灯メダカ

灯メダカから”黒鱗じゃ無い”メダカを発見

先日発見した

灯メダカを3つの系統に分けた時に

幹之の体外光が出るタイプの稚魚の中から発見した灯メダカから産まれてきた、

ラメメダカのタイプ

▼ラメメダカ
ラメ幹之メダカの特徴がある灯メダカの稚魚

ラメ幹之メダカの特徴がある灯メダカの稚魚 ラメ幹之メダカの特徴がある灯メダカの稚魚
灯メダカの稚魚からラメメダカ?が現れる灯メダカは、2017春の時点で、 ○灯三色系 ○灯オーロラ系 ○灯幹之系 と、3つの表現に分けて飼育中ですが、その中の一...

でしたが。

灯メダカを

●黒い鱗の表現があるタイプ
●幹之メダカの光が乗らないタイプ

に選別して交配を進めたオーロラ系の灯メダカの中にも

▼オーロラタイプの灯メダカ
オーロラメダカの特徴がある灯メダカの稚魚
珍しいメダカを発見

▼珍しい灯メダカ?
幹之メダカの特徴がある灯メダカの稚魚

幹之メダカの特徴がある灯メダカの稚魚
黒い鱗の表現がなく、幹之メダカの体外光をもつメダカを見つけました(*´꒳`*)

上から見ると体の中が透けて見える感じ?光っている感じ?がするもの変わっています

昔、我が家で飼育していたオーロラメダカ

▼オーロラメダカ
オーロラメダカ

▼体内光メダカ
全身体内光メダカ(百式)
にも似てるような気がしますが…

ちょっと違うかな(´Д`|||)

メダカのプロフェッショナル達は、

灯メダカを交配しつづけたらどうなるか?

って事は、既に分かってるだろうなぁ

一体、この灯メダカ達は”どういうこと”を示してるのでしょうか( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

もし、

灯メダカの、狙っている表現とは全く反対の表現が出るメダカばかりを集めて交配させたら最終的には

交配を初めた頃の灯メダカにもどるのか?

それとも別の表現が固定されていくのか?

(。-`ω´-)ンー

コレは、奥が深い

このメダカたちで次の交配をしてみたいけど…。さすがに場所に限りある飼育環境では、レアなケースを交配するのは困難です

とりあえず、オーロラ系灯メダカと三色系灯メダカを極めていきます

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。