紅薊メダカの繁殖に、再、再、再挑戦!

GWの疲れは、残り1日、ゆっくりと睡眠したら、だいぶ回復しましたっ(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

今日から、また、奥様のメダカをガサガサしていきますので、宜しくお願いします(*´∇`*)

では、さっそく、奥様が飼育したメダカをガサガサしていきたいところですが、

また、また、また、

チャレンジすることになった、コチラのメダカ(*≧︎∇︎≦︎)

紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)
紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)

紅薊メダカです
(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

もうね、本音は、累代飼育なんてやめたい‼️

って、奥様も思ってるはずですけど、けど、

紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)
紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)

上見は、いつも通りの紅薊メダカなんですけど

横見がさ、、、

紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)

やっぱり、メダカらしからぬところが、紅薊メダカって、イイですよね(๑˃͈꒵˂͈๑)

紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)

鱗を縁取るように、黒色のラインが

グイッて、

もちろん、オレンジとのコントラストも、

紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)
紅薊メダカ、新血統(2021年4月撮影)

バッチリの紅薊メダカ。

ご縁あって、連れて帰ってきてしまった

( ≧︎ᗜ≦︎)੭ु⁾⁾バンバン

紅薊まだは、正直、3度目のチャレンジになるので、今度こそ、

ゴリゴリで、ムキムキな、オレンジ色とブラックのコントラストの効いたメダカを増やすぞーーーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

って、意気込みたいところですが、

正直、奥様のメダカ選別では、

レベルの高い紅薊メダカを残すことが、できないような気が、、、( ̄▽︎ ̄;)

というのも、

紅薊メダカの累代飼育を続ければ続けるほど出てくる、紅薊メダカの特徴がない、メダカたち…

1回目の交配で産まれた紅薊メダカから、次の種親選びをしますよね?

もしも、その種親選びを間違えると、、、

2回目の交配から産まれてきた紅薊メダカから、紅薊メダカの持つ表現が、バラけはじめ、

3回目あたりの交配から産まれてきた紅薊メダカは、もう、何メダカやら(´Д`|||)

どうせなら、この紅薊メダカから産まれてきたメダカの種親選びも、ひろしゃんに任せてくれないないかなぁ(。-`ω´-)ンー

どうせ、バラバラの表現にしちゃうならね(○︎´艸`)

と、メダカイベントが終わってから、メダカの選別をしたくなってる、ひろしゃんは、

このブログらしくないかな(○︎´艸`)

ひとまず、奥様に、この春から、シッカリと採卵してもらおーーっと(>∀<人)━━♪♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる