光合成細菌

3つのコツを押さえて、光合成細菌を培養する。

2019年から光合成細菌の培養に挑戦しているひろしゃんです。

冬場に作った光合成細菌は、色も赤く、臭いもキツかったので、

 

仕上がり具合には、自信あった

 

んですけど

メダカの針子がいない状況では、光合成細菌を使えない日が続き…

20リットル仕込んだ光合成細菌は、

3ヶ月間放置した影響で


光合成細菌

臭いがしない、緑色の液体になってしまいました( ̄▽︎ ̄;)

光合成細菌
光合成細菌の培養に大失敗するも、タダでは転ばないっ!!メダカの赤ちゃんに、光合成細菌を与えることで、 孵化したメダカの生存率を上げて、沢山のメダカを大きくさせることを頑張っている奥様 ...

しかし、

何回か成功と失敗するうち

光合成細菌培養のコツ

 

みたいなのを掴んだ気がしますので、再び光合成細菌の培養に挑戦してみます(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

2週間で光合成細菌の培養

では、これまでの経験と知識を活かして、2週間で光合成細菌を培養していきましょう(๑•̀ㅁ•́๑)✧︎

光合成細菌のエサ

まずは、光合成細菌のエサとして、

エビオス錠を用意


エビオス錠

光合成細菌のエサの割合は

仕込む予定の

 

総量300mlに対して、エビオス錠1錠

 

なので、今回作る量が1,500mlなので

5錠

おまけで、1錠増やしておきました。


光合成細菌の培養
さらに、エビオス錠だけでなく、多分、光合成細菌が増える効果があるかな?と、思う粉を

2種類ほどブレンドして、

光合成細菌のエサとしました。

水と光合成細菌の割合

水と光合成細菌割合は、

 

水4に対し、光合成細菌1

 

の割合で準備


1,200ml

光合成細菌
300ml


光合成細菌の培養
水と光合成細菌の割合で、光合成細菌の量が多くなるのは、大丈夫ですが、基本的に

 

光合成細菌の量が少ないと、光合成細菌が増えるのに時間がかからので注意。

 

水と、光合成細菌を規定量準備したら、

1,500mlのペットボトル容器に、水ではなく

40℃程度のお湯

を入れ、光合成細菌のエサ(エビオス錠)をを入れて溶かしておく


光合成細菌の培養
そこに、

光合成細菌300mlを入れて

光合成細菌の培養

再び

空気が入らなくなるまで、お湯を足し

フタを閉めて終了(*´▽︎`*p♡︎q

光合成細菌の培養

光合成細菌のセット後

  • 光合成細菌のエサ
  • お湯
  • 元になる光合成細菌

を混ぜ合わせ、セットが終わったペットボトルは、

 

必ず、日が当たる場所で、温める。

 

冬場の経験からすると、外気温が10℃では、低いかな。外気温が、20℃以上続く日があれば、なんとか大丈夫。

目安としては、光合成細菌を培養中のペットボトル容器を触ったとき

温かいかな?と感じる程度の環境が理想的。

その状態で、2週間ほど経過すると


光合成細菌の培養
完成です。

光合成細菌を増やすポイント

光合成細菌を増やすポイント、コツがあるとすれば

  • エサと、水と、光合成細菌の割合

そして、

  • 太陽光と温度

ココまでをしっかり守れば、2週間から3週間ぐらいで、光合成細菌は増えます(๑´∀︎`๑)

ですが、

光合成細菌を培養するポイントとして

 

あと3つあげる

 

としたら、

  1. ペットボトル内の空気
  2. 色の濃さ
  3. 臭い

ココに注目!!

1つ目、容器内の空気

まず、光合成細菌を仕込むとき、空気をしっかり抜いて、ペットボトル容器のフタを閉めたつもりでも、実は、空気がうまく抜けないことがあります( ̄▽︎ ̄;)


光合成細菌の培養
ですが、写真ぐらいの空気なら、入っていても全然大丈夫です。

なぜか?というと

光合成細菌を培養開始から、温め続けると、日を追うごとに、ペットボトルが膨張してきます。

それと同時ぐらいに、

1番始めに仕込んだ時にあったはずの

 

気泡がなくなってきます(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

 

なぜ気泡がなくなるのか?は、よく分かりませんが、

気泡がなくなったペットボトル容器のフタを開けると、光合成細菌特有の強烈な臭いがします。

しかし、

2週間を過ぎて、長期間放置すると

培養中にはなかったはずの空気が発生し、光合成細菌の臭いは無くなります。

光合成細菌

もしかすると、気泡がなくなると、

 

光合成細菌が増えてますよ〜の合図

 

かもしれません´ ³`°) ♬︎*.:*

光合成細菌の培養

2週間経過を目安に確認すること。

2つ目、色。

光合成細菌の色に騙されないこと。

あくまで、ひろしゃんが集めた知識ですが…。

光合成細菌の色は、エサの成分によるところが関係していて

 

色が濃いから、光合成細菌が多い。

とか、

光合成細菌がいる。

 

わけではないみたいです( ̄▽︎ ̄;)

仕込んだときより、

 

赤味が強くなってれば、光合成細菌が増えてきてる可能性がある

 

だけ。

色が赤くならないから、光合成細菌が増えていないと、判断しないこと。

3つ目、臭い。

2週間をメドに光合成細菌を培養する場合。

1週間経過したときに、仕込んだ光合成細菌のペットボトル容器のフタを開けてみると

 

光合成細菌がいる場合、強烈な臭いがします。

 

反対に、

強烈な臭いがしない。

場合は

 

光合成細菌がいない。

 

可能性が高くなります。

さらに、光合成細菌培養、2週間経過したら、

 

色ではなく、必ず臭いで判断すること。

 

聞くところによると、

光合成細菌が増えてるとき

と、

増えきった後

では、

臭いが違うみたいですけどね(p´Д`;)

ひろしゃんには、その違いは分かりませんでしたが…。

まとめ

光合成細菌の培養で困ったことは、

 

もう、完成してるのか?

まだ、完成してないのか?

 

この見極めがとても難しいです。

 

なぜなら、光合成細菌は、

培養中の容器内で無限に増え続けるわけではなく一定の数の光合成細菌を、維持しているようです。

そのため

最初に仕込んだエサを食べ尽くすと、光合成細菌も数を減らし、最後はいなくなる。

ようなので、

セットした光合成細菌を長い期間、置いておくと自然にいなくなってしまいます。

そのため、

光合成細菌培養後、2週間をメドに、

 

フタを開け、臭いを確認する。

 

強烈な臭いがすれば、光合成細菌の完成

なので、

 

使ってみるっ(๑•̀ㅁ•́๑)✧︎

 

使い始めた光合成細菌は、直射日光に当てずなるべく涼しい場所で保管し、短期間のうちに使わないと、光合成細菌がいなくなります。

  • 光合成細菌が完成したのか分からない。
  • 光合成細菌を使いだしたら、早く使いきれ

なんだか、面倒くさいエサの感じがしますが、奥様は、

光合成細菌と、ゾウリムシを併用する形で、メダカの針子を成長させています。

今のところ、

 

自家製光合成細菌を使って失敗だ!!

 

と奥様が言ってこないから、可もなく不可もなく。と言ったところかな(*´艸`*)

皆さんのメダカ飼育&光合成細菌培養の参考になれば幸いです(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

☆このブログの楽しみかた☆
  1. 自己紹介の記事からスタート( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
  2. サイトマップを開いて、好きな記事を見つけて楽しく、笑いながら読み進める(๑˃͈꒵˂͈๑)
  3. TwitterLINE@の読者登録をしたら、ひろしゃんと奥様の『メダカブログ』を楽しむ準備万全(*´艸`*)
  4. 気づいたことや、ブログの感想を、記事下にあるコメントを送るから、ひろしゃんに送る(((*≧︎艸≦︎)

TwitterLINE@の読者登録は

Twitter @hiroshanmedakaから
LINE@ メダカの果てまでイッテQから

青い文字をクリックしたら、登録できます。*❀︎(。◕︎ˇ∀︎ˇ◕︎人)❀︎

友だち追加
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村



コメント一覧

  1. 尾張のたー より:

    こんばんは!
    グリーンウォーターが茶色になった場合って水換えは全換えした方がいいんですか?
    よかったら奥様に聞いてください…
    あと天気予報で、平均梅雨明けは7月21日までらしいですが、今年の予測はそれより長くなるみたいです(TT)
    梅雨の時期のひろしゃんさん達は対策などありますか?

    • ひろしゃん より:

      尾張のたーさん。 コメントありがとうございます(๑´∀︎`๑)

      早速質問について奥様に聞いてみましたよ(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

      ●グリーンウォーターが茶色になった場合って水換えは全換えした方がいいんですか?

      全換えでオッケーです。

      ●梅雨の時期のひろしゃんさん達は対策などありますか?

      我が家のメダカ飼育容器は、一つ一つが小さくて、水量が少ないから、雨水が入って水質変化を防ぐために雨の日は必ず蓋をして、

      エサの量も天気のいい日に比べてかなり少なめにしてます。

      そうそう、

      梅雨時期のメダカをガサガサすると、とても叱られるひろしゃん。なるべく、網入れないように注意してます( ̄▽︎ ̄;)

  2. HOBO より:

    なるほど、さすがひろしゃん細かい仕事をしてますね。
    わたしのは、エビオスの量が少なかったみたい。
    参考になりました。
    ありがとうございます。

    • ひろしゃん より:

      HOBOさん。 いつもコメントありがとうございます(๑´∀︎`๑)

      仕込んだ光合成細菌を初期段階で温めることが出来れば、14日〜20日で出来上がってます。

      ただ、電子顕微鏡がないので、光合成細菌がいるのかどうかは分かりませんが( ̄▽︎ ̄;)

      いるんだ!

      という気持ちで、奥様に使うように言ってはいますが、効果のほどは…(;・∀︎・)

コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。

今日はどんなコメントがあるかな?楽しみにお待ちしています(*´▽︎`*p♡︎q