幹之メダカの体外光をスマホで撮影するコツ

って、完全に、記事にするの忘れてた、、、

ひふみさんのバイアスのタモ網

いやいや、タモ網じゃなくて、

メダカのほうね…

極龍(2021年11月末撮影)

冬の寒空の下、ひふみさんのタモ網を使って、メダカの撮影大会をしていたとき、撮影の難易度が高かったのが、

幹之メダカのアルビノ

龍の瞳(2021年11月撮影)
ひろしゃん

幹之の体外光の撮影は、難しいね

と言いながら、

極龍(2021年11月末撮影)

極りゅう

と書かれた、メダカの飼育容器のメダカの撮影をしていたことを、、、

目次

スマホで極龍の体外光を撮影したよ

ひふみさんのタモ網を使っても、やっぱり幹之メダカの体外光は、撮影するのが、

かなり難しい🤣

太陽光の反射が強いと、、、

極龍(2021年11月末撮影)

ピカーッとなるし、

暗くし過ぎると、、、

極龍(2021年11月末撮影)

真っ黒になる😭

撮影スタジオで、メダカを撮影できたら、絶対に綺麗に撮影できる

自信だけは、あります( ̄▽︎ ̄;)

とはいえ

ちょっと、工夫するだけで、このくらいの写真は撮影できたりします(`☆︎ω☆︎´)

極龍(2021年11月末撮影)

屋外の飼育容器で撮影したのに、なかなか、いい写真が撮影できたと思いませんか?

スマホを使って、幹之メダカを撮影するときのコツ

屋外で幹之メダカを撮影するときのコツは、

  • 太陽が出てる日に撮影するけど、太陽光は、メダカに当て過ぎない。
  • メダカが動き回らないように、タモ網ですくっておく。

ひろしゃんの経験からすると、

曇り空よりも、快晴。

昼間過ぎよりも、朝方。

そして、

適度に影を作って、直接、太陽光が、メダカに当たらない工夫をして

撮影すると、、、

極龍(2021年11月末撮影)

めちゃくちゃ綺麗なメダカの写真は、撮影出来ませんが、

ひろしゃん

そこそこの写真は、残せます。

まとめ

本音は、ひろしゃんも、メダカを容器の外に出して、黒いお椀の中で、マクロレンズや一眼レフを使って、メダカの撮影が出来たら、、、

でも、

ひろしゃんは、色んな意味で、

このくらいのメダカの写真のほうが好きかも´ ³`°) ♬︎*.:*

スマホを使って、上手く、メダカの撮影ができないときの、参考にしてみて下さい´ ³`°) ♬︎*.:*

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる