夏に完成していたメダカラック

メダカの出来事を記事にすることばかりに時間を使っていた2017年の7月頃。


実は、メダカの置き場所を増やすため、単管パイプを使って、新しいメダカラックを制作していました


しかし、夏のうちに報告できず…。冬になったら書こうと思っていたのですが、気がついたら年が明けてしまいました

このままでは、お蔵入りしてしまいそうなので、正月休みを利用して


複雑な形をしたメダカラックを制作したことを記事にしていきます

我が家のメダカ置場

我が家のメダカ飼育場は、初めての公開になると思いますが、2017年の7月までは…


▼庭のメダカ置場
image
こんな感じです


ん?

もしかして「狭い」って思いました?


自慢じゃないですが、我が家のメダカ置場は、人が横に並んで通り抜けなんてできないくらい"狭い"ですよ(*≧︎∇︎≦︎)

"狭小住宅"ならぬ、"狭小メダカ置場"ですから



まぁ、場所の広さはさておき…


このメダカ置場、問題があったのは…。

▼奥様自作
image
メダカ容器を支える足


奥様、自作でコンクリートブロックを使って作ってましたが、どうもバランスが気になるし、メダカの最盛期を迎える8月に数多くのメダカ容器を置くには、無駄が多すぎます


そんな理由で、2017年7月に単管パイプのメダカラックにリニューアルしました

メダカラックの制作

まずは、単管パイプを近くのホームセンターで購入して

▼ホームセンター
image
設計図に基づいて、切断


そして、今、置いているメダカ容器を全てどかして…。

スッキリさせます

▼スッキリしたメダカ置場
image
さて、今回制作するメダカラックの仕様ですが、主に次の通り

2段仕様

途中にある給湯器を避ける

掃き出しの窓の部分は2段しないようにする。

なるべくコストがかからないようにする。

など、


過去最高に難易度が高く、複雑なメダカラックになりそうでしたが…。


DIYは得意ですからねとにかくロスがないよう設計した結果、効率よくメダカ容器を乗せられるメダカ置場が完成しました

▼組み上げ中のメダカラック
image
前回作ったメダカラックと同じように、直交クランプを使って切断した単管パイプと繋げて行きます


その数

36ヶ所以上


この単管パイプの繋げる数が増えれば増えるほど、難易度が上がります(lll-ω-)


なぜかと言うと、

片方だけ良くても、反対側にまわると直角ではない…。ってことが多発します

「こっちを緩めて、こっちを締めればヨシっ」

…アレ?ガタガタする…。


「こっちを締めて、ココを緩めるのか?」


こんな感じで格闘すること、半日

▼完成したメダカラック
image

image

image
メダカの容器がたくさん置けると喜ぶのは奥様の感想で、


僕の感想は…


見た目が良すぎるっっ


この場所にしか使えないオーダーメイドのメダカラックが完成しましたもう、これ以上のメダカラックはもう作れない気がします



価格は過去最高の

10,000円越えですけどね(p´Д`;)

メダカラックを作るコツ

さて、過去最高難度のメダカラックを制作し終え、単管パイプを使ってメダカのラックを作る時のコツを掴んだ気がするので、これからメダカラックを作る方へのアドバイスは…

設計図を作る

どんな形のメダカ置場を作るのにも、まず、メダカラックを置く場所を測って、作ろうとするメダカラックの設計図を作ること。

そして、その設計図に基づいて制作すれば、お金と時間が効率よく使えるはずです

一度に組み上げない。

単管パイプを使って作るメダカ置場は、複雑なメダカラックでなくても直角を出すのは難しいです。ひとまず、直交クランプで単管パイプを繋げるだけのつもりで。

ひととおり組み上げたら、微調整をする方が早く組み上がります

あきらめない

DIYに、素人もプロも関係ありません設計図作りにしっかりと時間をかけて、材料が揃えたら、あとは諦めない気持ちをもって作り上げるのみです

まとめ

これだけしっかりしたメダカ置場が2017年夏に完成したので、当分、我が家でメダカラックを作ることはないと思います(奥様の気分次第なので、なんとも言えませんが…)

少し難易度の高いメダカラックを作る参考になれば幸いです(*´꒳`*)

SPONSORED LINK