冬越しと寒さ対策について

メダカラック(棚)にメダカ容器がない!

春のメダカラック(メダカ置き場)

21日の春分の日から寒い日が続いてます‌

もうそろそろ暖かくなる‌って言いだすと、箱根のほうでは雪が降ったり‌したけど

今日はとても暖かいです(*´∇`*)

これを機に、寒い北風モード‌から、暖かい春の桜‌に変わって欲しいところです‌

変わるといえば…

我が家のメインのメダカ飼育場所のメダカラック(棚)が大きく変化してました‌

▼メインのメダカラック(棚)
メダカラック(棚)
自作のメダカラック(棚)の上にメダカ容器がない‌

去年の夏に、このメダカラック(棚)を作ったときは…

▼2017年夏頃
メダカラック(棚)
向かって左側のメダカラックにはメダカ容器がしっかり乗っています‌

どうしちゃった?

複雑なメダカラック(棚)を単管パイプで製作する!単管パイプでメダカラック(棚)を製作する メダカの出来事を記事にすることばかりに時間を使っていた2017年の7月頃 実は、メダカ...

メダカ容器がない理由

というのも…

春に向けてたくさんメダカの稚魚を迎えいれるための場所確保‌みたいです‌

じゃあ

今までいたメダカはどこに言ったのか?

ってなりますよね‌

1.種親として使う予定の数十匹ほどは別容器に入れて室内管理中

▼2017年の室内での冬越し
冬越し中の室内
コレはそのままキープ‌

2.固定率が上がってきたメダカや経験上冬越しに強い、青幹之や白幹之メダカなどは、外で冬越しをさせていたので

この前、新しく作ったメダカラック(棚)へ移動‌

▼2018年春に制作のメダカラック(棚)
メダカラック(棚)

メダカラック(置場)を移設しながら…メダカラックの移設と微調整 メダカの冬越しが終わり、メダカ容器の水換えを始めた奥様。 いよいよ本格的にメダカシーズンが開幕します...

3段式のメダカラック(棚)っ‌

こうしておけば、メダカの繁殖がピークを迎えても、たくさんのメダカの稚魚が取れても管理できるコトになります‌

ラメ系メダカの新しい稚魚も管理できる

でも、

我が家のような”狭い敷地”だと場所に、限りがあって‌、

孵化させすぎても飼育できる場所がない。ことに…

かといって

固定率が悪いメダカは、数を沢山取らないといけない。

このジレンマにおちいります(lll-ω-)

そう考えると、奥様、これだけの品種をうまく飼育してます(*≧︎∇︎≦︎)

けど、今年は確実に

三色ラメ幹之メダカ、紅白ラメ幹之メダカなどの、大量のラメ系メダカ達‌がいますからね〜

アレもコレもなんて言って卵を取ってると、直ぐに場所がなくなるよ〜(○︎´艸`)

まぁ、知らないうちに、ラメ系メダカ以外の品種が、1.2種類は消えてるなんてことありそうですけど…

現に、白ブチラメ幹之メダカが加入してきましたが、以前まで飼育していた、

白ブチの透明鱗メダカはいつのまにか見かけなくなりました(*≧︎∇︎≦︎)

楽しみにしたら叱られますが、

今年は

●どのメダカが増えて。

●どのメダカが見なくなるのか?

どうなるのか楽しみです‌

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。