イシガメの卵を「湿度と乾燥に注意して」孵化させる方法

先日のメダカイベントで、

イシガメの卵を販売してみた

ひろしゃんと、ひろしゃんの「奥さま」

そんな、ひろしゃんのもとに

イシガメの卵の管理方法について教えてもらえませんか?

という、お問合せをたくさん頂いているので、

奥様の

イシガメの卵の管理方法

についてまとめてみました(๑•̀o•́๑)۶

目次

イシガメの卵を保管する方法

イシガメの卵の管理方法

と、書きましたが、、、

奥様

特に「難しいこと」は、してないよ~

と話す、「奥さま」

そこで、まずは簡単に、

イシガメの卵を孵化させるまでの管理方法について説明したあと、

それぞれの

ポイントと、コツについてまとめ

てみます(๑˃͈꒵˂͈๑)

まず、イシガメの卵が孵化するまでの管理方法について。

フタ付きの発泡スチロール容器を準備
イシガメの卵の保管管理方法
容器内の様子は??
イシガメの卵の保管管理方法

この容器のフタを開けてみると

イシガメの卵の保管管理方法

こんな感じ(๑˃͈꒵˂͈๑)

卵は水苔の上に

イシガメの卵は、容器に水苔を敷いて

イシガメの卵の保管管理方法

その上に、イシガメの卵を乗せてます。

孵化まで待つ

こうしておけば、約60日後に、イシガメが孵化します👍

イシガメの卵と採卵容器
2021年孵化の様子

以上
⸌̷̻ ( ᷇๑ॢ˃̶͈̀ ꇴ ˂̶͈́๑ॢ) ⸌̷̻

(;・∀︎・)ハッ?

と、ブログを読んで頂いてる皆さんに、叱られてしまう(^~^;)

ので、

ここからは、具体的に、

イシガメの卵が孵化するまで

ポイントと、コツについて、詳しくまとめてみます(๑•̀o•́๑)۶

イシガメの卵が孵化するまでにすること

フタを開け閉めは、1日1回

まず、

イシガメの卵は、砂の中に産卵される

ので、

常に暗い環境にしておく必要があります。

そこで、必要なアイテムが

フタ付きの発泡スチロール容器

イシガメの卵の保管管理方法

です(*≧︎∇︎≦︎)

ただ、この時、注意するのは、

ひろしゃん

イシガメの卵の様子は、どうなってるかなーーっ?

と、

1日に何回もフタを開けるのは、ダメです😅

奥様の場合

フタの開け閉めは、朝の一回のみ。

容器のフタを開けたときに確認するのが、

イシガメの卵が、

  • 湿り過ぎてないか?
  • 乾燥し過ぎてないか?

この2つを確認します(`☆︎ω☆︎´)

POINT
  • フタの開け閉めは、1日1回
  • フタを開けたときに、イシガメの卵が、湿り過ぎてないか?乾いていないか?確認する。

イシガメの卵が湿った時や、乾いた時の対処方法

次に

フタ付きの発泡スチロール容器のには、

少しだけ水が入れてあって

イシガメの卵の保管管理方法

また、イシガメの卵の下にある

水苔

ギュッと絞ったスポンジぐらいの水気にしてあります👍

イシガメの卵の保管管理方法

こうすることで

イシガメの卵を

湿り過ぎず、乾燥し過ぎない状態

で、

約60日間キープすることができます😆

POINT
  • 発泡スチロール容器の底に、少しの水
  • 水苔は、ギュッと絞り込んだものを使う

と言っても、

どの状態が、湿り過ぎで、乾燥し過ぎなのか?

というのが、分かりにくいと思いますので、

「奥さま的」感覚だと

イシガメの卵に、水滴がついていたら

奥様

湿り過ぎ

この場合は、湿度が高いので、

イシガメの卵に付いた水滴を拭いて

  • 容器内の水を減らしたり
  • 室温を少し下げたり

します

反対に、

乾燥し過ぎると

奥様

イシガメの卵が、凹んだりして、

奥様

復活不可能

になるので、

乾燥し過ぎは、要注意

とは言え、

先ほど書いたように、

発泡スチロール容器のそこに、

ほんのすこーーーしだけ水を入れて

水苔をキツく絞ったスポンジぐらいの水気にしておけば

奥様

大抵、大丈夫。

イシガメの卵を管理する「温度」でオスメスが決まるみたい

あと、発泡スチロール容器内の温度は、、、

イシガメの卵の保管管理方法

25℃前後で管理してます(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

というか、

日中、陽が差し過ぎないほどの部屋で、管理してるだけ

なので、

管理

というほどのことは、してません(*≧︎∇︎≦︎)

また、イシガメの卵は、管理する温度で、

オスとメスに分かれるそうです

が、

「奥さま」は、そこまでの管理はしてません💦

もし、興味がある方は、

温度管理

に気を配ってみて飼育してみると、楽しみのバリエーションが増えると思います(*´▽︎`*p♡︎q

まとめ

ということで、

奥様が普段している

イシガメが孵化するまでのポイントと、コツをまとめてみました´ ³`°) ♬︎*.:*

先日、販売させて頂いた、皆さんのイシガメの卵から、

イシガメの卵
販売したイシガメの卵

ベビーのイシガメが、産まれるまで

約60日間

皆んなで、ドキドキ、ワクワクしていきましょう(*´▽︎`*p♡︎q

\ もう少し詳しい記事はコチラ /

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんばんわ~☆
    ちゃんと発泡容器にタッパーに水苔いれて
    管理してますよ~♪
    少しの水を発泡容器に入れる?聞いてないよぉ~><
    今から少しだけ入れてきます^^
    もう孵化するのが待ち遠しいんだけど^^
    温度が高いとどっちになるのかな?
    出来れば大きくならないオスがイイな♪

    • めだかが気になるさん。コメントありがとうございます(人>U<)♪︎♪︎ イシガメの孵化チャレンジ、やってますねーーっ(○︎´艸`) 湿度高めも危険なので、卵に水滴がついてないか?確認をお忘れなく´ ³`°) ♬︎*.:* 一般的に、管理温度が、低いと、オス。高いとメスになるそうですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧︎ 誰が1番最初に、孵化の報告をしてくれるのか? 楽しみ、楽しみ⸌̷̻ ( ᷇๑ॢ˃̶͈̀ ꇴ ˂̶͈́๑ॢ) ⸌̷̻

めだかが気になる へ返信する コメントをキャンセル

目次