エアレーション

新設のエアレーション完成も、塩ビパイプの弱点に気が付く…。

メインパイプと接続してエアレーション設備を完成させる

新設したメダカラックにもエアレーションを取付けることになり、

昨日は、O型に繋いだ一方コック付き塩ビパイプのエアレーション設備を製作したところまで、紹介しました

▼O型に繋いだ一方コック付き塩ビパイプ

一方コック付き塩ビパイプ
関連記事⇒一方コック付き塩ビパイプの製作と、エアレーションの増設‼︎

塩ビパイプの弱点とは

では、早速、一方コック付き塩ビパイプとメダカラックを一体化させて行きましょう

まずは、メインパイプから”枝のパイプ”を配管するのですが…

エアレーションのメイン塩ビパイプ

新設したメダカラックのほうへ、塩ビパイプを配管しようとすると、壁いっぱいにメインの塩ビパイプを配管したのが”あだ”となり

T字の継ぎ手パイプがめっちゃ取付けにくい

それでも、

●メインパイプを2cmほど切る。

●切ったメインパイプと取付けるパイプにシールテープを巻く。

●T字の継ぎ手パイプで繋ぐ。

その方法以外に、道はないので、時間をかけて接続

▼接続後のメインパイプ

エアレーションのメイン塩ビパイプ
なんとか接続完了

安価で丈夫な塩ビパイプですが、

増設や仕様変更には、向いてませんね

もし、塩ビパイプでエアレーション設備を整備するなら

全体的な計画を立てて、配管をすると、手間がかからないのでオススメですよ

メインパイプの全体図

我が家のエアレーション設備の全体図は、現在こんな感じ…

▼メインパイプの全体図

エアレーションのメイン塩ビパイプ
手前の赤丸部分が、ブロワー(ブロアー)で、そこから、中間地点の赤丸に向かってエアーが流れて、

●直進方向が、前回のエアレーション設備へ。
●左方向が、新設したエアレーション設備へ。

多分、来年辺りには、

メインパイプがある壁沿いに、

メダカラックが設置されて、そこにも「エアレーションを取付けて」なんて言われると思います。

今のところは、ココまで

メダカラック部分のメインパイプ

さて、メインパイプからメダカラックまで配管してきた塩ビパイプは、

メダカラック上部の”一方コック付き塩ビパイプ”に向かって走らせて行きます


エアレーションのメイン塩ビパイプ
この部分の配管は地道に、右→上→右→左、という具合に

メジャーで長さを測っては、必要な塩ビパイプの長さに切って、繋げていくしかありません

エアレーション設備の完成

最後に、一方コック付き塩ビパイプに繋いで、完成

▼完成したエアレーション設備

エアレーションのメイン塩ビパイプ
エアレーションに、耳を傾けてみると…

プクプク

エアー漏れなし(○︎´艸`)

でも、当たり前のようにでるエアーを見て

エアレーションのメイン塩ビパイプ
ふと思う。

もし、

“コックをフルスロットル(全開)”にしたら

どうなるのか?”

もしかしたら、

“エアストーンが外れて、飛んでいく可能性があるかもしれない”

という事で、

全開っっつ

エアレーションのコック
(i|!゚Д゚i|!)ヒィィィ

もちろん、異常なしっっ

ダサ可愛いメダカブログはココにある

メダカの飼育、川でのガサガサと、もの凄くアクティブな奥様と、パソコン作業、DIY(自主製作)好きなひろしゃんという、なんとも不思議な組合せで、日本一ダサ可愛いメダカブログを目指して奮闘中。

奥様の活動報告もそうですが、色んなかたの、メダカの体験談、川でのガサガサ、DIY(自主製作)に興味があります。ぜひ、コメント欄から、メッセージください(๑˃͈꒵˂͈๑)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

POSTED COMMENT

  1. celeru より:

    こんにちは!
    エアー全開には笑わせてもらいました(#^.^#)
    でも、こういう工作系は苦手なので、、、大型扇風機で水面に波を作れば解決!?って方法を取りたい今日この頃です(*_*)
    棚まだ作っていません。作らず夏を乗り切ろうと思い始めてます。。。

  2. ひろしゃん より:

    @celeruさん こんにちは(*´꒳`*)
    暑くなったら、製作途中で辞めたくなるので、この夏のメダカラック製作は延期にしておくのが良さそうですね(*≧︎∇︎≦︎)
    メダカに扇風機ですか。羨ましいなぁ〜(⊙︎ロ⊙︎)
    そうそう、エアー全開ですが、
    ここだけの話、写真撮影したのは、2回目のエアー全開なんです。
    1回目のエアー全開は、ホントにビックリして、写真撮影する余裕すらありませんでした(*≧︎∇︎≦︎)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。