朱赤三色透明鱗メダカ

パンダ系の透明鱗メダカとして観察すると気がつくこと。

視点を変えてメダカを見る

朱赤三色透明鱗メダカを上から見たとき

▼朱赤三色透明鱗メダカ
上から見た朱赤三色透明鱗メダカ
こういうタイプのメダカ

▼朱赤三色透明鱗メダカ
上から見たパンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
こういうタイプの朱赤三色透明鱗メダカ

が泳いでいるのですが

この”メダカの違い”分かりますか?

上のメダカは、透明が薄い?

下のメダカは、白が濃い?

とか、メダカの”色や模様”ではなく。

もっと、視点を変えて見ると

透明鱗メダカならではの明確な”違い”があります

それは、

目の周りが黒くなる”パンダ系メダカ”の特徴が出ている

ということです

パンダ系メダカの特徴が分かりやすいメダカのスケルトンパンダメダカで見てみると

▼スケルトンパンダメダカ
スケルトンパンダメダカ

▼横見
スケルトンパンダメダカ
パンダと言われるように、目の周りが黒い特徴が出ていて、

上から見ても、その特徴が出ていると思います

って、

いまさらヾ(-ω-;)ォィォィ

ですか

と、ツッコミが入るかもしれませんが、

朱赤三色透明鱗メダカを”上から見たときの違和感”は、

気になっていた。のですが…。

「いったい何なのか?」は、

全くわかりませんでした

気がついた”キッカケ”とは

偶然、スケルトンパンダメダカを撮影してから、同じ透明鱗メダカである、朱赤三色透明鱗メダカの容器を上から見た時に

スケルトンパンダメダカと同じ、上から見て目が異常に黒いメダカが泳いでいることに気がついて

「あっ」

ってなりました

今までは観察と言ってましたが、メダカを眺めていただけということになりますね(◞‸◟;)

パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ

”色や模様”でしか見ていなかった朱赤三色透明鱗メダカを、

パンダ系に絞って観察してみることにしました。

観察のポイント

●目の周りが黒いか?(ギラギラはどうか?)

●腹部のギラギラ感は、どんな感じか?

まずは、白がベースとなる

”朱赤三色透明鱗メダカ”容器を見てみると
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
4匹のパンダ系メダカを確認

▼朱赤三色透明鱗メダカA
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
▼横見
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
横からみると
目の上の一部だけが黒く、残りの部分はギラギラしています。

腹部のギラギラも取れている感じは、ありません。

▼朱赤三色透明鱗メダカB
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
▼横見
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
目の周りは、

ほとんどがギラギラしていて、黒い部分は上のごくわずかです。

しかし、

腹部の真ん中あたりからは、ギラギラしたものがなくなり、黒く見えます。

▼朱赤三色透明鱗メダカC
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
▼横見
image
”ギラギラ”したものはどことなくありますが、

今までで1番、目の周りが黒いです。

さらに、腹部にいたっては、広範囲に渡って”ギラギラ”したものがなくなっています。

▼朱赤三色透明鱗メダカD
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
▼横見
パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
目の上の一部だけが黒く、後はギラギラしてます。

腹部は、真ん中あたりのギラギラがなくなってます。

続いて


赤がベースとなる

朱赤三色透明鱗メダカの容器を確認
赤勝ちの朱赤三色透明鱗メダカ
からもパンダ系を探すと

3匹ほど発見
パンダ系の朱赤三色透明鱗メダカ

横からみると(1匹撮影し忘れました…)
横見のパンダ系朱赤三色透明鱗メダカ

パンダ系朱赤三色透明鱗メダカ
あれ?

2匹とも目の周りが黒くない

けど

腹部の”ギラギラ”は、上から見て、パンダ系に見えないメダカと比較すると…。

▼パンダ系にみえない朱赤三色透明鱗メダカ
目の周りが黒くない朱赤三色透明鱗メダカ
薄くなって、黒くなってるようにも見えます

(; ̄^ ̄)ん~

まとめ

ホホが透けているメダカ=透明鱗メダカ

ということは、メダカの本などで理解していたのですが、

同じ透明鱗メダカでも…

▼朱赤三色透明鱗メダカ
パンダ系の朱赤三色透明鱗メダカ

▼朱赤三色透明鱗メダカ
朱赤三色透明鱗メダカ
この2つを並べられて

“どちらも透明鱗メダカだよ”

と言われたとき

なんの疑問を抱くことなく「ホントですね」って答えたら

…。

確かにどちらのメダカも、鱗が透けて、エラ蓋が透けているので、透明鱗メダカでしょとなるのですが、

“どこか”、”なにか”、違うような気がするというのが本音じゃないでしょうか(僕はそうでした…)

でも、

その違和感に気がつくことができないのは

”透明鱗メダカ”の中にも

数多くのタイプが存在しているので、分かりにくい

んだと思います。

本当は、朱赤三色透明鱗メダカも

●パンダ系か。
●そうじゃないか。

で、選別することができて、

そのパンダ系のメダカの中にも

●目の周りの色が違うメダカもいる。
●腹部が異常に透けているメダカもいる。

これだけ枝分かれしている透明鱗メダカを、”三色模様の良し悪し”だけで、朱赤三色透明鱗メダカとして管理されている。

としたら、

”違和感”を感じても不思議ではなさそうです

もちろん、朱赤三色透明鱗メダカの最終目標は

綺麗な朱赤と白と黒の三色模様に変わりはないので、そういうことはあまり考えなくても良いのかもしれませんが、

いったい”どのタイプのメダカ”を交配していけば、

綺麗な三色模様のメダカが完成するのか?

無関係ではない気がします(´Д`|||)

最後に

メダカで”違和感”を感じたら、本やブログなどで調べることも大切ですが、

いつもとは少し違う視点からメダカを観察したり比較してみると

本やブログで”当たり前に説明されていること”が

「なるほど」

と納得できるような体験ができるかもしれませんよ

我が家の奥様は、感覚的に三色メダカを選別してるから、答えが出るのは、まだまだ先かもしれませんね(×∀︎×๑ )

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。