2017年秋の鑑賞メダカ品評会in庄内緑地公園

2017/9/30(土)、庄内緑地公園の施設で行われた、鑑賞メダカ品評会に行ってきた感想を書いてます

第5回は幹之系メダカ鑑賞した感想を書いてますが、いままで、

●5-1.幹之系メダカ
●5-2.ラメ幹之メダカと書き進めてきて

3回目は黒幹之メダカを紹介

5-3.黒幹之メダカ

なんで、幹之系メダカから、”黒幹之メダカ”だけを記事にしたのかと言うと…。


綺麗な写真がたくさん撮影できてました


というのも、


もともと、展示されている黒幹之メダカの数も多かったんですが、我が家でも、黒幹之メダカを飼育していますからね


品評会の黒幹之メダカから少しでも吸収できるようにたくさん撮影してしまいました

体外光の色

品評会会場の上見容器は、基本的に黒いプラケースなので、泳ぐ姿は、青幹之メダカとは一味違う”カッコよさ”感じます


▼黒幹之
黒幹之メダカ(2017秋の品評会)

▼黒幹之
黒幹之メダカ(2017秋の品評会)
このレベルは当たり前に展示されているのですが、


黒幹之メダカを1番初めに見たときの、黄金色に光る背中が印象的で、どうしても、背中の色が"ブルー色"の黒幹之メダカを見ると、


「こういうのも黒幹之メダカって言うのかな」と疑問に感じてしまったりします


こちらの黒幹之メダカは

▼極龍
極龍(2017秋の品評会)
真っ青の体外光です


青幹之メダカじゃない??と、


目を近づけて体の色を何回も見ましたが、


黒色です


さらに


▼極ブラック
極ブラック(2017秋の品評会)


▼極ブラック
極ブラック(2017秋の品評会)


▼極ブラック
極ブラック(2017秋の品評会)
同じ"極ブラック"と表記されている黒幹之メダカも


体外光の色は、"青色"から"黄金色"まで、様々でしたので…これは頭が痛い…。(体色はもちろん黒です)



黒幹之メダカの体外光の色は、好みの問題なのかなとすれば、僕は、


"黄金色"の黒幹之メダカがインパクト強すぎてどうしてもそんな黒幹之メダカを求めてしまいます


品評会で撮影できた黒幹之はココまで

黒幹之メダカを観た感想

??


黒幹之メダカをたくさん撮影したんじゃないのかって??




実は…。

展示されていた黒幹之メダカは、紹介したメダカの数倍

もちろん写真の撮影枚数もたくさん撮ったのですが、上見ケースでの撮影具合が悪くて、ほとんどのメダカが暗闇の中に消えてしまいました…。



次があれば、黒幹之メダカの"体外光""黒さ"が分かるように頑張って撮影しますね



それか思い切って、


白い容器で展示してくれればいいのに


なんて。一言。



そう言えばこの前、パンダ黒幹之メダカを交配した、黒幹之メダカを見る機会があって、


たしかに


体外光の具合よりも、真っ黒な体色をしたメダカでした


黒幹之メダカの選別ポイントは、”真っ黒な体色”なのかもしれませんね


最後に。

体外光の色もそうですが、ラメも入った

▼黒ラメ体外光
黒ラメ体外光(2017秋の品評会)
こんな黒幹之メダカも泳いでましたよ

つづく。
SPONSORED LINK

SPONSORED LINK