梅雨時期のメダカの調子が悪い理由は、「産卵疲れ」と「太陽光不足」

雨、続きますねーーっ💦💦

雨降り

そんな時期だけに

雨が降る時期のメダカ飼育で気をつけることは、ありますか?

と、メッセージを頂きました😁ありがとうございます(人>U<)♪︎♪︎

いやぁ。

この時期はね。本当に、

タモ網をメダカの飼育容器に突っ込んで、叱られてる

ひろしゃん(自己紹介)です(*≧︎∇︎≦︎)

本当はね、先日、記事にしたように、過抱卵のメダカがいたら、

ツンツンするより、タモ網で、ガッサガサしたほうが、刺激的で良さそうなんですが、

梅雨時期のメダカは、すぐに体調を崩すみたいなので、難しいみたいです。。。

今日は、奥様のメダカ飼育経験をもとに

梅雨時期のメダカ飼育で気をつけること

について、まとめてみました´ ³`°) ♬︎*.:*

目次

梅雨時期にメダカが産卵しなかったり、調子が悪い理由

メスのメダカの産卵疲れ

春先からメダカ飼育をスタートして、梅雨時期に入ると、これまで順調に産卵していた

メダカの産卵が止まること、ありませんか?

4月、5月と、メスのメダカは、卵を産み始めていたのに、

雨が降る季節になったら、産卵がストップしてしまった💦💦

と言った感じです。

ここで、考えるんですよね。

あれっ??メダカの調子悪いのかな?

たしかに、雨は、毎日、毎日降るし、太陽の光も出てない日が続くし、なんだか、メダカが泳ぐ水も汚いし。

ヨシッ‼️水換え‼️水換え‼️

って、ちょっと、ストーーープ😆

この時期に、

メスのメダカが産卵しなくなること、我が家でも起きてます💦💦

でも、その原因を、奥様のメダカ飼育経験から、考えてみると、

産卵疲れ

って、原因ありますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

ひろしゃんも、メダカは

4月、5月、6月と、産卵し続けて、さらに、7、8、9月も、卵を産むって、思ってましたが、

そんなに卵を産み続けるメダカって、なかなか、いないんだって

(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

やっぱり、3ヶ月くらい産卵すると、だいぶ、体も細くなって、

メスのメダカもお疲れ気味だそうです😅

雨水が飼育水に入ることでの環境の変化

さらに、この時期に、起こる飼育環境の変化といえば、

毎日、降る雨。

この雨水が、メダカの飼育容器に入ると、メダカの飼育環境が、激変して、グリーンウォーターだった飼育水

グリーンウォーター

グリーンウォーターの飼育水

黄色の飼育水

になったりすることも…。

黄色い飼育水

龍の瞳の飼育容器

もう、この色の飼育水になると、元気の良いメダカでも、調子を落とすので、

しっかりと、水換えしていきます。

太陽光に当たらない時期は、メダカの調子は、悪い

そして、メスのメダカの元気だけじゃなく、

全体的にメダカの調子が悪いのも、梅雨時期の特徴です🤣

ひろしゃん

今年の種親選びが終わって、産卵と採卵がひと段落した、梅雨時期が、1番、メダカの撮影ができるじゃん‼️

と、タモ網を飼育容器に突っ込もうものなら、

奥様

やめろーーーーぉ!!

奥様のカミナリが落ちます😭

そのくらい、体調を崩しやすい時期でもあるようですが、それは、雨が原因というより、

降り続く雨の影響で太陽光が、メダカに当たらないこと。

も原因があると思います。

基本的に、メダカの飼育している容器に太陽の光が当たり過ぎると、

水温が上がってしまう

というイメージがありますが、

メダカに限らず、生き物は、

太陽光を適度に浴びて生活しないと、病気になりやすい!!

ので、適度に太陽光を当てて飼育する用に心がけています。

梅雨時期のメダカ飼育で気をつけることのまとめ

梅雨時期は、メスが産卵しなくなったり、メダカの体調が悪くなり病気になることが多い

ので、

この時期に水換えの回数を急に増やしたりタモ網でゴソゴソしたり、メダカを触ったり、しないこと😁

梅雨時期のメダカ飼育は、

  • 雨水が飼育容器に入らないように対策をして、
  • 晴れた日には、メダカをシッカリと太陽光に当てる。
  • 飼育水が、黄色くなりだしたら、飼育水が、とても危険な状況なので、その前に水換えをしていく。

時には、塩浴や、メチレンブルー、繁殖つくりと言った、メダカの体調を向上させるための方法も使ってみると、体調の悪いメダカの数を減らせるかもしれません。

メダカの体調が悪くなる梅雨時期を乗り越え、少し休むと、8月過ぎから、

また卵を産み始める

ので、今は、奥様と一緒に、

奥様

メダカの調子が悪い‼️あぁーーーーっ。今年のメダカ飼育終わったわ。

と、ブツブツ言いながら、メダカの飼育を楽しんでみて下さい😆

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる