光合成細菌

再び光合成細菌の培養。今回は大容量で、加温してみた!!

2019年1月から新しく、光合成細菌という微生物の培養に挑戦してみたひろしゃん(๑•̀ㅁ•́๑)

光合成細菌??成功??という方は、過去記事から

光合成細菌
光合成細菌を培養(増や)してみた。光合成細菌とかいう、なんだかすっごい微生物がメダカのエサにイイみたい。 光合成細菌とは 光エネルギーを用いて水素や硫化水素と二酸...

まぁ、前回の光合成細菌の培養成功経験を活かして

 

量産してみることに挑戦してみようかと∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

 

ということで今回は、

 

光合成細菌を、20L

 

培養した記録について書いていきますよ〜
⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

光合成細菌培養の準備

まずは、光合成細菌を増やすための準備から始めます(`☆︎ω☆︎´)

前回、1,500mlの光合成細菌を培養させた時の失敗をもとに、光合成細菌と水道水の割合いを変更しました。

準備するもの

前回、光合成細菌を培養した時は

  • 光合成細菌 100ml
  • エビオス錠 4
  • 水道水 1,400ml

で、培養をスタートしたのですが、培養して、2週間ほど経つと、

臭いは光合成細菌なんだけれど、色味が思っているよりも、赤くない。。。

▼光合成細菌
光合成細菌の培養(1月17日)

▼元の光合成細菌
光合成細菌

本来、光合成細菌を培養するのに参考にさせて頂いたブログ記事(光合成細菌の培養方法と期待する効果について)によると

  • 光合成細菌が0.1Lに対して、
  • 水道水を、1L
  • そこにエビオス錠を、4錠

と記してありますので、

今回は、しっかりとマニュアルを読み直し

光合成細菌 2L

▼光合成細菌

20L入るビニールバックに、水道水 18L

▼ビニールバック
光合成細菌(培養するための道具)

エビオス錠 80錠

▼エビオス錠
光合成細菌(エビオス錠)

の割合いでスタートしてみます(*´∀︎`*)

光合成細菌を培養するのに準備した材料割

  • 光合成細菌 2L
  • 水道水 18L
  • エビオス錠 80錠

sponsered link


光合成細菌の仕込み

さて、光合成細菌を培養するために準備した、元の光合成細菌、ビニールバッグ、エビオス錠を、

入れる順番ですが、

1.水道水18Lを40度のお湯にして、ビニールバックに入れます。

2.その後、エビオス80錠を投入。


光合成細菌(培養準備)

これで、エビオス水溶液の完成(๑´∀︎`๑)

2時間ほどそのまま放置した後に、

光合成細菌を2L、投入


光合成細菌(培養準備)

もちろん、最後に、空気をできる限り抜いて

光合成細菌

光合成細菌の仕込みは、終了!
sponserd link

太陽の光が必要か

前回の失敗は、

仕込む割合が、悪い。

のは言うまでもありませんが、

 

太陽光が全く当たっていなかった。

 

という可能性があるかもしれません(。-`ω´-)

光合成細菌という名前からして、

 

光合成細菌が増えるためには、やっぱり、太陽の光は欠かせないのでは?

 

しかし

どうやっても、

 

我が家では、1日中太陽の光が当たる場所がない。んですよね(; ̄^ ̄)

 

そこで、今回の20L光合成細菌は


光合成細菌(培養準備)

実家に置いてきました(๑´∀︎`๑)

 

仕込みの割合は、間違いないし、 日当たりもバッチリ!

 

次こそは、真っ赤な光合成細菌になるはず(`☆︎ω☆︎´)

光合成細菌の経過

培養1週間後

▼培養後の光合成細菌
光合成細菌(培養1週目)

(;・∀︎・)ハッ?

 

全く、色合いに変化なし…。

 

少し、寒いのかも…

と思い、室内に入れて、再び、1週間放置

培養2週間後…

▼培養後の光合成細菌
光合成細菌(培養2週目)

(|||oロo)|||

(ダメだ。コレは絶対に失敗してる)

と思ったとき、

奥様が

 

やっぱり気温が低くて寒いから、上手く増えないんじゃない??

 

と。

培養最初の1週目こそ、屋外でしたが、培養から2週目からは、

日当たりの良い室内に入れておいたのに、まだ、足りないというのか!!

培養させる割合はシビア。

太陽光は必須。

そして、

温かくないといけない。

って

 

我が家の奥様よりも、要望が多いじゃないか

 

光合成細菌っ!!
sponsered link


光合成細菌を加温する

こうなったら


光合成細菌(ビニールハウス)

穴を掘って、


光合成細菌(ビニールハウス)

実家に置いてあったビニールシートを引っ張り出して…


光合成細菌(ビニールハウス)


光合成細菌(ビニールハウス)


光合成細菌(ビニールハウス)

 

ビニールハウスを設置!!

 

その中に入っているのはもちろん…

光合成細菌(ビニールハウス)


光合成細菌(ビニールハウス)

今回、仕込んだ光合成細菌と、前回、仕込んだ光合成細菌(*>人<)

 

何がなんでも成功させたいっ(*」>д<)」

 

そんな気持ちの表れは、直に土に触れても寒さが伝わらないように、

光合成細菌(ビニールハウス)

発泡スチロールを置いてから、光合成細菌を置く。

 

今回は、本気です(●︎`^´●︎)

 

期待も大きく、ミニビニールハウスは、セットしている最中から、すでに

 

超温かいっ!!

 

もう、

ここまでやって、増えないなんてことないよね(´Д`|||)


光合成細菌(ビニールハウス)

お決まりのひっつきむしも、慣れてきました(^~^;)

光合成細菌の培養は成功したか?

sponserd link

培養3週間目


光合成細菌(培養中)

ビニールをめくってみると…


光合成細菌(培養中)

少し角度をかえて撮影すると…。


光合成細菌(培養中)

かなり赤くなってることに気が付きます(๑˃͈꒵˂͈๑)

まとめ

2019年1月から、光合成細菌の培養に挑戦して、

光合成細菌の混ぜる割合とか。

太陽の光とか。

を、工夫してみた結果

光合成細菌を培養(増やす)するコツを、まとめるなら

 

光合成細菌を、温かくしないと、増えないかも(×∀︎×๑ )

なぜなら、ビニールハウス内で加温管理し始めたら、急に、真っ赤な光合成細菌に変化しましたからね(*´艸`*)

でも、正直、

冬場の間にたくさん作り置きできないかな。

と考えてたけど、この寒さでは、厳しいかな(^~^;)

次の光合成細菌の培養は、暖かかくなりだした、5月頃かも…。(๑´∀︎`๑)

☆このブログの楽しみかた☆
  1. 自己紹介の記事からスタート( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
  2. サイトマップを開いて、好きな記事を見つけて楽しく、笑いながら読み進める(๑˃͈꒵˂͈๑)
  3. TwitterLINE@の読者登録をしたら、ひろしゃんと奥様の『メダカブログ』を楽しむ準備万全(*´艸`*)
  4. 気づいたことや、ブログの感想を、記事下にあるコメントを送るから、ひろしゃんに送る(((*≧︎艸≦︎)

TwitterLINE@の読者登録は

Twitter @hiroshanmedakaから
LINE@ メダカの果てまでイッテQから

青い文字をクリックしたら、登録できます。*❀︎(。◕︎ˇ∀︎ˇ◕︎人)❀︎

友だち追加
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村



コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。

今日はどんなコメントがあるかな?楽しみにお待ちしています(*´▽︎`*p♡︎q