メダカの加温飼育が、面倒な理由とは

加温飼育中のメダカを前に、

加温飼育のメダカ

はぁ。。。

奥様

めっちゃ、面倒くさいんだけど💦

2021年、メダカの加温飼育を始めてからというもの、

この言葉しか聞いてない、ひろしゃんです😭

\ メダカの加温飼育状況 /

ひろしゃん

てか、メダカをヒーターで加温して、採卵するだけっしょ😆

奥様

はぁ?結構、手間なんだからね‼️

という奥様に、

メダカの加温飼育は、

どんなことが、手間なのか?

聞いてみました。

目次

メダカの加温飼育が手間な理由

メダカの加温飼育で手間なこと「その1」

ヒーターで、メダカを加温したからといって、すぐに産卵する訳じゃない‼️

ひろしゃん

えーーっ。

これは、ひろしゃん、驚きました🤣

メダカをオスとメス同じ容器に入れて、泳ぐ水温を度にして、光を当ててれば、産卵して、ガンガン採卵できるとばかり思ってたので💦💦

メダカの加温飼育で手間なこと「その2」

水が汚れたり、傷んだりしやすいので、水換えが手間

通常よりも小さい飼育容器を使って、種親メダカを飼育するため、

エサやりで、水が汚れたり傷みやすい💦

ので、

水を少し抜いては足すという方法で、こまめに水換えする必要がある

メダカの加温飼育で手間なこと「その3」

産卵床に産みつけた卵を別容器によけて、さらに加温。

メダカが産卵したら、有精卵を採卵して、別容器に移して、さらに管理をする。

コレが、加温飼育で、1番、面倒くさいらしい💦💦

とはいえ、

ひろしゃん

夏場も「やること」は一緒じゃん??

と思いますが、冬の加温飼育は、

飼育できる場所や、容器の数が限られているので、

種親メダカの産卵ペースが上がると、次から次へと、採卵することになり、容器が必要。そうしてる間に、メダカが孵化して、大きくなるので、その容器も必要。さらに、その容器を準備してる間に、採卵したメダカが孵化をする。

さらに、冬なので、室内管理が必須条件となると、、、

容器を置く場所が

倍々ゲームに(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

奥様

笑い事じゃないって

まとめ

といった具合で、2021年も、

かなーーーーーーーり、文句を言いながら、メダカの加温をしている奥様だったので、加温飼育が手間な理由を聞いて、まとめてみました。

とは言え、ひろしゃんは、青春時代にこう教わりました。

冬場に頑張った者が、春に必ず結果を残す。とは限らないが、春に、結果を残す者は、冬場に練習をしている。

奥様

はぁ?私、野球やってるわけじゃねーーーし‼️

ひろしゃん

で、しょうね( ̄▽︎ ̄;)

奥様、今日も、ブツブツ言いながら、メダカに餌やりしております😆

メダカの加温飼育について、あなたのココが悩みということがあれば、コメント欄で、聞かせて下さい(人>U<)♪︎♪︎

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる