幹之メダカの悩みが、フルボディのオスが産まれないことだとすると、

透明鱗ヒカリ体型メダカの悩みは…。


背骨の曲がりです


理想は"まっすぐ一直線"

▼篤姫
image
こんな感じ

と自慢したくなるほど、2017年産まれの楊貴妃透明鱗ヒカリ体型の篤姫は背曲がりがなく絶好調でした


▼網で横見ケースにドサッといれた篤姫
楊貴妃透明鱗ヒカリ体型メダカ(篤姫)
全て奥様の"鬼の選別"をクリアした篤姫たちです

奥様の鬼の選別方法といえば…。


1.に背骨、

2.に背骨、


3.、4.はなくて



5.に背骨


とにかく、楊貴妃透明鱗ヒカリ体型メダカに関しては、"背曲がりなし"のメダカが確実に産まれるように選別をしてきたおかげで、


2017年の冬は、横見ケースにガサっと入れても叱られないほど、良質な篤姫が揃うようになりました



しかし、新たな悩みも発見


最大の難所である背曲がりはクリアしたけど…。

▼2017年産 篤姫 a
楊貴妃透明鱗ヒカリ体型メダカ(篤姫)

▼2017年産 篤姫 b
楊貴妃透明鱗ヒカリ体型メダカ(篤姫)


たくさん産まれた良質な2017年産の篤姫から何匹かすくって横から見たとき、


「なんか特徴がないメダカに見えませんか?」


特に、篤姫bは、ヒカリ体型特有の背中の光がないですし、こう、メリハリがないというか…。


今年の春頃、親として使っていた篤姫は…

▼2017年春の篤姫
楊貴妃透明鱗ヒカリ体型メダカ(篤姫)
頭は、朱赤色

胴回りは、ギラギラ

ヒレに朱赤のサシ色は、やや物足りない


けど、

メリハリがあるメダカで綺麗でした


「冬越しで、変化するのかな?」


もし、そうだとしたら

2018年の春までに、

●背曲がりなしで
●胴回りがギラギラして
●ヒレにサシ色が入る

理想形の
楊貴妃透明鱗ヒカリ体型(篤姫)


が、たくさん誕生することになります



ワクワクしますね〜(*≧︎∇︎≦︎)


奥様っ。


背曲がりはクリアしました


あとは、


ヒレに入るサシ色を頑張ってください
SPONSORED LINK