松井ヒレ長青幹之メダカを購入して、累代飼育を始めた時、


とにかくオスの元気が良すぎて、メスの松井ヒレ長青幹之メダカが、


このままでは死んでしまう


という事態になりました。


そこで閃いたのが


松井ヒレ長青幹之×白幹之メダカを交配して白幹之メダカのヒレ長を作出するという案

1回目の交配では
松井ヒレ長白幹之メダカのF1
松井ヒレ長白幹之メダカ
体色こそ白幹之メダカの特徴はでていますが、


ヒレ長の特徴は、全く出てきませんでした…。


そこで、まだ元気の残っていた、同じ松井ヒレ長青幹之メダカのオスを再び使って


松井ヒレ長青幹之×松井ヒレ長白幹之メダカF1の交配をすると…。

▼松井ヒレ長白幹之メダカF2
松井ヒレ長白幹之メダカ

松井ヒレ長白幹之メダカ

松井ヒレ長白幹之メダカ
ヒレ長の特徴がある白幹之メダカが生まれて来ました


バンザイ━︎ヾ(*´∀︎`*)ノ━︎☆︎


と言っても


まだまだ、ヒレの長さが物足りない


もう一回、同じ"松井ヒレ長青幹之メダカ"を使って交配したい
けど、来年はさすがに厳しいかな…。


"冬場に色々な交配を考えておくと良い"


と聞くので、来年の交配について色々考えいくと。


1回目の交配からして…。

ヒレ長の特徴も、白幹之の特徴も、劣勢遺伝とすると…。


次は、

ヒレ長の特徴がでている白幹之メダカの
F2同士を交配させる

●松井ヒレ長白幹之メダカF2
×
●松井ヒレ長白幹之メダカF2

がセオリーなのかな…。



僕的には、


より早く"ヒレ長を目指すため"に、

●松井ヒレ長青幹之メダカのF1
×
●松井ヒレ長白幹之メダカのF2


の交配も悪くないと思う


でも、


生まれてきた松井ヒレ長白幹之メダカをよく見るとメスばかり…。


交配がどうとか言う前に、

課題は、オスの松井ヒレ長白幹之メダカが見つかるか?かもしれません。


発見したら、

F2×F2の交配が最善手になりそう。


もし、オスが見つからないとなると


松井ヒレ長青幹之メダカのF1との交配で、


早急に松井ヒレ長白幹之メダカのオスを作らないと

しかし問題はヒレ長だけでなく、


幹之メダカとなると、体外光はフルボディ光が当然の条件



くぅぅう(*」>д<)」



年に2世代しか進まない一般家庭の交配スピードでは、かなり厳しい


なるべく最速ルートで、最高の松井ヒレ長白幹之メダカを誕生させたい


と、考えてる僕を横目で見ながら



今日も椅子に座って
image

室内の巨大水槽(アクアリウム)に夢中

image
って、この川魚は、いったいなんなんだ


僕には、鯉にしか見えません



白幹之メダカのことなんて二の次、三の次かよ(p´Д`;)


って、言うとさ




「メダカの世話もしないのにって言われるので



奥様のことは言えませんけど…(lll-ω-)


まずは無事に冬越しすることが大事そうですね
SPONSORED LINK

SPONSORED LINK





コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット