2017年の種親メダカの観察を終えて…。


いよいよ2018年の親メダカ選び‌と行きたいところですね



でも、本格的な種親選びは4月頃からかな…。まだまだ寒い日もあるし‌冬越しして、水換え終わったばかりですから、メダカの体力が回復した頃からですかね(^^;;


ですが


水換えの時に、無事冬越しした2018年の種親候補達を上見ながらに撮影‌しておいたので少し紹介


▼スケルトンパンダメダカのダルマ体型
IMG_8029


▼スケルトンパンダメダカの普通体型
IMG_8031
ずいぶん昔から飼育してきたスケルトンパンダメダカという品種です。

我が家のメダカ飼育歴と同じくらい長く飼ってると思います


このスケルトンパンダメダカも、

始めは、普通体型からスタートしていたのですが、


いつからか、ヒカリ体型が生まれ、


今では、スケルトンパンダヒカリ体型へ進化しています


▼スケルトンパンダヒカリ体型
image
まだまだ完成度は低いですけど


このヒカリ体型の中から、


ダルマ体型のスケルトンパンダメダカも産まれてきてるようなので、黒龍パンダメダカのように、



ダルマ体型とヒカリ体型を合わせもつメダカへ



交配を進めていくのも興味ありますけどね



2018年の奥様のスケルトンパンダメダカ構想はどんなイメージなんでしょうか



ただ、ヒカリ体型と透明鱗メダカの要素を持ち合わせているだけに…


背曲がりなしや体型が良質なメダカを選別していかなければいけない問題があります


さらに、


2018年は、強力なライバルとなる"ラメ系メダカ達"がいますからね…



ヒカリ体型で終わってしまうのか?

ダルマヒカリ体型へ進めるのか?


昔から飼育してるだけに、今後が楽しみなメダカです
SPONSORED LINK