2018年春の黒幹之メダカの親

室内管理をしていた親に使うメダカたちは、続々と庭の自作のメダカラック(棚)にセットされています(*´꒳`*) 


天気は普通寒さ和らぎ、花粉も少なめ



ヨシっガサガサに出陣



「今日は、どのメダカをすくおうかな



と、いつもは


"思いつき""目に付いた"メダカ


をガサガサするのですが、


このブログの過去記事を読み直してみたら



意外にも、黒幹之メダカの親たちを撮影していないことに気がついたので



今日の目的は、黒幹之メダカの親を狙い打ち



▼黒幹之メダカ 親候補
黒幹之メダカの親

▼黒幹之メダカ 親候補
黒幹之メダカの親
ガサッとすくってみました


しかし、


コレがツッコミどころ満載だったりして


フルボディ体外光の黒幹之メダカがいないです…。


背中の体外光がキレてるタイプの黒幹之メダカは、親候補になってる…。


遠巻きに眺めると、体外光の色が黄金色に見える。


青幹之メダカ、白幹之メダカの


"フルボディ体外光"のメダカをたくさん見てるせいか、


幹之メダカの背中の光が、頭の上まで伸びていないと、どうも不安を感じます


思い出せば、青幹之メダカも白幹之メダカも、繁殖を初めた頃は、コレよりも伸びてないメダカたちを交配してたことがありましたから、


それを考えたら良いほうなのかな(^~^;)


産卵のほうは…。


まだ、確認できず



産卵期を前に、奥様とのトラブルは避けたいので…

ソーっとメダカ容器に戻しておきました
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK