することが大好きになりました



なくてもメダカの飼育はできる”メダカ専用の網”


その値段を

高いと感じるか、安いと感じるか、



使ってみると”その価値”を実感できますよ


そうそう

よく似た”他の網”と間違えないようにして下さい


”網”をよく見て、”過去記事”もよく見たら、必ず最高の網が見つかるはずです



SPONSORED LINK
style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="image-middle"
data-ad-layout-key="-8z-11+2l-3-2x"
data-ad-client="ca-pub-3860597245026414"
data-ad-slot="3321280412">