メダカを水槽で飼育するときの注意点

メダカを水槽で飼育するとき

メダカの果てまでイッテQの読者様より、メッセージを頂きました✉️

60リットルの水槽を使って、30匹前後のメダカを飼育しています。今後、産卵→採卵→孵化→大人のメダカまで成長させてみたいのですが

  1. 底砂は必要であるかどうか?
  2. エアレーションが必要がどうか?

メダカ飼育初心者で申し訳ありませんが、宜しくお願いします

メッセージを送って頂き、ありがとうございました😁

ひろしゃんと、奥様のメダカ飼育経験から、水槽でメダカを飼育するときの注意点や、アドバイスをまとめてみましたので、参考にしてみてください👍

水槽の底砂を敷くか?しかないか?

メダカなど、魚を水槽で飼育するとき、大抵の場合、「底砂を敷いて飼育することが多い」のですが、

底砂を敷いて飼育した時のメリットとしては、

  • メダカのフンが底に溜まることが無いため、水が汚れにくいです。
  • 砂の細かなところに、バクテリアなどが湧きやすいため、水質が安定しやすい。

と、言われています。

しかし、今回のように、メダカの卵を採卵して、孵化させるのであれば、

底砂を敷いて飼育すると

産卵した、メダカの卵が、底砂の中に入ってしまうことがあります。そのまま放置しておくと、メダカが孵化して、親のメダカのエサになることがあります。

その点、

底砂を敷かずに飼育すると、

メダカが卵を落としても、吸い上げることができますし、日々の手入れも、底に溜まったメダカのフンを、定期的に吸い取って外に出すだけなので、手入れしやすいと思います😁

もし、水質を安定させるのであれば、赤玉土を、ボールなどに入れて沈めておくと、良いですよ😊

底砂は、無いほうが、手入れしやすいかも。

▼参考になりそうな過去記事

ひろしゃんのメダカブログ(メダカ...
404: ページが見つかりませんでした | ひろしゃんのメダカブログ(メダカの果てまでイッテQ)
あわせて読みたい
春の水換えと水合わせに失敗しないコツは、メダカの移し替えにアリ。 2017年11月から約4か月の冬越しモードに入った我が家のメダカたち。冬越し中のメダカは、完全に放置状態だったんですが、3月に入り、外気温が15℃と日に日に春を感じるこ...
あわせて読みたい
加温しているサイズの小さなメダカの水替えに欠かせないスポイト 【さらに増える!室内に置かれた加温容器たち】 冬は、メダカシーズンじゃないからさ。少しだけ、メダカを加温飼育するのは、分かりますよ😅 なんだかんだ言って...
あわせて読みたい
ピッチャー(計量カップ)を使って、メダカの水換えをすれば失敗しないよ~ 2018年も10月になると、メダカの飼育容器内の水を覗きこむ奥様 メダカの飼育容器内の水の汚れが気になるなぁ・・・。 ▼飼育容器内の水 ▼飼育容器内の水 確かに、8月以降...
あわせて読みたい
グリーンウォーター対策、赤玉土を使って飼育水を透明にする方法。 メダカが泳ぐ水の入った飼育容器を太陽の光に当ててメダカ飼育をすると、メダカの飼育容器、メダカの品種、水の量に関係なく、 必ずこういう緑色の水になりますよね(p´Д...

▼必要になりそうなアイテム

水槽でメダカを飼育する場合、エアレーションは、必要か?

水槽でメダカを飼育するときのエアレーションは、

したほうが良い

と思います👍

ただし、エアーポンプを使って、本当に、少しだけ。

音で例えるなら、ブクブクではなく、ぷくぷく(小さく)程度で大丈夫です。エアレーションが強いと、メダカが疲れて死んでしまうので注意😱

メダカが逆立って泳いでいたら、強すぎのサインです。

また、上部にフィルターがついた水槽用の濾過機がありますが、濾過機をつけると、水の手入れは簡単ですが、メダカの卵を吸い上げてしまうことがあるので、エアーポンプを使って、ぷくぷくとエアーを送ることをオススメします😁

▼参考になりそうな過去記事

あわせて読みたい
メダカの加温飼育に使う加温容器と、エアーポンプはコレ 【メダカの加温容器が増え続ける2019年の加温飼育】 11月の末から、雷隠メダカを加温して採卵してる奥様😁 加温飼育中の雷隠メダカ 2018年頃のメダカの加温規模...

▼必要になりそうなアイテム

メダカを水槽で飼育したときによく聞く失敗談

メダカは、日当たりのいいところで飼育すると、すくすく成長するのですが、

ガラス張りの水槽

を日当たりのいい場所に置くと、水槽内の水の温度が、あっという間に上昇して、メダカが煮えてしまいます😅と言って、日陰でメダカを飼育しすると、元気がなくなり、産卵しないこともあるので、日陰よりは、少し日の当たる場所で飼育したいところです😆

覚えていて欲しいのは、

水槽は、ガラス張りのため水温の変化が、急に起こります。

日当たりが良くないと思ってる場所でも、簡単に水温が上がりますので、天気の良い日は、定期的に、水槽の水に指を入れて、「温かい」と感じたら、水槽にすだれなどをかけたり、水を足したりして、日陰を作ったりして、必ず水温を下げる対策をしてください👍

▼必要になりそうなアイテム

遮光ネット 黒 2m×50m×2本セット 100m 遮光率50% [農業用遮光シート 農業資材 農業用品 園芸用品 日よけ 農業用ネット]

メダカの採卵のコツ

メダカの採卵する際、メダカが卵を産みつけるモノが必要になってきます。(以降、産卵床)

水草などを産卵床に使うと、上手くメダカが採卵できず、水槽の底に落ちることが多いので、手作りの産卵床を使うと上手に採卵できますよ👍

また、産卵床に卵を産みつけた後、そのままにしておくと、メダカが、卵を食べてしまうので、有精卵の確認ができたら、別の容器で管理してみて下さい😁

▼参考になりそうな過去記事

あわせて読みたい
セリアの100均素材でメダカの産卵床を作ろう メダカの産卵床の作り方と使い方について
あわせて読みたい
メダカの有精卵、無精卵の見分け方を覚えて、メダカを孵化させる方法 メダカの採卵を楽しむ奥様と、有精卵と無精卵の違いが、まったく分からない、ひろしゃん(@自己紹介)です😅 メダカの産卵期は、春〜秋なので、夏前になると、パ...
あわせて読みたい
夏休みの自由研究。メダカの観察してみた。 【メダカが生まれるまで】 夏休み期間中ということもあるので´ ³`°) ♬︎*.:* ひろしゃん、自由研究の宿題は、【メダカが生まれるまでの道のり】にしてみました(๑•̀ㅂ•́)و...
ひろしゃんのメダカブログ(メダカ...
404: ページが見つかりませんでした | ひろしゃんのメダカブログ(メダカの果てまでイッテQ)

▼必要になりそうなアイテム

水槽でメダカを飼育するときのまとめ

  1. 底砂は、敷かずに、赤玉土を少しだけボウルに入れて沈めておく
  2. 日々の手入れは、底に溜まったフンをスポイトなどで吸い取り、水を足す。その際、メダカの卵も、上手く吸い取れたら、別容器で管理する。
  3. エアレーションは、エアーポンプを使って、弱めに送る
  4. ガラス水槽の水温は、急に上昇するので、スダレをかけたり、水槽の置き場所に気をつけること
  5. 産卵床を作って、メダカの卵を採卵する。

全ての方法が、正しいということではなく、まずは、我が家の飼育方法でメダカの水槽飼育に挑戦して頂き、是非、色々な失敗を経験してみてください。

それも、メダカ飼育の楽しみの一つではないでしょうか??

たくさんのメダカが、大きく成長できることを楽しみにしております😊