メダカの勉強

素人が気がつく”疑問”を忘れない為に

お盆休み、ご先祖様のお墓参りに行ってみて、

このブログについても、少し振り返ってみようかな

メダカブログの歴史

2014年9月から、ブログの名前を、”メダカの果てまでイッテQ”としてスタート。

記事数は、現在、200記事

まさか、3年も続くと分かっていたら、ブログの名前しっかりつければ良かったかな(p´Д`;)

異種交配ではなく累代飼育

メダカ飼育は、楊貴妃メダカと幹之メダカからスタートして、

その後

スケルトンパンダメダカの卵を孵化させることに挑戦し、無事に孵化させることができ、そこから、朱赤三色透明鱗メダカ、ぶちメダカ、オーロラメダカ、などを繁殖飼育し始めます。

改良メダカの楽しみ方のひとつに、新しい品種を作り出す’異種交配’があリますが、異種交配ができるほど、メダカについて調べるコトをしなかったため

1つの種類のメダカが目指す色や形になるように繁殖する。

累代飼育が我が家の飼育方法になっています

メダカの置き場所

異種交配でも累代飼育でも言えるのですが、メダカの種類が増えてくると、メダカの飼育容器も増えてきます

特に産卵期の春から夏にかけては、模様が分からない稚魚を別々に管理しなくてはいけませんので、庭はメダカ容器で溢れてしまいます。

そこで、単管パイプを使い、メダカ容器を段積みできるように、メダカラックを製作してメダカ容器が効率よくたくさん管理できるようになりました

複雑なメダカラック(棚)を単管パイプで製作する!単管パイプでメダカラック(棚)を製作する メダカの出来事を記事にすることばかりに時間を使っていた2017年の7月頃 実は、メダカ...

メダカの種類

横見用のケースも購入、メダカ専用の網も購入して、

“よりメダカを飼育&観察できる環境”

になると、

飼育するメダカも一気に増えます

○白幹之メダカ
○体内光メダカ
○灯メダカ
○スケルトンパンダ
○アルビノシースルーメダカ
○黒龍メダカ
○スワロー
○松井ヒレ長
○非透明鱗紅白メダカ
○黒幹之
○クリアブラウンラメ幹之

などなど、

飼育しているメダカは、約15種類くらいまで増加しました

メダカへの疑問

それと並行するように、メダカに対する様々な疑問が増え始めます。

○楊貴妃、紅帝、楊30
○篤姫、銀帯、紅
○透明鱗、非透明鱗、シースルー、スケルトン
○ラメ、コスモ、星河
○三色と錦と朱赤
○螺鈿、幹之
○遺伝率
○交配の技術

などなど

調べれば分かるものもあれば、未だに理解できないことがあります。

メダカブログで書きたいこと

ここまでこのブログを振り返ってみると。

あぁ。そうだった

と思うことがあります。

それは

メダカの飼育をしない僕が、メダカを自慢するブログ

じゃなくて、

メダカの初心者がもつ、”疑問”や”ワクワク”することを、

“調べたらこういうことだったよ”

とか、

“全く分からなかった”

ということを、本音で書きたかった

それなのに、最近のこのブログ

やたらと、

”最新メダカの紹介ブログ”みたいになってる

じゃん

長くメダカの飼育を見てるうちに、メダカのプロにでもなったつもり。でいました

僕は、”疑問”をもってブログを書いていこう

プロに笑われるような”疑問”をもって

そういうメダカブログも楽しいじゃないですか

で、早速

お盆休みもメダカ屋さんにお出かけ〜

image
新種のメダカと既存のメダカを見てきて勉強&パニックだ〜

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。