紅白メダカ(非透明鱗)

非透明鱗紅白メダカの親候補は白色が多い

2018年書き始めのブログは、縁起モノでスタートしようかな

そうすると…。

非透明鱗紅白メダカが良さそう

というわけで、2017年冬から寒さ対策として、室内に避難したメダカ容器から、観察するために、透明なケースへ移動して撮影することに

冬場のメダカは、

ガサガサ、ガサガサ、ではなくて、

“そ〜っ”と、移し変え

2年くらい前なら、網を片手に何も考えずに、”ガッサガッサ”やりながら移し変えてたのですが、去年あたりから希少性の高いメダカが増えた為、最新の注意をはらって扱うようになってしまいました

なので、

冬場の撮影でも、メダカはノーダメージのはずです(*´꒳`*)

▼非透明鱗紅白メダカ (上見)
冬越し中の非透明鱗紅白メダカの特徴
上から見ると、相変わらず奥様は、

白色が多いメダカを親の候補として残してるのがよく分かりますね

▼非透明鱗紅白メダカ (横見)
冬越し中の非透明鱗紅白メダカの特徴

冬越し中の非透明鱗紅白メダカの特徴
横見で見ても”ほとんどの部分が白色”なのが分かりますさらに、”白色の濃さ”も、ベタッとして白色が際立ちます

紅白メダカというよりほとんど、白メダカ(*≧︎∇︎≦︎)

問題は、

赤色

やっぱり、オレンジ色っぽく感じるのが課題かな…。

と言っても、

朱色が少ない非透明鱗紅白メダカを選んでいくと、こんなメダカ達しか残ってこないんだと思います

もちろん数は、めっちゃ少ないですけどね(lll-ω-)

今年は爆発的に増えるかなっ(*≧︎∇︎≦︎)

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメント一覧

  1. たー より:

    こんばんは!
    横見の一枚目のメスのメダカさん、めっちゃ可愛いですね!
    メダカを長年飼ってる人って冬は安否確認だけだから楽だけどね!って言いますが
    早く春が待ちきれなくてしょうがない感満載ですよね

  2. ひろしゃん より:

    たーさん。こんばんは( ˊᵕˋ )
    そうそう、ウチの奥様も、冬は安否確認のみです(*≧︎∇︎≦︎)それも室内に入れてるからしてるような感じで、外に出ているメダカは本当、何もしてませんよ〜(*´∇`*)
    春が来るまで待つべし。
    と言ったところでしょうか( ˊᵕˋ )
    業者じゃない人は、あと3ヶ月、何にもしちゃダメですよ〜(*´꒳`*)

  3. たー より:

    待ちます!笑笑

  4. NPNB より:

    こんばんは。
    この紅白にはラメが入っていますが、ラメを掛けて累代したのですか?
    ラメって、意図せず知らぬ間に出現するイメージがあるのですが、気のせいかな。

  5. ひろしゃん より:

    NPNBさん。こんにちは( ˊᵕˋ )
    ラメをかけて累代したわけではないですね…。
    ご指摘の通り、意図せずラメが出てくるときがあります。
    あくまで個人的な推測ですが、普通鱗だからこその現象かと思います。
    ラメを増やす系統に寄せるのか?
    それとも、
    ラメが出ない系統に寄せるのか?
    ラメが出ない系統に寄せてるのに、ラメが出てくる。ということは、普通鱗の遺伝子的に、ラメが出るのは必然になるんでしょうね…。
    写真の紅白メダカは、ラメが出ない方向へ交配を進めています(^^;;
    奥様いわく、ラメの色が物足りないそうです。
    これとは別に、紅白ラメメダカとして交配を進めているメダカもいますよ(*´꒳`*)

コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。