全身体内光(百式メダカ)

全身体内光メダカ(百式)の固定率が高め&黒百式とは??(2019年まとめ)

2019年の全身体内光メダカ

今日は、全身体内光メダカの紹介(๑˃͈꒵˂͈๑)

全身体内光メダカは、別名、透明鱗幹之メダカや、百式と呼ばれることがあり、その最大の特徴は、

体の内側が光って見えること

ワケあり?産卵しない全身体内光メダカが新加入。全身体内光メダカ(百式メダカ)とは やっぱりいつかは加入すると思ったと思ったけど ▼塩浴中 お盆休みの間で全身体内光メダカ...

「綺麗なメダカだなぁ」というより、「凄いメダカ」と感じるひろしゃんは、

神秘系のメダカ

と題して、過去、何度か紹介しているメダカで、

ひろしゃんは、神秘的なメダカは、好きなほうです(*´▽︎`*p♡︎q

メダカ飼育をしている人たち全てに愛されている品種か?

となると、何とも微妙で(p´Д`;)

好き嫌いが出てしまう品種かも。

我が家の奥様はというと…。

“まぁまぁ好き”

という感じでしょうか(^~^;)

一応、2019年も採卵する予定で冬越しさせていましたからね。

さて、全身体内光メダカが冬越しすると、こんな感じになります


冬越し後の全身体内光メダカ


冬越し後の全身体内光メダカ

光が反射してみにくくてすみません(; ̄^ ̄)

でも、

奥様が言うには

「ほぼ、完璧な仕上がり!!」

とのこと。

確かに、パッと見ただけで、体の内側が、頭から尻まで光っているメダカばかり( *ˊᵕˋ)✩︎‧₊

春先には、どの全身体内光メダカをペアリングしようか、

良い意味で、悩むと思うほどの出来栄えです(((*≧︎艸≦︎)

全身体内光メダカの光り方といい、三色ラメ幹之メダカの三色模様といい、

本当にメダカって、不思議ですよね。

寒い冬を越しただけなのに、こんなに変化があるとは(。-`ω´-)

全身体内光メダカは、数も、出来栄えも、この状態であれば、2019年は、維持していく方向で決まりかな(*´艸`*)

2019年に採卵する体外光タイプのメダカは、青、黒、白、緑ぐらいかな(๑˃͈꒵˂͈๑)

さて、次は、

どのメダカを記事にしようかなぁ〜(・ω・。≡︎。・ω・)

昨日が、緑光メダカでしたので、そこから近いメダカを考えると…。

2018年産の緑光メダカ
緑色のメダカ。では、ないのか?緑光幹之メダカの種親種親メダカの棚から、ラメ幹之メダカを探す作業の前に…。 青幹之メダカ、黒幹之メダカ、白幹之メダカと、記事にしてきた http...

体の内側が光ってる

 

全身体内光メダカ(百式)

 

なんてどうかな〜


2018年産の全身体内光メダカ(百式)
スケスケじゃん∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

緑光メダカを見てから、全身体内光メダカ(百式)を見ると、ホントよく似てますよね(๑´∀︎`๑)

▼緑光メダカ
2018年産の緑光メダカ

▼全身体内光メダカ(百式)
2018年産の全身体内光メダカ(百式)
と言っても

  • 緑光メダカは、背中の体外光と、エメラルドグリーン色。
  • 全身体内光メダカ(百式)は、体外光はなく、全身に渡って、体内部の透け感を重視した選別。

メダカとして、向かうゴールが違います(๑´∀︎`๑)

 

また、

奥様は、基本的に難しい交配はしていないため、

 

累代飼育

と、

選別作業

で、

 

写真の全身体内光メダカ(百式)にたどり着いています(*´▽︎`*p♡︎q


2018年産の全身体内光メダカ(百式)
2019年の全身体内光メダカ(百式)の種親が、完成系かも*ˊᵕˋ)੭

というのも、

iPhone8のカメラで、このレベルの写真がバンバン撮影できちゃうあたりが、まず、

 

文句ナシ

 

さらに、

固定率も高くなり、採卵のほうは、あまり数をとらなくても、このレベルの全身体内光メダカ(百式)を維持できるみたいなので、メダカラック(棚)やら、エアレーションなどの、設備費用がなくなることは、家計に優しいです。

って、全部、

 

ひろしゃん目線ですけどね(((*≧︎艸≦︎)

黒い全身体内光メダカ(百式)の種親

さらに神秘系メダカの1つ、全身体内光メダカ(百式)を撮影したついでに、

 

同じ全身体内光メダカ(百式)から出てきた

 

黒色の全身体内光メダカ(百式)

 

も、見つけたので撮影(๑˃͈꒵˂͈๑)

黒い全身体内光メダカ(百式)過去に、黒い全身体内光メダカ(百式)について書いたことがあるのですが、

https://hiroshan-medaka.com/archives/2018/09/12/2829/

黒い全身体内光メダカ(百式)とは

▼黒い全身体内光メダカ(百式)2018年秋

▼黒い全身体内光メダカ(百式)2018年秋
黒い全身体内光メダカ(百式)

体の内側が透けているのに、外側はなぜか、ギラギラしている。

さらに、

体は透明なはずなのに、なぜか、黒く見える

そんな特徴のある全身体内光メダカ(百式)を、神秘系メダカの1つとして我が家では管理しています(๑´∀︎`๑)

と言っても、黒い全身体内光メダカ(百式)歴史は、意外と浅く(我が家での飼育歴)て

2018年の秋頃に、全身体内光メダカ(百式)の親候補を選別していたら、全身体内光メダカ(百式)から出てくる、黒百式と言われるタイプのメダカに進みそうだったので、10匹程度のメダカを冬越しさせたばかり(*≧︎∇︎≦︎)

そして、無事に冬越しできましたので、2019年に初採卵となります*ˊᵕˋ)੭

産まれてくる稚魚が、

黒い全身体内光メダカ(百式)なるのか?どうか?

は、これからの楽しみですが、

ひと冬越した、種親の全身体内光メダカ(黒百式)の

上見と、横見の

 

ギャップ

 

が、どのくらい成長したのかは、今すぐに楽しめそうです(๑˃͈꒵˂͈๑)

▼冬越し後の黒い全身体内光メダカ(百式)
黒い全身体内光メダカ(百式)

成長した黒百式(2020年4月頃)

新型コロナウィルスが全国的に拡大しているため、2020年4月は、ステイホームということで、全身体内光メダカの百式の中から生まれてきた

全身体内光メダカ(百式黒タイプ)2020年春撮影

黒いタイプのメダカ

を見て過ごしましょう

とにかく、上から見ただけで、選別できちゃうくらい、特徴的なメダカです。

全身体内光メダカ(百式黒タイプ)2020年春撮影

このメダカたちを、

黒百式と呼んでいいのかな?

一応、今後も、体の中が透けて見えるけど、黒いタイプの全身体内光メダカで、交配を続けていくみたいです😁

ちなみに、背中にある体外光は、乗ってないタイプにしたいみたいです👍

全身体内光メダカ(百式黒タイプ)2020年春撮影

なぜか?というと、

全身体内光メダカ

だから。なんだって〜

全身体内光メダカ(百式黒タイプ)2020年春撮影
全身体内光メダカ(百式)の違いと特徴(2018年まとめ)全身体内光メダカと黒百式メダカの2タイプ 2017年秋頃生まれの全身体内光メダカ 全身体内光メダカ 百式メダカ 幹之透明...

それにしても、全身体内光メダカって、メダカとは思えない不思議な表現のメダカですよね(*≧︎∇︎≦︎)

 

黒いタイプは、特にですけど😁

まとめ

全身体内光メダカは、

百式と呼ばれる、体全体が透き通ったタイプのメダカ

黒百式と呼ばれる、黒味がかりながら、透き通るタイプ

の2タイプで飼育中。

メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

Amazonでお買い物するなら

5000円以上をギフト券としてチャージしてからAmazonでお買い物をすると、最大2.5%のポイント還元があるのでお得ですよ
∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

 

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。