冬とガサガサに強いアルビノメダカ

目が赤くて、体色が薄いメダカと言えば・・・。

と言えば…。


生まれつき遺伝子に疾患があるとされているアルビノメダカです

▼大量のアルビノシースルーメダカ
冬越し中のアルビノシースルーメダカの特徴
2017年春に生まれた我が家のアルビノシースルーメダカ達です


2017年春ごろ大量に参入した

●クリアブラウンラメ幹之
●琥珀ラメ幹之
●赤ブチラメ
●紅白ラメ

などの"ラメ系メダカ達"に、場所を追いやられ、庭の隅にある容器で泳いでいたので、奥様の撮影許可を取って撮影しました


隅の方で泳ぐって言ってもね購入するときは、奥様のイチオシ?ほとんど衝動買いに近い感じで購入したメダカだったと記憶していますが


とはいえ、次の世代へ交配を続けることは忘れていない奥様


そういえば

2016年の冬は、1日だけ集中して雪が降ったりしてなかなか過酷な12月から2月までの3ヶ月間だった記憶があります…。


そんな寒い冬にも関わらず

冬越しは、室内に入れることなく、外でプラ箱に入れて冬越したのが、我が家のアルビノシースルーメダカなんですよね(*≧︎∇︎≦︎)


アルビノメダカの飼育方法でよく言われる

●視力が弱い
●水温の変化に弱い
●冬はヒーターで(20℃)前後に加温する
●餌やりは慎重に

などなど、


アルビノ種=弱い品種=越冬が難しい


という考え方を180度変えてくれたメダカです



さらに付け加えるなら



僕の少々ハードな"ガサガサ"でも耐えられる強さを持っているのが


アルビノシースルーメダカ(我が家の)です


アルビノ種は、


●身体が弱い…。


そんな先入観は良くないですね(*´꒳`*)


何事も経験が大事だと感じました

寒さに弱いのは…

さてさて、せっかくなので2017年生まれのアルビノシースルーメダカをじっくり観察
冬越し中のアルビノシースルーメダカの特徴
といきたいのですが



ちょっと無理そう(lll-ω-)



と言うのも


メダカを綺麗に撮影するためには、


朝一番に外で撮影するのが良い
のです(太陽光が強くないので撮影しやすいです)が、撮影しようにも、とにかく



風が冷たい


ということで…


「アルビノシースルーメダカが死んでしまってはいけないと理由をつけて、早々に切り上げてることにしました(>∀<人)







もしかして、寒さに弱いのは、アルビノシースルーメダカじゃなく僕。さらに、奥様よりもアルビノ種に興味がなかったのも僕・・・。


そうだった…(lll-ω-)

2017年産アルビノシースルーメダカ

せっかく記事も書いたことなので、2017年生まれのアルビノシースルーメダカのまとめだけしておきます



●目が赤い色の"アルビノ目"ではなく、光の当たり具合で黒く見える"ブドウ目"のメダカがまだ残っています。


しかしながら、


●白い体色のアルビノシースルーメダカは増えたかも。



1番期待してるのは白いオスなんですけどね

2017年生まれのアルビノシースルーメダカの中に

白い体色で腹が透けた赤い目のアルビノシースルーメダカのオスいるかな

もう少し暖かい日に観察しようっと。
SPONSORED LINK