アルビノシースルーメダカ

大間違いしてた。メダカのスケルトンとシースルーと透明鱗の違いとは。

スケルトンとシースルーの違いって何??

全ての始まりは、2016年5月に確かに、アルビノシースルーメダカといって購入したメダカから産まれてきた、アルビノシースルーメダカ(ホホ透けなし)を記事にしたところから始まります。

頬が透けていないアルビノシースルーメダカ

頬が透けていないアルビノシースルーメダカの特徴

この写真のメダカを見たときに、ひろしゃんが感じたのは、

  1. 透明鱗メダカスケルトンメダカシースルーって何が違うのか?
  2. 透明鱗メダカではないメダカ。という事は、非透明鱗メダカなのでは??
  3. なぜ、透明鱗メダカ特徴である、ホホが透けていないメダカが産まれてくるのか??
  4. 頬が透けていないアルビノシースルーメダカは、アルビノシースルーメダカと呼ばないのか?

そんな記事を書いたところ(現在は、削除してます)、うめぼしさん。という方から、

スケルトンとシースルーの違い

透明鱗と非透明鱗

についてコメントを頂きました。

そのコメントを読み進めていくと、「以前の記事で、写真のアルビノシースルーメダカが非透明鱗と書いていた記事が間違い」であったり、「スケルトン」と「シースルー」の違いについても多くのアドバイスをいただくことが出来ました。

今回は、そんな分かりくい、スケルトン、シースルー、透明鱗、非透明鱗、アルビノなどの用語が、メダカの世界でどう使われているのか、ひろしゃんなりに解説していきます

①透明鱗=スケルトン=シースルー

結論から言うと

透明鱗メダカ別名スケルトンメダカと呼び、スケルトンメダカよりも透き通ったメダカシースルーメダカと呼ぶそうです。

透明鱗メダカ=スケルトンメダカ

そして、

透明鱗メダカ=シースルーメダカ

ということは、我が家で飼っているスケルトンパンダメダカは、

スケルトンパンダメダカ2018年春産まれ

別名で言うところの、透明鱗パンダメダカになります。

確かに、この前提を知らなければ、全て、間違うはずです

でも、

ひろしゃん
ひろしゃん
透明鱗=スケルトンでありながら、透明鱗=シースルーとする理由はなんだ??となりませんか??

そこで、カギを握るのが、アルビノメダカ

アルビノメダカというのは、先天的にメラニン色素が欠乏していることにより、瞳孔が毛細血管の透過により赤く見える品種(メダカ)そして、通常の場合、アルビノメダカの鱗は普通鱗なのですが、このアルビノメダカに、透明鱗メダカを交配させ、エラ部分の虹色素胞が欠乏して、赤い目と赤い頬を持つ特徴があるメダカを作りたい。と、誕生したメダカが

アルビノ透明鱗メダカ(アルビノスケルトンメダカ)

です。

そして、このアルビノ透明鱗メダカから、アルビノの特徴をさらに生かして、もっと体が透けている特徴を持つように(体内、目の周り、血管まで透けている個体)交配や選別を繰り返したメダカが、

アルビノシースルーメダカ

です

▼2018年のアルビノシースルーメダカ
アルビノシースルーメダカ

シースルーという意味を、透明度で言えばスケルトンの先の透明度。と考えるとすっきりします。

今回登場したメダカの鱗を、まとめると…

透明鱗=スケルトン=シースルー
透明度=→弱→→→→→→強→→

こういうことなります。そして、そこにアルビノ種が交配されることにより…。

アルビノ種のメダカ
普通鱗 透明鱗 シースルー
透明度=無→→弱→→→→→→強

こういうことができます。

シースルーメダカになると、目の周りが透けていたり、腹部が透けていたり、血管まで見えたりするものを指しているのですが、明確な線引きポイントがないため、ひろしゃんのように言葉だけでメダカを判別しようとすると、どこまでが、スケルトンメダカで、シースルーメダカなのか分からなくなってきます。たくさんのメダカをよく見て、選別していくと答えに辿り着くのではないでしょうか。

  • メダカの鱗は通常、普通鱗と呼ばれている
  • 透明鱗メダカの別名をスケルトンメダカと呼ぶ。
  • スケルトンメダカ(透明鱗メダカ)よりも、細部にわたり透き通っているメダカを、シースルーメダカと呼ぶ。
  • シースルーメダカは、目の周りが透けていたり、腹部が透けていたり、血管まで見えたりするものを選別したメダカたち

②非透明鱗とは透明ではない。ではない。

さて、透明鱗スケルトンシースルー違いは分かってきました。そこで、次に登場するのが、非透明鱗という言葉です。ひろしゃんも、写真のアルビノシースルーメダカを説明するときに、非透明鱗という言葉を使ったのですが、

頬が透けていないアルビノシースルーメダカの特徴

なぜか??

ひろしゃん
ひろしゃん
だって、透明鱗メダカから産まれてきたメダカの頬が透けていない透明鱗じゃない非、透明鱗じゃん!!

という具合です。

だって、透明の反対は、非透明ですよね??

でも、この非透明という使い方も間違っています。

透明鱗メダカも元は普通鱗メダカ

メダカの世界で使われている非透明鱗というワードの使い方を知るために、

どうして、我が家のアルビノシースルーメダカから、頬が透けていない、アルビノシースルーメダカが産まれてきたのか?

を考えてみましょう。

まず、透明鱗ではない、普通鱗のアルビノメダカ同士の交配では、遺伝率が高く、普通鱗のアルビノメダカが産まれてきます。

しかし、

より難易度の高い(出現率の低い)アルビノ透明鱗メダカ×アルビノ透明鱗メダカや、アルビノシースルーメダカ×アルビノシースルーメダカというメダカは、同じ品種同士で交配しても

  • 頬が透けていないメダカ
  • 透明鱗メダカ
  • シースルーメダカ

など、さまざまタイプのメダカが生まれてくるようです。

さて、ここで、産まれてきたのが、頬が透けていないメダカです。このメダカを何と呼べばいいのでしょう??

ひろしゃんのように、透明鱗メダカから産まれてきたメダカの頬が透けていない透明鱗じゃない非、透明鱗じゃん!!と呼んでしまうのは、実は勉強不足のようで、

もともと、メダカの鱗(魚の鱗)は、普通鱗なので、透明鱗メダカから産まれてきた、透明鱗の特徴がないメダカをわざわざ、非透明鱗と呼ぶ必要はなく、それは、普通鱗。と呼ぶそうです。

なので、アルビノシースルーメダカ×アルビノシースルーメダカの交配で生まれた、頬が透けていない我が家のアルビノシースルーメダカ(F1)
アルビノシースルーメダカの稚魚の特徴

は、非透明鱗アルビノシースルーメダカではなく

アルビノシースルーメダカから生まれた、アルビノ種の普通鱗メダカ

もしくは、

アルビノシースルーメダカから生まれた、頬スケの特徴がない透明鱗メダカ

ということになります。では、

ひろしゃん
ひろしゃん
非透明鱗メダカって、なんなの??

というと、簡単に説明すると、

柄モノのメダカを作るアプローチの違いです。

赤いメダカの赤い部分をいち部分でも薄くしていくと、柄モノに見えるのでは?という事で、透明鱗メダカとの掛け合わせで柄モノのメダカを増やしていったなかで、白いメダカの赤い部分をもっと大きくしたら、はっきりとした模様になるのでは?ということで、柄モノのメダカを増やしていったことで、

透明鱗メダカからアプローチしていない柄モノのメダカとして分かりやすくするために、非透明鱗。と表記したのが始まりのようです。

まとめ

どちらも透明を表す表現である、スケルトンシースルーが、透明鱗非透明鱗が、メダカの世界ではどのように使われているのか?に気がつき記事を訂正することができました。

横文字のメダカや、難しい漢字のメダカが増えてくるたび

  • どういう風にメダカを区別しているのか?
  • 何が、どう他のメダカと違うと、その名前になってるのか?
  • 交配したら、同じメダカが産まれるのか?

不思議なことに、明確な答えを知ろうとすればするほど、頭が痛くなります(´Д`|||)

改良メダカの世界は本当に奥が深いです。

うめぼしさん。

本当にありがとうございました(>∀<人)

アルビノシースルーメダカは我が家にいるの??

そういえば、奥様が購入してきたアルビノシースルーメダカから産まれてきた、

アルビノシースルーメダカ(F1)の中に

  1. アルビノ種
  2. ホホが透け
  3. 腹部も透け

いる特徴をもつ、アルビノシースルーメダカを探すのを忘れてました。。。

というより、スケルトンとシースルーの違いを見分けるのには、親のアルビノシースルーメダカを参考にすれば、すぐに終わる事なんですが、もう、手元にいないんです。さらに、写真も撮影していないので、その特徴すら分からないという大失敗。。。

もしかしたら、購入したアルビノシースルーメダカが、アルビノシースルーメダカじゃなかったから、こんなにバラバラなメダカが誕生しているのでは??なんて考えが浮かんでしまう前に、

改めて我が家の「アルビノシースルーメダカ(F1)」を調べてみると
アルビノシースルーメダカの稚魚の透明鱗の特徴

アルビノシースルーメダカの稚魚の特徴

少し拡大

アルビノシースルーメダカの稚魚の特徴

発見しました透明鱗(ホホ透け)メダカ

  • ホホが透けている、アルビノ透明鱗メダカ。
  • ホホが透けていない、アルビノメダカ。

このどちらも産まれてくるということです。

アルビノシースルーメダカの稚魚の特徴

アルビノシースルーメダカというメダカが、

  • 腹部が透けて、内臓が透き通って見えるメダカ

とされていならば、ホホが透けているこのメダカも正確には、

アルビノシースルーメダカとはならず

アルビノ透明鱗  もう少し腹が透けたらアルビノシースルーメダカメダカ

となるんでしょうか(^~^;)

さらに疑問が深くなるのは、スケルトン、シースルー、透明鱗、どのタイプのメダカも主な特徴は、ホホが透けているということなのに、写真で残っている我が家のアルビノシースルーメダカのホホ(エラ蓋)は、透けているように見えないというところ。

なんとも難しいdすね。。。、

そんな、アルビノシースルーメダカ(F1)の中を探していくと、ホホ透けメダカが8匹ホホも腹も透けて見えるメダカが1.2匹。見つかりました

とりあえず、アルビノシースルーメダカの特徴を持ってると思われるこの10匹を別の容器に入れて、

アルビノシースルーメダカ(F1)×アルビノシースルーメダカ(F1)

で交配し、卵を採ることに決定しました。その後、どうなるかはお楽しみです。

メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

Amazonでお買い物するなら

5000円以上をギフト券としてチャージしてからAmazonでお買い物をすると、最大2.5%のポイント還元があるのでお得ですよ
∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

 

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。