2018年春産の白ブチラメ幹之メダカ

"白ブチラメ幹之メダカのブチ模様が薄いなぁ"

と、白ブチラメ幹之メダカをガサガサしたときに言っていたのですが…
白ブチラメ幹之の模様について白ぶちラメ幹之メダカのブチ模様が薄い⁇
2018年生まれの稚魚が泳ぐ容器の場所ではなく

種親が泳ぐ容器の場所をウロウロしてたら、


白ブチラメ幹之メダカを発見


▼白ブチラメ幹之メダカ
IMG_0672
サイズからして、2018年春産まれの白ブチラメ幹之メダカです


すでに選別して、採卵中だったとは…。


ということは…

前回、見つけた容器は全てサブメンバー(控え組)ということになりますね…(*≧︎∇︎≦︎)

(もっとガサガサしておけばよかったぁ…)


さて、さて、


種親にするレベルの白ブチラメ幹之メダカを見つけてしまったからには、


白ブチ模様が気になる


ので、もう少し、近くで撮影してみることに

▼白ブチラメ幹之メダカ
IMG_0821

▼白ブチラメ幹之メダカ
IMG_0820
SPONSORED LINK
白ブチ模様の前に、ラメの量が


多いっ


ことに驚きながら


上見で撮影を続けますが、


太陽の光の当たり具合で、白一色にみえてしまう写真しか撮影できない


実物は、

色黒な白ブチラメ幹之メダカなんですよ


ん〜。


"横見で撮影したほうが良いかな?"


と、考えますが…


オス 1匹×メス 2匹


しかいないので、万が一があったら、叱られるか


暑さのせいで、産卵も鈍いみたいですし。


2018年は、越冬ならぬ、


越夏


してもらわないといけませんから…


次回まで、撮影は持ち越しっ(*´꒳`*) 
SPONSORED LINK