エビオス錠を使えば、大容量の光合成細菌(PSB)も培養できます!

2019年1月から、メダカの針子の餌として、光合成細菌という微生物の培養に挑戦してみたひろしゃん(๑•̀ㅁ•́๑)

今回は、

エビオス錠を80錠

使って、光合成細菌を、20L培養した記録について書いていきますよ〜
⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

memo

「PSB」という名称ですが、株式会社サンミューズさんの登録商標です。この記事では、光合成細菌の説明をしやすくするため、より多くの方に馴染みのある、「PSB」という名前を使っております。

目次

エビオス錠で光合成細菌(psb)の作り方

光合成細菌(psb)と、水と、エビオス錠の割合

さっそく、光合成細菌(PSB)を増やすための準備から始めていきますが、前回、1.5Lの光合成細菌(PSB)を培養させた時に準備した材料が

  • 光合成細菌 100ml
  • エビオス錠 4錠
  • 水道水 1,400ml

だったのですが、培養開始から、2週間しても、

ひろしゃん

臭いは、光合成細菌だけど、色が、赤くない。。。

培養後、2週間の光合成細菌

▼光合成細菌
光合成細菌の作り方(PSB)

という、失敗をしました…。実は、この失敗の原因は、光合成細菌(PSB)を培養するのに必要な、光合成細菌(PSB)と、水の割合を間違えていました。ので、もう一度、光合成細菌(PSB)を培養するのに参考にさせて頂いた記事(光合成細菌の培養方法と期待する効果について)を読み直して、培養に必要な材料を準備します。

光合成細菌(psb)の増やし方

  • 光合成細菌(psb)が、0.1Lに対して、
  • 水道水を、1L
  • エビオス錠を、4錠

今回は、水が、20L入るビニールバック光合成細菌(PSB)を培養していきますので、

▼20L入るビニールバック光合成細菌の作り方(ビニール容器)

光合成細菌(PSB)を培養するのに必要な材料を計算すると

準備するもの

  • 20Lサイズのビニールバック
  • エビオス錠 80錠
  • お湯 2L
  • 水道水 16L
  • 光合成細菌(種液) 2L

驚くなかれ、今回、光合成細菌(PSB)の餌として使う予定のエビオス錠の量は、

エビオス錠

80錠

と、とんでもない量になっています。もし、これだけの量のエビオス錠を水の中に入れたとき

ひろしゃん

ちゃんと、溶けるのだろうか?

前回、光合成細菌(PSB)を培養したとき、ペットボトルの底に、エビオス錠の溶け残りがあったので、毎朝シェイクしていたことを思い出すと、

もし、水道水に、80錠のエビオス錠を直接入れたら、

ひろしゃん

エビオス錠が溶けるのだけで、2週間かかりそうじゃない??

と、不安しかないので、今回は、準備するものリストに

お湯 2L

を、付け加えたところがポイントになります。

エビオス錠を先に溶かす

さて、前回の約10倍の量を作ることになるので、今回は前回の培養方法の手順を工夫して、まず、最初に、

80錠のエビオス錠を、ビニールバックの中へ

入れていきます。

▼エビオス錠エビオス錠

そうしたら、ここで、16Lの水道水を入れるのではなく、

お湯 2L

を入れていきます。

こうすることで、光合成細菌(PSB)の餌になる、

エビオス錠を先に全部、溶かしてしまいます。

そのあとで、残りの水道水16Lを入れたら、エビオス水溶液の完成(๑´∀︎`๑)

光合成細菌の作り方(エビオス錠)

エビオス錠を使って光合成細菌の培養をするのであれば、増やす量に関係なく、お湯を使って、

エビオスの水溶液

を作っておいてから、光合成細菌を入れると、「エビオスの残りかす」が気にならずに、済みます。

こうして作った、エビオス水溶液の中へ、光合成細菌 2L

▼光合成細菌

光合成細菌の作り方

を流し込んでいきます。

光合成細菌の作り方(エビオス錠)

もちろん、最後に、空気をできる限り抜いて

光合成細菌の作り方(PSB)

光合成細菌の仕込みは、終了!

この作業で、

  • エビオス錠が、80錠
  • 光合成細菌が、2L

入った、20Lの光合成細菌のビニールバックが完成しました

光合成細菌の作り方(PSB)

さて、あとは、

光合成細菌という名前からして、

光合成細菌(PSB)が増えるために、太陽の光を当て続けるのみ。

ですが、どうやっても、我が家では、

1日中、太陽の光が当たる場所がない(; ̄^ ̄)

そこで、今回の20L光合成細菌は、実家に置いてきました(๑´∀︎`๑)

培養中の光合成細菌(PSB)

培養開始1週間後の様子

▼培養後の光合成細菌光合成細菌の作り方(PSB)

(;・∀︎・)ハッ?

培養中の光合成細菌に全く、色合いに変化なし…。

少し、寒いのかも…と思い、室内に入れて、再び、1週間放置

培養2週間後…

▼培養後の光合成細菌光合成細菌の作り方(PSB)

(|||oロo)|||

(ダメだ。コレは絶対に失敗してる)

奥様

2月だと、気温が低くて、寒いから、上手く培養できないんじゃない??

まさか…。培養最初の1週目こそ、屋外でしたが、培養から2週目からは、

ひろしゃん

日当たりの良い室内に入れておいたのに、まだ、足りないというのか!!

思い返せば、光合成細菌(PSB)を培養するときは、

水と光合成細菌の割合はシビア

太陽光は必須。

そして、追加項目として

温かくないといけない。

って

我が家の奥様よりも、要望が多いじゃないか、光合成細菌っ!!

光合成細菌(PSB)を太陽に当てて、加温する

こうなったら実家に置いてあったビニールシートを引っ張り出して…、

光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

ビニールハウスを設置!!

その中に入っているのはもちろん…光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

今回、仕込んだ光合成細菌と、前回、仕込んだ光合成細菌(*>人<)

何がなんでも成功させたいっ(*」>д<)」

そんな気持ちの表れは、直に土に触れても寒さが伝わらないように、光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

発泡スチロールを置いてから、光合成細菌を置く。

今回の培養は、本気です(●︎`^´●︎)

期待も大きく、ミニビニールハウスは、セットしている最中から、すでに

超温かいっ!!

もう、

ここまでやって、増えないなんてことないよね(´Д`|||)

作業中についた、お決まりのひっつきむしも、慣れてきました(^~^;)ガサガサ活動

あわせて読みたい
2018年のガサガサ活動は、カメを捕まえて、池の水を抜いて、貝を掘る‼ 2018年も、奥様と色々な場所で、ガサガサ活動してきました。そんな2018年のガサガサの活動記録を振り返ってみると…。 [ptimeline color="green"] [ti label="2018年3月"...

培養3週間目

光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

ビニールをめくってみると…光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

少し角度をかえて撮影すると…。光合成細菌の作り方(ビニールハウスで加温)

かなり赤くなってることに気が付きます(๑˃͈꒵˂͈๑)

まとめ

2019年1月から、光合成細菌の培養に挑戦して、

  • 光合成細菌の混ぜる割合とか。
  • 太陽の光とか。

を、工夫してみた結果

光合成細菌を培養(増やす)するコツを、まとめるなら

光合成細菌を、温かくしないと、増えないかも

なぜなら、ビニールハウス内で加温管理し始めたら、急に、真っ赤な光合成細菌に変化しましたからね(*´艸`*)

でも、正直、

冬場の間にたくさん作り置きできないかな。と考えてたけど、この寒さでは、厳しいかな(^~^;)

次の光合成細菌の培養は、暖かかくなりだした、5月頃かも…。(๑´∀︎`๑)

その後の光合成細菌の培養

2019年の1年間、光合成細菌を培養して、メダカの針子のエサに与えてきましたが、エサとして、針子を増やす効果よりも

飼育水が痛んで、針子の数が減る

ことのほうが、多くなったため、2020年以降、光合成細菌をメダカの針子に与えることは、止めました。

メダカの餌についての記事
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる