メチレンブルー水溶液で薬浴させながら、なんとか乗り切ろう‼️

東海地方、梅雨明けしましたーーーーーーっ

⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

って、言ってますが、2021年も梅雨時期に、どのメダカも

バタバタ、落ちてるらしいです
( ̄▽︎ ̄;)

そろそろ、メダカ飼育をしないひろしゃんでも、雨が続く時期は、

メダカを触っちゃいけない😭

ことを、学んできました😁

とは言え、ひろしゃんが、メダカを触らなくても、メダカの体調を崩すのこの時期に集中するようで、

病気になるメダカ

も、出てくるみたい💦💦

そのため、病気のメダカを見つけたら、下手に容器を動かすことはせずに

メチレンブルー水溶液

を、飼育水に数滴いれて

みょーーーに、青い飼育水の中でメダカを泳がせて、病気のメダカを回復をさせるのが、奥様の治療方法です(*≧︎∇︎≦︎)

病気や体調が悪いメダカだけを、別容器に移して治療しても良いのですが、

まぁ、こういうときは、イジらないことが、奥様のメダカ飼育経験からの最善策のようです😅

でも、メダカが病気になる意外な原因の一つに、

エアレーションのブクブクが、隣の容器に水を飛ばして、病気の感染を拡大するみたいなので、

メチレンブルー水溶液で薬浴中のメダカ

近くで飼育してるメダカたちも、よく観察する必要があるそうですよ(*≧︎∇︎≦︎)

最悪の場合、

病気のメダカの隣の飼育容器で泳ぐメダカに

伝染して、

さらに、

その隣の容器のメダカ

また、その隣の容器のメダカ

そうやって、病気が蔓延すると、飼育中の全てのメダカが、

お亡くなりになる可能性があったり

(*」>д<)」オォ───イ!!

までは、ないか💦💦

飼育中のメダカ全てに広がるには、ひろしゃんのように、病気のメダカとか関係なく、どの容器のメダカにも同じタモ網で、ガサゴソしまくってたら、感染拡大してしまうかもしれませんので、

やっぱり、この時期に、

メダカのガサゴソは、控えたほうが良さそうですね😁

こうして、

病気のメダカは、メチレンブルーを

体調を崩してるメダカは、塩浴を

産卵疲れのメダカは、タマミジンコを

与えながら、梅雨時期を過ごしてきましたが、

ここまで、やっても、

残念ながら、お亡くなりになるメダカも

(×∀︎×๑ )

いたりして💦

その中の1つが、メチレンブルーで薬浴していた、ハギタ式ヒレ長の白幹之

メチレンブルー水溶液で薬浴中のメダカ

メチレンブルー水溶液で、治療してましたが、数日後に、お亡くなりになりました😭

梅雨明けして、この暑さ抜ければ、

あと一回は、採卵できるハズなので(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

皆さんも、順調に産卵していた種親メダカを、病気で亡くさないように、お気をつけ下さい👍

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる