冬越しと寒さ対策について

メダカを冬越しさせる施設。ビニールハウス。

冬越しの準備

10月に入ってから、朝と夕方は半袖で活動するのが困難になるくらい寒くなってきました

屋外飼育がメインの我が家だと、メダカ達の動きが冬眠の準備をして鈍くなってくる今が、

最高の撮影チャンス

だったりします

やはり弱っている時期に、メダカの出し入れをすると

飼育担当(奥様…)に叱られる為、現在、自粛中です

なかなか退屈な日々が続いています

退屈なのは僕だけで、この時期から、冬眠の準備をしているメダカの為に、

メダカ飼育をする奥様は、上手くメダカを冬越しさせるため準備をしなければなりません。

メダカの冬越しが難しい。と言われてる理由の1つに

屋外飼育による水温の変化

があると思います。

梅雨の時期や夏場に長雨が続くと、メダカが大量死することがありますが、その原因の1つも、飼育容器に雨が継続的に入ることによって起こる水温の変化だと思われます。

冬越しはビニールハウス??

そこで、

水温を一定に保ちながらメダカを屋外飼育で冬越しさせようとした時

 

あると助かるモノが…

 

ビニールハウス
メダカの冬越しビニールハウス
です。

ビニールハウスと聞くと、農家の大規模なビニールハウスをイメージしますが、写真のようにコンパクトで使いやすいビニールハウスがあると奥様言ってました

主に夏野菜を冬でも収穫できるようにと建てられることが多いビニールハウスですので、少々、太陽光が当たりにくい場所でも、その中がポカポカなことは間違いないはずです

家庭用ビニールハウスですが

大きさは
●畳2枚分の1坪(約4㎡)から畳10枚分の5坪(約16㎡)

価格は
●15,000円~50,000円

広い庭でメダカ飼育を楽しんでいて、冬越しに悩んでいる人からしたら、力強い冬越しアイテムになります

ただ問題点は

設置費用が高い…

メダカの冬越しのために、15,000円って。

ちょっといい石油ストーブで人間が暖かくなれる金額ですからね我が家は正直、予算的に苦しいかな

なので、2015年は

室内管理のメダカたちと、屋外にて、プラの板を上に置いてしのぐ方法で冬越しすることになりました

雪も少ない地域なので、10月から2月位までの辛抱です

いつか、ビニールハウスで冬越しかぁ。

いやいや。

一般宅の庭にビニールハウス建てて、中にあるのが野菜じゃなくてメダカだとしたら、

もうメダカ屋さんですよ

奥様、わかってるのかなぁ

メダカの果てまでイッテQ

自己紹介の記事を読めば、このブログが3倍楽しくなります(*≧︎∇︎≦︎)

現在、TwitterLINE@に、公式アカウントを開設してます୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

Twitterのアカウントは
@hiroshanmedakaから

LINE@からの友達登録は、
友だち追加
から、登録よろしくお願いします。

メッセージは、 “コメントを送る” から送信してください。楽しみにお待ちしております(๑˃͈꒵˂͈๑)



コメント一覧

  1. さい より:

    雪、多くないですか?(笑)
    さいの出身は極寒なのに雪がふらない残念地方で…一度2m積もりましたが。
    愛知に来てから毎年2回は積もりましたよ(笑)
    親めだかはほったらかしです(*´ー`*)

コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。