ブラックリム系

紅薊ヒカリ体型などの「ブラックリム系」メダカは、数採るしかないか!!

オレンジと、のコントラストが、際立つメダカ

紅薊メダカヒカリ体型(2020年春撮影)

は、2020年も引き続き人気が高そうですね〜😁

ちなみに、ブラックリムと呼ばれるメダカで、我が家で飼育しているのは、

  • 紅薊
  • 乙姫
  • 雷隠

と、3種類いまして、

今回、撮影したのは、紅薊メダカのヒカリ体型

紅薊メダカヒカリ体型(2020年春撮影)

ちなみに、この紅薊メダカが、種親候補

というより、

このメダカしかいないんじゃないかな( ̄▽︎ ̄;)

紅薊メダカ限らずですが、ブラックリム系のメダカは、

基本的に、ビックリするくらいの数を取らないと、これくらいコントラストがハッキリしたメダカが出てこないみたい💦

 

どのくらい大変か?

 

というと。

ペアで紅薊メダカの種親クラスのメダカを出そう‼️

 

としたら、

まず、採卵する卵の数は…。

計算できないほど、とにかくたくさん採卵して💦

そのうち、

1,000匹を稚魚にしたとしても、

 

数匹😱

 

さ、ら、に

次の世代に繋ぐためには、オスとメスを揃えて、体型を選別しないといけないので、

多分、1,000匹では、ペアでメダカを揃えることは、かなり厳しいかも😭

たぶん、1,000匹以上は、必要になるかも🤣

そうなると、

我が家の奥様のように

敷地に限りがあって、いろんな品種のメダカを飼育していると、結局、種親クラスのメダカがオスとメスで揃えることができず、

種親クラスのメダカを追加してみたり、乙姫や雷隠と言った、他のブラックリム系のメダカに走ったりして、まさに

 

迷走状態😅

 

になってたりして(´Д`|||)

こうやって書くと、また奥様に叱られそうですが💦💦

紅薊、乙姫にチャレンジしてる人たち、あるあるだと、ひろしゃんは、思ってますが?

どうでしょうか(*≧︎∇︎≦︎)

でもね、

ブラックリム系のメダカって、ひろしゃんみたいに「ゴツゴツした感じのメダカ」としか、表現できないうちは、

まだまだ、なんだと思います😁

紅薊メダカヒカリ体型(2020年春撮影)

このメダカの特徴を、どう言葉で表現するのか?

ココが実に

 

奥深い

 

ゆえに、

そこから出てくるメダカは

紅薊メダカヒカリ体型(2020年春撮影)

メダカらしからぬ、容姿✨

コレは、どうやっても人気、出ますね(○︎´艸`)

まぁ、2020年も、ひろしゃんが、ブラックリム系メダカについて書くと、こんな感じで、2019年から進歩ゼロですが、ひろしゃんが、

カッコいいと思えるゴツゴツ系のメダカが出てくることを楽しみにしてます´ ³`°) ♬︎*.:*

メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

Amazonでお買い物するなら

5000円以上をギフト券としてチャージしてからAmazonでお買い物をすると、最大2.5%のポイント還元があるのでお得ですよ
∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

 

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。