朱赤系統のメダカが我が家に沢山いる理由。

「なぜ、赤系統のメダカばかり我が家にいるのか?」

それは…

勉強不足が招いた結果です

まず、1年ほど前、

楊貴妃メダカより赤いメダカと言う事で、
楊30メダカ

紅帝メダカ
もすでに、販売されていました

「楊30」のメダカを購入するとき、当時赤いメダカとして、人気の「紅帝」が高価だったので、ややお値打ちと思われた「楊30」を購入。

その後、

やはり、「紅帝」の”赤さ”に惹かれて「紅帝」を購入。

基本的に「メダカの飼育&購入するメダカを決める」のは、奥様の担当。というより、

メダカを趣味にしてるのが奥様なので、欲しいメダカを購入する

まぁ、普通はそうですよね

そして、2016年春、

奥様のメダカ飼育にのっかり、「メダカの違いを探す」ことを趣味にしてしまった私が、

2種類を並べて観察すると、

「違いがほとんど無いのでは?」
となってしまったワケです

この、「楊30」と「紅帝」を明確に分ける基準はあるのでしょうか⁇知っている方教えて下さい

「混ざったら全く分からなくなる」というコメントを、もらったことがありますが、

混ぜてなくても、「混ざってる」って言われたら、

「そうなんだ」

ってなるくらい。

違いも分からないし、よく似ています

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる