月額500円のミニヒーターで、メダカを加温飼育しよう!

メダカ飼育は、

水槽用のヒーター

を使えば

メダカの加温飼育の様子(2021年11月)
ひろしゃん

冬でも楽しめる

ということで、2019年の冬から、ヒーターを使って

水槽用のヒーター

メダカの飼育水を加温して、夏場と同じように、メダカの繁殖をしている奥様。

今日の記事では

  • どんな種類のヒーターを使っているのか?
  • メダカを加温するヒーターの選びかた
  • ヒーターを使うときの注意点
  • オススメのヒーターとは

について、まとめてみました⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

目次

メダカの加温飼育にオススメのヒーター

メダカの加温飼育に使っているヒーター

さっそくですが、奥様が、メダカを加温飼育しているのに使っているヒーターは、3種類あって、

ヒーター

メダカを加温するときに使う道具

1つ目のヒーターが

商品名プロテクトPROヒーター 100W
メーカーニッソー
水 量30L
消費電力100W
温度範囲25.5℃~27℃

2つ目のヒーターが

メダカの加温飼育に必要なヒーター
商品名プリセットオートヒーター AR50W
メーカーエヴァリス
水 量10~20L以下
消費電力50W
温度範囲25.5℃~27℃

3つ目のヒーターが

加温中の三色幹之メダカ
商品名テトラ MHC-50
メーカーテトラ
水 量20L以下
消費電力50W
温度範囲26℃±1℃
ひろしゃん

3種類あるけど、「こだわり」とか「特徴」とかあるの?

奥様

ん〜。特にないかも

販売価格が

2,000円ぐらいで、20L容器の水を温めれるヒーターぐらいが、丁度イイかな

奥様

ちなみに、このヒーター「熱帯魚用」だからね

ひろしゃん

熱帯魚用??

奥様

そっ。

ヒーターには、設定温度がある

というのも、

アクアリウム用のヒーターって、

種類が恐ろしいくらいあって😭

Amazonで、

水槽用ヒーター

で検索すると、

\ 水槽用のヒーターを/

4,000点以上の水槽用ヒーターが見つかります💦💦

その理由は

魚の種類によって、適正な水温があるから👍

熱帯魚は、28度くらいで、金魚や、メダカは、それよりも少し水温が低いのが、一般的な適正水温のようです。

適正水温
熱帯魚
28度~30度
金魚
25度
めだか
23度

そのため、アクアリウムで使う、ヒーターは、

水温をどの程度まで、温めるか?

という、

設定温度

というのがあって、飼育している魚の適正水温に合わせたヒーターを買うのが一般的で、メダカ用に販売されているヒーターも

23℃設定のヒーターが販売されています😁

が、

奥様が使っているヒーターは、、、そう

熱帯魚用のヒーター

ということは、、、奥様が使っているヒーターが入っている容器の水温を確認すると

メダカの加温飼育に必要な水温計

26度

ひろしゃん

高っ

メダカの加温飼育は、26度で

なぜ、奥様は、23℃が定期性水温と言われているメダカの飼育水を、

熱帯魚用のヒーターを使って、水温を26℃にしているのか?

というと、、、

奥様

26度くらいにすると、産卵も、成長も、調子がイイんだよね~

奥様

あと、熱帯魚用のヒーター、余ってたし。

POINT

基本的にメダカは、寒い冬でも、冬眠する生き物なので、メダカ用のヒーターを使って飼育する必要は、ありません

メダカを飼育していて、ヒーターを使うのは、

  • メダカを加温して、産卵活動させる場合のみ。
  • 水温は、26℃前後

メダカでヒーターを使って飼育するときの注意点

奥様が、冬場、メダカを加温飼育すために使っているヒーターについて書いてますが

正直、

どのヒーターを使っても、大きな差は、ないと思います(^~^;)

ただ、

ヒーターを使うのに、いくつか注意点がある

ので、少しまとめてみました👍

電気代

ヒーターを使うときに、まず気になるのが、

電気代

あくまで、参考ですが、

奥様がよく使っている50Wのヒーターを1ヶ月つけっぱなしで使用すると、

約20Lまでの飼育水を設定温度まで温めることができて、電気代が、

月に500円くらい

かかります😁

もし、ヒーターの大きさを、100Wにしたら、電気代も、倍の

1,000円くらいかかる目安です

まとめると

消費電力電気代 水量 販売価格
35W 約300円 約10L1,200円
50W 約500円 約20L1,200円
100W 約1,000円 約40L1,400円
200W 約2,000円 約100L1,900円

プラスチックの容器で、ヒーターは、使用できない。

実は、ここまで書いてきて、ですが、、、

水槽用のヒーターは

  • 熱に弱い素材の容器や水槽
  • 底が浅い飼育容器

使用しないで下さい。

と、注意書きされていることが一般的です😭

なので、奥様の加温飼育の環境は、、、

加温中のメダカ飼育容器

完全に、アウト🤣

です。とはいえ

奥様

メダカを加温して採卵するには、この方法しかない。。。

ということなので、奥様は、

  • ヒーターの近くにエアーを送って、水温が上がり過ぎないようにしたり
  • こまめに、加温している水を足したり
  • ヒーターが、直接、プラスチック部分に触れないようにしたり

火事にならない工夫をしながら、メダカの加温飼育をしています😁

まとめ

奥様が冬の間に使っている、

水槽用のヒーター

を紹介してきましたが、

ひろしゃん

どの、ヒーターがオススメなの?

奥様

ん~。。。ホント、あんまり大きな差はないんだけどね。。。

ヒーターを選ぶポイントをまとめると、

  • ヒーターカバー付きのタイプがオススメ。
  • 温度は26℃で良いので、温度調整機能は、不要
  • 購入価格は、2,000円以内
  • 月の電気代はあまりかからないヒーター。

となると、、、

このあたりのヒーターかな。。。

ひろしゃん

なるほど

今回紹介した、メダカ飼育に使っているヒーターですが、

冬の間は冬眠している、メダカを、「水温を温めること」で、産卵モードにして、冬の間も採卵するために、ヒーターを使って飼育しよう。

ということで使用しているので、

通常飼育の場合、メダカを加温して飼育する必要はありません。

冬の間、メダカの採卵を楽しみたい方は、是非、奥様が使うヒーターも使ってみてください💪🏻

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは ひろしゃん
    ちょうど僕もカエル用のヒーターを探していました

    うちのカエルは 底面フィルターの水の吐き出し口の上がお好きなようです

    • オロさん。こんにちは(*≧︎∇︎≦︎)

      カエルもヒーターいるみたいですね( ̄▽︎ ̄;)ウチの奥様も、この間、買ってました…。そちらのほうもまた、記事にします´ ³`°) ♬︎*.:*

コメントする

目次