ガラスケースをカッティングシートを貼って黒くする方法

ショーベタを飼育できるガラスケースは、

メダカの飼育用としては、ほぼ使うことがない容器ですが、

背面を黒くすれば

メダカを横見で展示販売するときに、めっちゃ便利なのでは?

ということで、

背面と、底面を黒く塗装してみたところ

ひろしゃん

意外とイケるか?

と、思いきや、水に浸すと、、、

黒く塗装したガラスケース

ペリペリと剥がれてきてしまう

という、

大失敗

ガラスケースを黒く塗装したのを失敗した原因は

塗装に使った塗料が、

水性塗料だったせいかな。。。

黒色に塗装したガラスケース

と、考えたんですが、

そもそも、

ガラスを黒く塗装する

ということが

難易度が高く、手間がかかる作業のチャレンジ

だったので、

ひろしゃん

失敗してもしょうがないかぁ

と思いながらも、、、

ひろしゃん

ガラスの背面を黒くする方法ってないのかな??

と、

ガラスの背面を黒くするイイ方法ありませんか?

と、ブログで記事にしてみたところ

涼風めだかさん

我が家は、カッティングシートをガラスの外側から貼ってます。
車のフィルム同様に、洗剤水を吹き付けてエア抜きすると綺麗に貼れますよぉ!
ポイントは貼り付けた後に2日以上しっかり乾燥させて、シートがズレたりしないよぉにする事くらいです。

と、教えてもらったので、

ガラスケースに、黒いカッティングシートを貼ってみました。

作業中

ガラスケースに黒いフィルムを貼る

完成品

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法
ひろしゃん

10分もあれば貼り終わるよ~

ということで

  • ガラスケースにカッティングシートを貼る方法
  • カッティングシートを貼るときに気をつける点
  • カッティングシートを貼るメリットと、デメリット

について、まとめました

目次

カッティングシートを、ガラスケースに貼る方法

まず、

ガラスケースの背面を黒くするために準備するのが

黒のカッティングシート

ガラスケースに黒いフィルムを貼る道具

ひえしゃんが購入したカッティングシートの表面の色は、「ツヤツヤした黒色」を購入しましたが、

大切なのは

シール面の「色が黒いこと」

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

このシール面が、ガラスケースの背面になるので、

シール面の色が

黒以外のカッティングシートは購入しないよう

に、注意です。

大抵の場合、

黒のカッティングシートを購入すれば、シール面は黒い

と思います。

そして、

ガラスフィルムを貼るための道具一式

ガラスケースに黒いフィルムを貼る道具

特に、スプレーボトルと、食器用洗剤が、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る道具

必須アイテムです。

準備するモノは、以上です。

ひろしゃん

超、お手軽

ステッカーシートは、専用サイトを見れば、超簡単に貼れる!!

ガラスにステッカーを貼ると

スマートフォンにフィルムを貼るときのように

プツプツと、空気が入りませんか??

そうなんです、ひろしゃんも、フィルムを貼るときに、

ひろしゃん

何回、空気が入ったことか、、、

その苦い経験からすると、

ガラスにフィルムを貼ったり、ステッカーシールを貼るのは、超、難しい。

と、考えていたので、ガラスの背面を黒くする方法で、ステッカーシールを貼る選択肢は、やめたのですが、

フィルムを貼る道具セット

を販売している、

リンテックコマース株式会社のフィルム貼りの解説方法が、

めっちゃ、分かりやすかったです

実際に、ひろしゃんと、ステッカーシートを貼っていきましょう

まずは、スプレーボトルの中に、水を入れて

その中に、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る道具

洗剤を、ポタっ、ポタって、2、3滴入れた水を作ります。

POINT

洗剤の量は、3滴で充分です!

作った、水溶液を、ガラスケースに向かって

シュッ、シュッ

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

と、吹きかけます

さらに、

黒のカッティングシートの、粘着部分にも、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

シュッ、シュッと、吹きかけます

ベタベタに濡らした、カッティングシートを、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

ガラスケースに貼っていきます

POINT

カッティングシートのシール面は、ベタベタに濡らしておくと、貼りやすいです。あとから、乾くので、とにかく、

濡らしながら貼るのがコツ。です

そうすれば、完成

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

(白いアイテムは、空気を抜くためのゴムへらです)

ひろしゃん

早っ‼️

そうなんです、カッティングシートをガラスケースに貼るだけなら

コツさえ知っていれば、めっちゃ、早いです。

そのコツというのは、

ガラスケースも、黒のカッティングシートも、ベタベタに濡らしながら貼る

もし、

ガラスケースや、カッティングシートを濡らさずに作業を進めていくと

必ず

ガラスとカッティングシートの間に、小さな空気が入り、その空気を抜こうとしても上手く抜くことができません。

さらに、

貼る位置が、ズレたとき

再び貼り直すということができません。

この2つが起きずに貼ることが出来れば、スプレーで水を吹きかけることはないのですが、

ガラスフィルムを貼るプロでも、

ベタベタに濡らしながら、貼っていく作業

なので、

素人DIYが、ベタベタに濡らさずに、

貼れるはずがないです

よね

ひろしゃんも、小分けに何度もスプレーしながら、貼ったので、

貼り終わった後に、

ガラスとカッティングシートの間にできた

空気の気泡を指の腹を使って、簡単に抜くことができました

綺麗に、空気を抜いたら、

カッティングシートが、ガラスケースに密着するまで、触らずに放置すれば

黒い背面のガラスケースが、完成です

カッティングシートを使って、ガラスケースをメリットデメリット

カッティングシートをガラスに貼るのにかかった費用は

シート200円
道具1,800円
合計2,000円

かかった時間は、約10分

フィルムをガラスに貼るなんて、今まで経験したことがないので、

ひろしゃん

結局、失敗するんだよなぁ、、、

と、考えてましたが、

スプレーボトルに洗剤を混ぜた水をシッカリ吹き付けて、貼っていけば、

ひろしゃん

めちゃくちゃ、簡単に貼ることができます。

ただ、カッティングシートを貼る作業は、

コツを掴めば簡単なんですが、

完全に乾いたあとの

仕上げが結構、難しいです。

というのも、

ガラスケースにカッティングシートを貼るとき、

ガラスケースより、少し大きくカットしたシートを貼っていき

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

最後の仕上げで、はみ出した部分をカッターで、カットする

んですけど、

コレが、かなり難しいです

普段、カッターナイフを使ってないので、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

角部分の仕上がりが、ギザギザに、、、

さらに、

ガラスケースの角って、怪我しないように、面取りしてあるので

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法
ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

はみ出した、カッティングシートを綺麗に、カッターで切るのが、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法
ひろしゃん

超、難しいです。

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

さらに、

ガラスケースは

一枚づつのガラスを立体に組み立ててある

ので、

それぞれのガラスが合わさる底面の部分は、

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

微妙な段差や、溝がある

ので、この部分の空気を抜く作業のが

ひろしゃん

かなり難しかったです。

失敗するPOINT
  1. はみ出したカッティングシートをカッターナイフできるのが難しい。
  2. 底面の空気を抜くのが難しい

ただ、この2つの失敗ポイントは、事前準備をシッカリしておくことで、対応できそうす。

まず、

カッティングシートをガラスケースに貼る前に、

ガラスケースの貼る部分のサイズをキッチリ測って、先に、ガラスに合うサイズで、カッティングシートを切り出してから貼る。

ガラスの厚みだけ、光が透過してしまいますが、仕上がりは、間違いなく良くなります

まとめ

さてさて、

せっかく、背面に黒いカッティングシートを貼ったので、

ガラスケースに水を入れて、メダカを撮影してみましょう

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

こんな感じ

もちろんですが、水をガラスケースに入れるときに、水に濡れても、シートが剥がれることは、

全くありません。

背面の反射も

ガラスケースに黒いフィルムを貼る方法

まーーったく問題なし。

ガラスケースにカッティングシートを貼るときは、

  • 貼る面のサイズをシッカリ測って、それに合わせた、黒のカッティングシート準備。
  • シッカリと、スプレーボトルに入った水溶液で、濡らしながら貼る

ちょっとだけ、

職人的な要素がある

ので、こだわり人には、向いてると思います。

ガラスケースの背面を黒くしたいなら、黒いカッティングシートを使えば

時間もお金もかけずに、ガラスケースを黒くできるのでオススメですよ

涼風めだかさん。

貴重なアドバイス、ありがとうございました

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる