油膜?よごれ?を取り除く

冬越しするため室内に入れたメダカ容器をみると

IMG_7836
油膜?脂分(あぶら)?みたいな膜が、張っている?浮いてる?のを見かける時、ありませんか?



冬越し中のメダカ容器に限らず、屋外で飼育しているメダカ容器でも


油膜が発生している時があるのですが


室内でメダカの管理をしている冬場は


メダカの容器にフタをしていないため、油膜を見る機会が"グッと"増えます


なぜ、油膜が張るのか?

しっかりとした理由は分かりませんが


●エサ

●水を循環させていない


ことが関係してるのでは?と。


油膜取りフィルターなんて商品も販売されているようですね

▼油膜取りフィルター
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:870円(税込、送料別) (2018/3/2時点)


では


メダカの飼育上、水面に油膜が張っているとメダカに悪影響があるのか?と言うと、



特にないかも(*≧︎∇︎≦︎)



もし大きな影響があったら、油膜が浮いたままの放置されている外のメダカは、何もしていないので生きていられないことになりますが、


しっかり生きています


しかし、


飼育中のメダカ容器に、何だか分からない油膜が広がっていては、気分が良いモノじゃありませんよね



なので我が家では


その、油膜を"ティッシュ"を使って取り除いています


ティッシュを1枚使って…
IMG_7807
水面につけながら手前に引いてきて持ち上げるっ


IMG_7808

IMG_7837
浮いていた油膜が、一瞬にして綺麗になりました


冬場に、メダカの撮影が綺麗できるのは、こうやって奥様が油膜を取っていたからなんですね…(*´∇`*) 



そんな奥様いわく、


飼育容器によっても、油膜が出る、出ない。があったりするみたいですよ〜


なんとも不思議な飼育容器の油膜ですが、気になったら


エアレーションや水を循環させる前に、ティッシュで水面をサーっと撫でてみてはどうですか?
SPONSORED LINK
関連記事