2017/9/30(土)、庄内緑地公園の施設で行われた、鑑賞メダカ品評会に行ってきた感想を書いてます

1回目は、朱赤系メダカ編

2回目は、黒色メダカ編

3回目は、紅白メダカ編でスタートです

紅白メダカ

第3回目となる今回は、2016年から人気上昇中の紅白系のメダカからいくつか紹介していきますっ(*´꒳`*)

2種類の紅白メダカ

紅白メダカですが、現在、大きく分けて


"透明鱗メダカ"の紅白メダカ



"透明鱗メダカではない"紅白メダカ(非透明鱗と呼ばれているメダカ)


が、存在しています


我が家で飼育している紅白メダカは、"透明鱗ではない"メダカ(非透明鱗)になります


▼2017年産 非透明鱗紅白メダカ
非透明鱗紅白メダカの特徴

非透明鱗紅白メダカの特徴
我が家の非透明鱗紅白メダカは、濃い白色をベースに、薄くならない赤色を目指して交配するのが、我が家の選別基準になってます

また、紅白の模様も様々なタイプがあるみたいですが、僕の好みは口先が白いタイプの紅白メダカが好きです


透明鱗メダカの紅白メダカは、今まで見る機会が少なかったので、今回の品評会を通じて、透明鱗紅白メダカと非透明鱗紅白メダカのそれぞれの特徴について勉強できたらといいなと考えています

透明鱗紅白メダカ

まずは、"透明鱗メダカ"の紅白メダカ


▼紅白
image

image
紅白の"赤い部分"がもの凄く赤いです


もっと綺麗に赤い部分を撮れないかと何回も撮影をしましたが…。


赤色の鮮やさを僕の撮影技術で残すのは無理でした

非透明鱗紅白メダカ

続いて、"透明鱗メダカではない"紅白メダカ


▼雲州あけぼの
image
こちらは、紅白の"白の部分"がとても濃い色で驚きました


品評会の紅白メダカを見て実感しましたが、

非透明鱗紅白メダカは、白が濃いけど、赤色が弱く

透明鱗紅白メダカは、赤色は強いけど、白が弱い。

のがよく分かります


紅白ラメ幹之メダカ

さらに、紅白メダカに"ラメ"が入ったタイプもいました


▼紅白ラメ
image

image


▼紅白ラメ
image


▼紅白ラメ
image
もの凄く沢山ラメが入ってるって感じではないのですが、なかなか、紅白ラメメダカって見ることできないので良い勉強になりました

品評会の紅白メダカの感想

全体的に、綺麗に撮影できた紅白メダカがいなくてすいません実際の紅白メダカは、もっと素晴らしいはずなのに何回撮影しても上手くできませんでした

次の品評会、展示会までには、もっと撮影技術を上げておきます


実は、紅白メダカの展示数は、全体のメダカに対してかなり少ないような感じがしました


「おっ紅白メダカだ」って覗いて見ると


だいたい"三色メダカ"というオチ(*≧︎∇︎≦︎)


数でいくと、三色メダカは、紅白メダカの2倍は展示してあったと思います

赤と白のコントラストも綺麗だと思うんですけどね…。


そんな数少ない紅白メダカの中で、赤色が強い紅白メダカ(1番目の写真の紅白メダカ)が"賞"を受賞してましたよとだけ報告しておきますね


つづく
SPONSORED LINK