赤ブチラメ幹之メダカ

奥様は、何を目指しているのか


というのも…

先日、”1200mmの水槽が乗る台”を製作したと思ったら…

巨大水槽の台を製作した過去記事予算5,000円で1200サイズの水槽台を自作する。
メダカ置場には、突然


”赤ぶちラメ幹之メダカ”


が追加されてたりして


ラメ系のメダカというか、この半年で増えたメダカが多過ぎな気がしませんか??


●クリアブラウンラメ幹之メダカ
クリアブラウンラメ幹之メダカの特徴

●紅白ラメ幹之メダカ
紅白ラメ幹之メダカの特徴

●百式メダカ(幹之透明鱗)
幹之透明鱗(百式)

●オロチと黒蜂
オロチと黒蜂メダカの特徴
ココまでが、

2017年の春から追加されたメダカたちです(p´Д`;)
「場所がない」っていう言うわりに、


次から次へ新しいメダカが追加されていくのが不思議です



(i|!゚Д゚i|!)ヒィィィ


こんなコト書いてるのが知られたら、また叱られる

ので、


赤ぶちラメ幹之メダカのことを書こう(*≧︎∇︎≦︎)

赤ブチラメとクリアブラウンラメの比較

さっそく、赤ぶちラメ幹之メダカの写真を撮影

▼赤ぶちラメ幹之メダカ
赤ぶちラメ幹之メダカ
って


めっちゃラメの色が綺麗な、ラメメダカじゃん


でも、どことなく


”クリアブラウンラメ幹之メダカ”にも似ているような気がしませんか?


▼クリアブラウンラメ幹之メダカ
クリアブラウンラメ幹之メダカの特徴
って、


こうして比較すると全く別のメダカですね


ひろしゃん的には、

”色合い”"似たような種類のラメメダカを追加"して、


何考えてるんだ


と思いましたが、全く違う表現のメダカでした


さらに、赤ぶちラメ幹之メダカを横から見てみると

▼赤ぶちラメ幹之メダカ
赤ぶちラメ幹之メダカ
赤と黒のぶち模様クッキリ

そこに

七色のラメビッシリです


”赤ぶち”と聞くと、

三色メダカの選別モレをたくさん見てきたせいなのか、


どことなく濁ってるというか、あまり綺麗なイメージがないのですが、


ラメが入るとガラリと雰囲気が変わりますね


ちなみに、クリアブラウンラメ幹之メダカを横から見ると

▼クリアブラウンラメ幹之メダカ
横からみたクリアブラウンラメ幹之メダカの特徴
こんな感じ。

もう、赤ぶちラメ幹之メダカの比較対象にしたらダメですね

赤ぶち模様がクッキリ

もう少し明るい場所で、透明な容器で撮影すると

▼赤ぶちラメ幹之メダカ
耀場所で撮影した赤ぶちラメ幹之メダカの特徴
赤と黒のぶち模様が、良く分かります

赤色と、黒色がもっとも色濃くでると綺麗なメダカになりそうです(*´꒳`*) 

まとめ

今回撮影した、赤ぶちラメ幹之メダカは、


これから親に使う?それとも使った?


のかな

ひろしゃんが発見したのは、この前の休み

だけど

奥様のことだから、どこかに稚魚が泳いでるかも(*`艸´)


さてさて、赤ぶちラメ幹之メダカはこのあと


どんな”ラメ””ブチ模様”を見せてくれるかな



って、



結局、新加入の赤ぶちラメ幹之にワクワクしてるひろしゃんです
SPONSORED LINK
関連記事
SPONSORED LINK





コメント

コメント一覧

    • 1. NPNB
    • 2017年09月29日 19:54
    • こんばんは作出系統に赤ブチ過程があることから、クリアブラウンラメ幹之から赤ブチラメ幹之出てくると思いますよ。
      似たような品種はマジ考えないと飼育スペース足らなくなるし、数もとんでもないことになりません?
      現状どうされているのか、とても興味あります。
      毎シーズン採る個体数と寿命などで減る数は±ゼロですか?
    • 2. ひろしゃん
    • 2017年09月30日 07:58
    • NPNBさん。こんにちは(*^^*)

      一般家庭の"数倍の速度"で交配が進むのがプロのメダカ屋さんなので。きっと異種交配を進めようとすると"時間も場所も"考えられないくらい必要です。

      なので、仮にクリアブラウンラメ幹之メダカから赤ブチラメ幹之が出ても、それは"赤ブチラメ幹之"ではない。と考えて飼育しています。(いわゆる累代飼育)それでも、固定率が低いメダカは親と同じメダカはほとんど生まれませんが…。

      "1リットルで1匹の飼育"というのは親に使えるメダカだけで、実際は、大きい容器に沢山入れて管理してる現状ですよ(lll-ω-)

      なので、採ったメダカの"種類"で考えると、種類が増えれば増えるほど場所は使うことになると思います。反対に、採ったメダカの"数"で考えれば、採るメダカと、いなくなるメダカの数が同じなので、今の場所でギリギリ。既に春から何種類か増えたコトを考えると、我が家の条件ではそろそろ厳しいかもしれません(◞‸◟;)

      いつもコメントありがとうございます。

      いつも場所のコトばかりいう割には、場所がなくならない。あまり考えた事がありませんでした…。機会を見つけて記事にしてみます(*^^*)
    • 3. NPNB
    • 2017年09月30日 20:14
    • 20種以上飼育されていませんでしたっけ??
      僕は幹之が好きなので五種の幹之(青、白、黒、白ブチラメ、黒ラメ)紅白透明鱗で限界です。
      それぞれの同種交配でとれた子たちであってもは別種が出現するので、選別して青白黒ラメで分けて一緒にしちゃいます。
    • 4. ひろしゃん
    • 2017年10月01日 12:25
    • NPNBさん。こんにちは(*^^*)

      20種類くらい飼育してますよ(泣)

      遺伝率が高いメダカは、あまり数を取らずに、
      遺伝率が低いメダカは、沢山、孵化させて育てています。

      特に遺伝率が低いメダカは、混泳させたりしているうちに死んでしまったり、欲しいと言われる方が入れば、エサ代程度をもらってで譲ったりしています。


      遺伝率が高いメダカは、少なく。

      遺伝率が低いメダカは、多く。


      絶妙なバランスで採卵してるんですが、この夏あたりでそのバランスが崩れるほど種類が増えてしまったので、今後は考えないといけないといけないと思います(lll-ω-)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット