未分類

ブロンズからアルビノ種のメダカが産まれてきたけど、、、

ブロンズメダカから産まれて来るアルビノ種のメダカ

2020年は、

紅薊メダカから、アルビノ

と、

全身体内光メダカからアルビノ

が、産まれてきていて、

https://hiroshan-medaka.com/archives/2020/09/26/20269/

全身体内光メダカの黒タイプ(黒百式)2020年春産まれ
2020年の全身体内光メダカは、黒いタイプからアルビノタイプまで出現‼2020年の全身体内光メダカの飼育日記 黒百式表現の全身体内光メダカに惹かれる 全身体内光メダカから出てきた、黒色の全身体内光メダカ...

とーーーっても、アルビノ種のメダカが増えました😅

アルビノ種のメダカというと、長い間、アルビノシースルーメダカを飼育していたのですが…

アルビノシースルーメダカの採卵終了。事実上の…我が家のメダカ飼育で唯一の存在だった アルビノシースルーメダカ このメダカからは、色々と学ばせてもらいました(*´꒳`*) ...

なかなか、アルビノ種のメダカに、「人気の火」がつかず、気がつくと、世の中、

ラメ幹之メダカ✨ばかりになって…

奥様も、その流れに乗って、

あえなく、アルビノ種のメダカは、引退( ̄▽︎ ̄;)

そんな中、2020年は、さらに、ブロンズというメダカから、

 

アルビノ種のメダカが

 

わずかですが、出てきてるみたいです(*≧︎∇︎≦︎)

ブロンズから産まれてきたアルビノ

いや、いや、もう、アルビノは、イイって(^~^;)

とは言え、

あの、人気の品種ブロンズから産まれたアルビノだけに、

 

気には、なる(*´▽︎`*p♡︎q

ブロンズアルビノ=王妃とは、違う

このブロンズというメダカから出てくるアルビノ種ですが、

どうやら、王妃と呼ばれる、人気のアルビノ種のメダカと、よく似た特徴があるのですが、どうやら、

近いようで、違う。

みたいです。

王妃と呼ばれるメダカは、

ブロンズ×アルビノ幹之メダカ

 

特徴をまとめると

  1. 鱗血統と呼ばれる、体外光が1枚、1枚光る特徴がある(鱗光表現)
  2. ヒレの先が、ぐるりと輝く、一周光の特徴がある
  3. 垂水ロングフィンの血を引き継いでいる(ヒレ先が伸びる)

以上のことから、鱗光やブロンズから生まれてくるアルビノは、王妃とは、呼ばないそうです。

 

なーーるほど。

 

とは言え、

ブロンズから、出てきた、アルビノ種を、このまま放置しておくのも、もったいないので、来年以降は、きっと累代飼育していくと思うのですが、さて

どんな特徴に向かって、選別していこうか?
ブロンズから産まれてきたアルビノ

と、なると、

きっと、奥様も、ブロンズの特徴が出るように

  1. 鱗血統と呼ばれる、体外光が1枚、1枚光る特徴を持つメダカを選別。
  2. 色は、白いタイプは、ひろしゃんが、好きで、黄色いタイプは、奥様が好き。なので、多分、白いけど、黄色いタイプで、選別。
  3. ヒレ先はなるべくギラギラしたメダカを選別

していくと思いますが…。

果たして、こうして選別したメダカは

 

何メダカになるのだろうか(´Д`|||)

 

なんて、疑問もありますが、

まぁ、奥様、間違いなく途中で、累代するのを止めると予想(*≧∀≦*)

奥様
奥様
鱗光表現が出ない!
奥様
奥様
ヒレ光にならない!

と言って、1年後に「王妃」を購入する未来図しか見えないのは、ひろしゃんだけでしょうか…😅

ひろしゃん
ひろしゃん
王妃と、ブロンズのアルビノって何が違うの?
奥様
奥様
はぁ?全然、違うじゃん‼️

 

うん。2つの違いについては、その時、奥様からしっかりと、教えてもらうことにしようかな(○︎´艸`)

まずは、ブロンズから出た、アルビノ種を頑張って、増やして行く予定の奥様でした(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

オリジナルステッカーを作るなら

  • デザイン作成費は、3,000円
  • デザインをお持ちの場合、メールで送るだけ
  • データ入稿などの難しい作業は、ナシ。
  • 配送料は、無料


無料
お店のHPを見る

お問合せ:単品屋から

ご注文前のご相談もお気軽にお待ちしております

コメント一覧

  1. みってぃ より:

    こんばんは❗みってぃです
    ブロンズのアルビノ
    カッコいいですね
    うちでも生まれてくれないかな~(笑)
    また来年が楽しみです
    加温はしないけど
    屋内に5品種くらい居てました

    • みってぃさん。こんにちは(๑˃͈꒵˂͈๑)

      ブロンズのアルビノですが、色合いがなんともイイですね(*≧︎∇︎≦︎)
      紅白ではないんでしょうが、やや色づきながらの鱗光表現に、ワクワクしております(*´▽︎`*p♡︎q
      加温は、意外と手間がかかる割には、上手くいかない。と、ぼやくことが多いみたいなので、まずは、室内に入れた品種を無事に冬越し頑張りましょう(๑´∀︎`๑)

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。