やっぱり、今年も増やした、紅薊メダカ

果たして、何度目の挑戦なのか?

ブログで記事にしてる、ひろしゃんですら、よく分からないのですが、これだけは、間違いなく分かってます。

難しいけど、挑戦したくなる

ブラックリム系のメダカ

(`☆︎ω☆︎´)キラ-ン!

ということで、2021年に採卵して増やした、紅薊メダカを撮影してみました😁

目次

2021年産まれの紅薊メダカ

秋口からのメダカ飼育は、春、夏に増やしたメダカのサイズが大きくなり、 この増やしたメダカを冬越しさせる必要があるので、

汚れた飼育水を変える、水換え作業のシーズン

じゃないでしょうか😁

おかげさまで、ひろしゃんのメダカ撮影も、はかどります(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

そんな水換え中のメダカの中で、目を惹いたのが

ブラックリム系のメダカ、紅薊メダカ

2021年に大きくした紅薊メダカが、コチラ

紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)

オッ‼️って、目を惹く、紅薊メダカが、チラホラいませんか??

紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)

紅薊メダカの

頭部が、オレンジで、胴体部分が、ストンと色落ちした特徴を持つメダカがいますね😁

紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)
紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)

さらに、横見ケースを、持ってきて、横から見てみると

紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)

抜け感が、イイし、なんなら、

紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)
紅薊メダカ(2021年春夏産まれ)

ヒカリ体型の紅薊メダカも、います(*≧︎∇︎≦︎)

ただ、そう、毎回、毎回、

毎回なんですが、

理想の紅薊メダカが、なかなか産まれてこない😭

こともあって、

冬越しが終わり、翌年の春に種親を選ぶ時には、

奥様

今年は、採卵しない‼️

と、いつも言い続けてきた、奥様。

しかーーーし、なんだかんだで、毎年、毎年、紅薊メダカを増やして、冬越しさせちゃう奥様🤣

結局、ブラックリム系メダカが、好きなんでしょ(*´▽︎`*p♡︎q

と、思ってましたが、、、

実は、

2021年の紅薊メダカは、萩田さんのところから連れてきた、紅薊メダカで、この血統から

理想の紅薊メダカになりそうなのが、結構、見つかるみたいです😁

(; ̄^ ̄)ん~

奥様的には、

これまで自分が選別してきた紅薊メダカとの違いは、なんだったのか?

と、悩むところみたいですが(^~^;)

ひろしゃん的は、見応えあるメダカが、また残ってくれて良かったかな。と😊

さて、冬越しを無事に乗り越えて、来年の採卵は、できるのか?

どうなる、今後の紅薊メダカ´ ³`°) ♬︎*.:*

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる