2022年は、オーロラ黄ラメ幹之メダカしか、「勝たん!!」

冬越し後の水替えがスタートし始めたので、冬眠から目覚めたメダカたちを今週は紹介していこうと思います(๑˃͈꒵˂͈๑)

なかでも、2022年、注目度の高いメダカと言えば

  • オーロラ表現
  • ラメもしくは、体外光

の特徴を合わせもつ

オーロラ黄ラメ幹之メダカ

じゃないでしょうか??

というのも

  • オーロラ表現
  • ラメもしくは、体外光

の特徴を併せ持つ、オーロラ黄ラメ幹之メダカって、

メダカを選別する人

や、

選別する方向性

で、

累代飼育後の特徴が大きく変わるメダカじゃないですか??

体色でいえば

  • 黄色くならずに、オレンジ色を目指したり。
  • オレンジ色よりも、もっと赤色を。
  • いやいや、黄色を極めるのよ。

ラメでいえば

  • ラメの色が、虹色にならずに、ブルー色を目指したり
  • ラメの色より、ラメの量が多くなるように選別したり、

さらに、

  • オレンジ色と、ラメの量の両立
  • ブラックリムと、ラメの両立
  • 体外光の伸び方
  • ヒレに色が入るのか?入らないのか?

などなど、

それぞれに、違いがあって、

それぞれに、特徴があって、

それぞれに、交配過程が異なる。

それゆえに、

2022年時点で

かなりの数のオリジナルネーム(ハウスネーム)がついた、

  • オーロラ表現
  • ラメもしくは、体外光

のメダカがいる。

と、ひろしゃんは、思っていますが😁

皆さんは、オーロラ黄ラメ系統のメダカを、どう感じていますか?

体外光タイプ

オーロラ黄体外光メダカ(2021年10月撮影)

松井ヒレ長タイプ

オーロラ黄色ラメ幹之メダカのヒレ長(2021年4月撮影)

ちなみに我が家の奥様、2022年は

オーロラ黄ラメ系のメダカしか、育てない‼

と、意気込んでいますが、、、

ひろしゃん

どうなることやら。。。

ひとまず、先日の水替えで姿を確認した、2021年産まれのオーロラ黄ラメ系のメダカは、こんな感じでした✨✨

オーロラ黄ラメ幹之メダカ’(2022年3月)
オーロラ黄ラメ幹之メダカ’(2022年3月)

我が家のオーロラ黄ラメ幹之体外光タイプには、ハウスネームなどがついていないのですが、

頭が黄色くて、体外光が、ズドンと伸びる。

もしくは、

頭頂部にオレンジ色が集まっていて、体外光が、ズドンと伸びる。

こんな特徴が好きな奥様が、

その特徴を持つメダカばかりになるよう。

毎年、採卵して、数を増やしたら、種親の選別。

その次の年も、

採卵して、数を増やして、種親を選別。

なーーーーんて、繰り返してるうちに、今のような特徴のメダカが出てくるようになってきました😁

オーロラ黄ラメ幹之メダカ’(2022年3月)

そして、2022年は、

ユリシス

や、

松井ヒレ長オーロラ黄ラメ

も、我が家の飼育場の容器内で眠ってるハズなので、

奥様が2022年は、本当に、オーロラ黄ラメ系のメダカしか飼育しないのであれば、

オーロラ黄ラメ系のメダカの特徴について、深堀りできる1年になる。

かも、知れません(*´艸`*)ァハ♪︎

ただ、2022年は、

かなりの種類のオーロラ黄ラメ系のメダカ(ハウスネームの付いたメダカ)が販売されるのは間違いないので、

選別する人によって、大きく特徴が異なるオーロラ黄ラメ幹之メダカだからこそ

誰が、どんなふうに育てた、どんな特徴があるメダカなのか?

そこを、じっくりと感じながら、

色んなオーロラ黄ラメ系のメダカのついたメダカを楽しんでいけたら。

と思っています😁

2022年は、どんなオーロラ黄ラメ幹之に出会えるのか😁

今から、楽しみな、ひろしゃんです✨✨

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる