メダカの飼育方法

黒幹之メダカの体外光を伸ばす選別方法は、「早めの選別」と「ヒレ光」

体外光が伸びるメダカの選別方法とは

2020年秋頃の黒幹之メダカの状況

ひろしゃん(@自己紹介)、2020年は、4月から、

新血統の黒幹之メダカを育てているんですが😁

あの、ゴリゴリの黒幹之メダカから、産まれたメダカが、秋になって、どんな風に成長してきたのか?

というと

黒幹之メダカ(2020年10月撮影) 黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

くぅーーーっ(*≧∀≦*)

 

フルボディ率が、かなり高い!

 

奥様に聞くと、40Lの容器、約4ケースぐらいで飼育したところ、約1ケースの黒幹之メダカ

フルボディ体外光‼️

黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

もう、ガサガサする、黒幹之メダカのほとんどが、フルボディ体外光なので、楽しくて仕方ないです(*´▽︎`*p♡︎q

黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

やったーーーーぁ!!と、今回の黒幹之メダカの種親を飼育していたハギタさんに報告。

ハギタさん
ハギタさん
フルボディ体外光の黒幹之メダカ、増えて良かったですね👍

と、楽しくお話していたときに、

 

ひろしゃん、ふと気づく

(;・∀︎・)ハッ‼︎

 

そもそも、フルボディ体外光ばかり産まれてくる、黒幹之メダカが、我が家にやってきた理由は、何だったのか?と。

そう、

その理由は

黒幹之メダカのフルボディ体外光が、何年も飼育しているのに、なかなか産まれてこないから‼️

だから、ここは、

 

フルボディの黒幹之メダカ、たくさんいるね〜。

わーーーい(*´∀`*)

 

なんて、

のほほーーーん(๑´∀︎`๑)

と、しとる場合じゃない‼️

次の黒幹之メダカが、フルボディ光になる、種親の選別方法をしっかり、聞いておかないといけません(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

フルボディ光にするなら白容器飼育より、早めの選別を重視

ひろしゃん
ひろしゃん
体外光が伸びる種親の選びかたって、あるんですか?
ハギタさん
ハギタさん
んーーっ。あまり深く考えたことないけど。
ひろしゃん
ひろしゃん
例えば、白容器で育てると、伸びる。みたいなことあるじゃないですか?

 

ハギタさん
ハギタさん
あんまり、関係ないですよ💦

 

ひろしゃん
ひろしゃん
(;・∀︎・)エッ?

 

ハギタさん
ハギタさん
それより、稚魚の時点で、早いうちから、グッと体外光伸びてる黒幹之メダカとか、アッ!コイツ来るな!って、個体いますよね?

 

ひろしゃん
ひろしゃん
いる?
奥様
奥様
うん。いる。
ハギタさん
ハギタさん
もう、それに絞るんですよ。
ひろしゃん
ひろしゃん
(;・∀︎・)エッ?
奥様
奥様
( ☉︎д⊙︎) ポカーン
ハギタさん
ハギタさん
種親になりそうだなぁ。ってメダカ、後からたくさん、出てくるじゃないですか?
ひろしゃん
ひろしゃん
はい、はい。

 

ハギタさん
ハギタさん
もう、その黒幹之メダカは、種親にしないで、最初にグイッと、アッ!って感じたメダカが分かれば、そのメダカで、間違いないですよ*ˊᵕˋ)੭

 

ひろしゃん
ひろしゃん
( ̄▽︎ ̄;)

これまでの奥様のメダカ飼育だと、

  • 3月、4月
    採卵、孵化

    メダカの採卵と孵化に専念してメダカの数を増やす

  • 5月頃
    稚魚

    ココで、良さそうな個体を見つけることは、できるんだけど、この良さそうなメダカをこの後、上手く育てられずに、死んでしまったら、どうしよう?となり、

  • 6月、7月
    再び、採卵、孵化

    種親から、どんどん採卵して、孵化させて、メダカを増やしていく

  • 7月。8月
    稚魚

    夏に増やしたメダカからも、良さそうな個体を見つけて、大切に飼育する。

  • 9月
    選別作業

    春先から育てたメダカを選別して種親を選ぶけど、夏産まれも気になる

  • 10月
    選別作業

    冬越しに失敗して、良い表現のメダカを減らしたくないから、種親になりそうなメダカは大目に残しておく。

  • 11月以降
    冬眠

    メダカの冬眠中、ひろしゃんが、ガサって叱られる

このループだと、

たくさんのメダカから種親を選ぶことができます

が、そうじゃなくて、

メダカの飼育歴や、選別経験がついてきて、稚魚のサイズになった時点で、

このメダカ良くなりそう‼️

というメダカが分かってきたなら、

そいつを集中的に、育てちゃう!

そして、そのいい種親メダカで、採卵して、次の世代、また次の世代と、繋いでいけば、結果的には、

フルボディ体外光の黒幹之メダカ、ばかりになるじゃん(`☆︎ω☆︎´)

ということ。

体外光を伸ばすなら、横見でヒレ先を見る

ハギタさん
ハギタさん
それと、横見‼️
ひろしゃん
ひろしゃん
(;・∀︎・)エッ?

 

ハギタさん
ハギタさん
幹之メダカの体外光を選別するときは、横見で選別してください‼️

 

ひろしゃん
ひろしゃん
してる?
奥様
奥様
してない。
ハギタさん
ハギタさん
特に、胸ヒレが光る幹之メダカや、ヒレ先が光る幹之メダカは、残しておくと間違いないですよ*ˊᵕˋ)੭
幹之メダカは、横見すること。

実はこれまで、ひろしゃんも、奥様も、幹之メダカは、上見で、体外光が良く伸びているメダカばかり見ていて

胸ヒレや、ヒレ先が、光るのは、ちょっとした

オプションだと思ってました💦

けど、

ハギタさん
ハギタさん
幹之メダカは、横見してください

 

胸ヒレや、ヒレ先が、光る幹之メダカの体外光は、

かなり、伸びますから(๑˃͈꒵˂͈๑)

 

と言われて、メダカの選別を今すぐにでもやりたくなってしましました(*≧︎∇︎≦︎)

黒幹之メダカは、色の黒いメダカを選ぶ

それと、

ハギタさん
ハギタさん
黒幹之メダカなので、色黒なメダカを選ぶこと。

コレで、来年は、超、凄い黒幹之メダカが残ること、間違いないですよ(๑•̀o•́๑)۶ 

ひろしゃん
ひろしゃん
あっ、ありがとうございましたーーーーーっ
奥様
奥様
あっ、ありがとうございましたーーーーーっ

まとめ

黒幹之メダカの体外光を伸ばすためには

2020年にたくさん増やした、グイグイ伸びる体外光を持つ、黒幹之メダカを、次の世代につなげるためにも、

黒幹之メダカ作りの先生に、

幹之メダカの体外光がよく伸びる種親選びのコツ

を教えてもらってしまった、ひろしゃんです(๑˃͈꒵˂͈๑)

白容器じゃなくても、幹之メダカの体外光はよく伸びる

なんか、こう書くと、少し意味が違ってしまうので、書きかたが、難しいんですが(; ̄^ ̄)ん~

というのも、白容器で、幹之メダカを飼育すると、

 

間違いなく、体外光は伸びます✨✨

 

奥様も、2020年に白容器を使って幹之メダカを飼育したら、稚魚の頃から、グイグイ伸びてましたので、

黒ラメ黄体外光幹之メダカ(2020年春夏産まれ)
2020年産まれの幹之メダカを白容器で飼育して体外光の伸びを見てみる幹之メダカの体外光は白容器が伸びる 2020年、メダカの飼育方法に大きな変化がありまして…。 そう、白い容器。 2...

そこは間違いない。んですが、今回のポイントは、そうじゃなくて、

白容器じゃなくても、種親をしっかりと選別すれば、

次の世代の幹之メダカの体外光も、しっかりと伸びる(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

ということです(*´꒳`*)そのために、大切なのが

1.同じ時期に産まれたメダカを選別して交配

稚魚の段階で、体外光の伸びている幹之メダカを選別してしまって、コレだ‼となった幹之メダカを集中的に大きくして、その個体でペアリングして、また、次の世代を作ること。

 

2.幹之メダカを横見すること

体外光がよく伸びる幹之メダカの胸ヒレや、ヒレ先を見て、よく光っているメダカを種親として残していく

 

3.黒いメダカを選別

黒幹之メダカなので、色黒のメダカを種親に残していくこと

すげーーーーーー。。。

コレで、来年は、超、凄い黒幹之メダカが残ること、間違いなしですよね!!

(;・∀︎・)ハッ?

黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

そ、そうなんですよ、、、写真の黒幹之メダカって、2020年の1年かけて、採った黒幹之メダカ(´Д`|||)

じゃぁ、

早い時期(春頃)に、採った、黒幹之メダカは、どれかな〜

 

(・ω・。≡︎。・ω・)キョロキョロ

黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

って、

黒幹之メダカ(2020年10月撮影)

混ざっとるわーーーい
(*」>д<)」

奥様
奥様
いや、なかなか、早い時期から種親を選んで集中的に大きくする勇気ないって…

確かに、その通りかも…

でも、先生のアドバイスによれば

もっと、いい黒幹之メダカが出てくるかな?

って、最初は思うんですけど、結局、初めに見つけた黒幹之メダカを種親に使ってるんです。

もう、難しいことは抜きにして、1番初めに目に止まった、幹之メダカを種親にしちゃったほうが、いいメダカ出来ますよ。

ヨシっ!

来年、の、次の年から、奥様、頑張ろうね〜
(๑•̀o•́๑)۶

皆さんも、幹之メダカの選別方法として、試してみてはどうですか?

メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

オリジナルステッカーを作るなら

  • デザイン作成費は、3,000円
  • デザインをお持ちの場合、メールで送るだけ
  • データ入稿などの難しい作業は、ナシ。
  • 配送料は、無料


無料
お店のHPを見る

お問合せ:単品屋から

ご注文前のご相談もお気軽にお待ちしております

コメント一覧

  1. おきょう より:

    いつも楽しくブログ拝見させてもらってます(^▽^)/
    す~っごく参考になりました!
    白容器で無理やりフルボディにさせるより、黒容器でも早くからフルボディになる子がいいと・・・なるほどです!
    体外光にしか意識なかったけど、横見でヒレ光を・・・なるほどです(笑)
    いい子を別容器に移すとなると、また容器が増えちゃいますね~(汗)
    来シーズンはちょっと意識してみます!
    それにしても黒幹之キレイですねぇ~(〃▽〃)ポッ

    • おきょうさん。いつも読んで頂きありがとうございます

      意外と体外光を伸ばすポイントは、いつものメダカ飼育の中にあるものですね(^^)

      でも、奥様は、「種親を絞って飼育するのは…」と、ボヤき中(^~^;)やっぱり、「エース級のメダカに万が一が起きたら」というところが、不安みたいです。

      とは言え、100匹とっても、1,000匹とっても、遺伝率が25%なら、

      25%しか、遺伝しないんですよね( ̄▽︎ ̄;)

      と、正論を言うと、無茶苦茶、叱られそうなので、大きな声では言えませんケド(◞‸◟;)

      おきょうさんも、来年の稚魚から、少しだけ試して、奥様と、メダカ飼育を楽しみましょう(*´▽︎`*p♡︎q

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。