嬉しいコメント頂きましたありがとうございます
中略
魅力的な奥様と売って欲しいのコメントに釣られてメールしました。三色錦が高価な訳を見たけどやっぱり欲しいですね。
このコメント内容を僕は、


「三色メダカが欲しいのですが、どれくらいの"三色模様"をした朱赤三色メダカがいますか?


と勝手に解釈させて頂き、


奥様に、2017年産まれの朱赤三色透明鱗メダカの現状を聞いてみました


すると…


「綺麗な三色模様のメダカなんていない



ヾ(-ω-;)ォィォィ

出ました


いやいや

誰もこんな品評会レベルの三色メダカの話をしてる訳じゃないんです…。
▼2017年秋の品評会での三色メダカ
品評会の三色メダカ



我が家にもこれくらいの
▼2017年の親
朱赤三色透明鱗メダカの親

▼横見
朱赤三色透明鱗メダカの親


▼2017年の親
朱赤三色透明鱗メダカの親

▼横見
朱赤三色透明鱗メダカの親
ねっ?

このくらいの模様になってる三色メダカはさすがにいるでしょ(*´꒳`*) って事ですよ


しかし、


「多分いないと思う」と一言。



我が家に三色模様のメダカがいない理由とは。

と言うのも、そもそも2017年、親に使った朱赤三色透明鱗メダカ達も2016年10月から春にかけてまでは、


"錦模様でも三色模様"でもない。


本当に三色メダカ?となるくらいのメダカが大半を占めていることが、過去記事を見ると分かります
確かに2016年の10月頃は、朱赤三色透明鱗メダカの飼育やめようか?となるほど


"色あがり"が悪かった


ちょうど同じ時期に加入してきた、

●黒幹之メダカ
●非透明鱗紅白メダカ
●松井ヒレ長青幹之メダカ

この稚魚達を置く場所をどこにしようか?と検討していて、真っ先に浮かんできたのが朱赤三色透明鱗メダカの規模縮小かというくらい、

"場所"も"模様"も何もかもマイナスな状態のメダカでした。


4月〜8月になると事態が急変

コレは2017年の秋に、パンダ系の三色メダカを見つける時に撮影したメダカ達ですが

▼2017年産まれのメダカ達
朱赤三色透明鱗メダカ

朱赤三色透明鱗メダカ

朱赤三色透明鱗メダカ
2017年に使った親も、


秋から冬にかけてはこういう、赤味は少ないけれど、黒地も少ないメダカが多かった。と記憶してます。



しかし、このなんでもない三色模様が、

春から夏にかけて黒地が濃く出始め、朱赤三色透明鱗メダカらしい、色と模様がハッキリと出始めてきます
"原因&理由"はよくわかりませんが…


奥様いわく

●庭で飼育してる為、大きい容器で少量のメダカを飼育できないので、メダカの成長速度が遅い。

●庭で飼育してる為、メダカを日光に当たる場所おけずに、日光をよく浴びる夏になると色があがる。

のかな。って

なーーんか、原因は"狭い庭"って聞こえますけど…(lll-ω-)

まとめ

ここまで考えると、奥様が「綺麗な朱赤三色メダカがいない」と言うのも納得できます


"いない"のではなくて、


この時期だと、どの朱赤三色透明鱗メダカが良くなるのか


"選ぶのが難しい"んだと思います


初めからこういう
▼2017年の親
朱赤三色透明鱗メダカ

朱赤三色透明鱗メダカ
色や模様をしているメダカじゃないのか?は、今のところ分かりませんが、


赤味が少なく。黒地も少ない。


そういう朱赤三色透明鱗メダカをたくさん冬越しさせて、来年の春あたりに選別し、交配をスタートさせる


我が家の朱赤三色透明鱗メダカはこのスタイルで挑戦中です


なので、この時期の我が家の朱赤三色透明鱗メダカでは、ご満足していただけるメダカを届けられない可能性が強いかもしれません

「それでも…」

ということであれば、

2017年産まれのメダカをガサガサして撮影してきます

メッセージがありましたらコメント欄からよろしくお願いします。
SPONSORED LINK


関連記事