昨日のラメメダカですが
琥珀ラメ幹之メダカの特徴
種類は


「琥珀メダカで大丈夫だよと、メッセージもらいました


ポイントはメダカのヒレ。そこで琥珀ラメメダカと判断してるようです


そうすると、

こういう写真のほうが
琥珀ラメ幹之メダカの特徴
琥珀ラメメダカの"特徴"が撮影できてるのかな?


奥様もメッセージをくれた方も、


「よく見れば特徴が出てる

って言いますが…



ただ、メダカをガサガサしてるだけの僕ではサッパリだったりして(^^;;

今後の琥珀ラメメダカ

奥様に「絶対に記事にしないでと念押しされてたのに、ブログで書いたことを見つかったら


どうなるんだろうと、

ヒヤヒヤしていたのですが、


無事?"琥珀ラメメダカ"で合っていると分かると、


この"琥珀ラメメダカ"について色々教えてくれました


写真の琥珀メダカは2017年9月頃生まれ。

写真のメダカ、捕獲した"琥珀ラメメダカ"ではなく

捕獲した"琥珀ラメメダカ"が、ペア同士だったので卵を取ってみたら、元気な"琥珀ラメメダカ"が沢山、生まれてきたそうです



ラメの増量

親の"琥珀ラメメダカ"よりも、ラメが増えて"ギラギラ"している。



メスしかいない

うまく交配&成長できたので、このまま増やせるか?と思ったら、メスしか確認できてない




メスしかいない(*」>д<)」




メスしかいなかったら今後の交配ができないじゃん




パッと思いつくのは、親のオスメダカと再交配すれば良さそうですが…。




どうやら

産卵期の疲労で、オスが激ヤセしてるみたい(p´Д`;)



冬場をうまくしのいで、来年の春に元気大活躍できれば良いんですけど


どうなる?


琥珀ラメメダカ

追伸:
うめぼしさん。
NPNBさん。

いつもコメントありがとうございますそして、毎回、毎回、知識不足でグダグダな僕のブログを応援していただき感謝しております

これからも、こんな調子だと思いますしっかり監視お願いします(*≧︎∇︎≦︎)
SPONSORED LINK