2016年秋のメダカ品評会

2016年秋のメダカ品評会に行ってきた。灯編

2016年秋の鑑賞メダカ品評会in庄内緑地公園

10/2(日)、庄内緑地公園の施設で行われた、鑑賞メダカ品評会に行ってきた感想。

パート5は、灯メダカ

灯メダカ、実は我が家でも飼育中ですが、今まで紹介したことないです

だって…

「灯メダカ」って

産まれてくるメダカの色がバラバラ過ぎて、今、残しているメダカがベストチョイスなのか? ”不安ばかりで記事にできません”

そもそも「灯メダカ」ってどんなメダカ?ってなると

答える自信がありません

 

しかし、

品評会にいくと、

「あっ。灯メダカだ。」

って分かります。

直ぐに分かったのは、

image

(ピンぼけご容赦ください)

ガツンと頭が朱赤よりもやや黄色系で、体は、幹之の体外光が出てます

もちろん、表示名は、

「灯」

この他に、「灯メダカ」と表記されたメダカはいませんでしたが、

上見A
image

横見A
image

上見B
image

この二種類のメダカも、「灯メダカ系」なのかなぁ

「灯メダカ」なんて表現すればいいんですかね…。

我が家で一時期飼育していたオーロラメダカ(非透明鱗)に

image

幹之の光が乗ってたり、黄色っぽい色が頭部分にあったり、そんな表現のメダカなのかなぁ

我が家の「灯メダカ」も品評会に出ていたような、 ”黄色っぽい個体を選別して次の世代に繋げています” が、果たしてどうなることか…。(9月の長雨でかなり亡くなっていますし)

やっぱり、「灯メダカ」について書くのは自信がないです

2016秋の鑑賞メダカ品評会


コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。

今日はどんなコメントがあるかな?楽しみです(*´▽︎`*p♡︎q