紅白ラメ幹之メダカ

紅白ラメの1年の選別作業、販売もさせて頂きました。

2019年の紅白ラメ幹之メダカを振り返る

6月頃の紅白ラメ幹之メダカ(種親)

2019年の種親に使った、紅白ラメ幹之メダカの写真紅白ラメ幹之メダカ紅白模様とラメの量を見ていくと、ラメの量は、多いとは言えないけれど、紅白ラメ幹之メダカの模様、ラメの具合は、これが我が家にいる最上級なので仕方ないですね( ̄▽︎ ̄;)紅白ラメ幹之メダカ紅白ラメ幹之メダカ紅白模様の赤色ですが、

かなり、赤いと思いませんか?(๑˃͈꒵˂͈๑)

でも、たくさんのメダカを選別してきたメダカのつわもの達が見ると

オレンジじゃん。って、ツッコミされそうな、「赤色」なのは否定できませんけど…。

でも、でも、

写真で見たら、メダカの赤色って、

このくらい赤色?オレンジ色の方が自然ですからね〜(๑•̀ㅁ•́๑)✧︎

もし、どこかで、紅白ラメ幹之メダカや、三色ラメ幹之メダカなど、赤色のメダカを購入するときは、ひろしゃんの紅白ラメ幹之メダカを思い出してみてくださいね〜(๑˃͈꒵˂͈๑)

あまりにも赤すぎたら…´ ³`°) ♬︎*.:*

なんて、ブツブツ呟きながら、種親メダカを撮影しているのは、梅雨が始まった6月~7月頃でした。(*´▽︎`*p♡︎q

そんな2019年の種親に使った紅白ラメ幹之メダカも、梅雨時期が終われば、

  • もう一度産卵できるのか?
  • それともこのまま、痩せていくのか?

また、

  • 2019年春産まれの個体からどれだけ良い紅白ラメ幹之メダカメダカが出てくるのか?

(。-`ω´-)ンー

と、期待と不安の期待できる紅白ラメ幹之メダカは、2019年どんなメダカを残していくのか?見ていきましょう

7月頃の紅白ラメ幹之メダカ(選別作業)

さて、そんな紅白ラメ幹之メダカから産まれてきて、ひとまわり大きくなった紅白ラメ幹之メダカの稚魚ガサっとすくってみると紅白ラメ幹之メダカ(2019年春産まれ)紅白ラメ幹之メダカ(2019年春産まれ)赤い部分、多いよねぇ〜。。。

奥様が言うには、このサイズで、ここまで赤い部分が多い紅白ラメ幹之メダカは、今後も、どんどん、

赤くなるそうです。

なので、今回、撮影した紅白ラメ幹之メダカの中から、選別作業をするとき

奥様
奥様
なるべく、白地が多くて、ちょっとだけ、赤味がある

紅白ラメ幹之メダカを残す予定だそうです

写真の紅白ラメ幹之メダカは、未だ選別されていない、紅白ラメ幹之メダカなんですが、もし、飼育容器に泳いでいたら、

どの紅白ラメ幹之メダカを選別して残していきますか??

紅白ラメ幹之メダカ(2019年春産まれ)紅白ラメ幹之メダカ(2019年春産まれ)紅白ラメ幹之メダカ(2019年春産まれ)

と言いつつ、7月8月は、1匹でも大きなサイズに仕上げていく時期でも、あるそうですよ୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛

選別した紅白ラメ幹之メダカ

8月の紅白ラメ幹之メダカ(選別後)

  • 松井ヒレ長黒ラメ幹之メダカ
  • オーロラブラックラメメダカ

の販売をさせていただいたのですが、

オーロラブラックラメ幹之メダカのメス(2019年春産まれ)
オーロラブラックラメメダカのラメの特徴と販売初登場!!オーロラブラックラメ幹之 オーロラブラックの虹ラメ ラメ幹之メダカの撮影をしている時、奥様が、ふとひろしゃんに ...

メダカの発送までに、時間的な余裕を頂いてたおかげもあって

紅白ラメ幹之メダカ、もしくは、三色ラメ幹之メダカは、ひろしゃん宅に、いませんか?

という、追加購入のご要望(๑˃͈꒵˂͈๑)を頂いたこともあり、2019年8月時点で、奥様が選別した、紅白ラメ幹之メダカを見ることができました。紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ)

紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ) 紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ)

この紅白ラメ幹之を選別して発送する予定みたいですが、

(。-`ω´-)ンー

と、なんだか、選んだ紅白ラメ幹之メダカを前に、

難しい表情の奥様。

でも、この紅白ラメ幹之メダカを、ひろしゃん目線の選別でみたら

  • 白地が、ベタっとしてるので大丈夫。
  • 赤色の部分も、思ったほど、オレンジ色ではない。
  • まぁ。ラメの量が少ないのは、今後の課題点かな。

と思うので、難しい表情してる奥様に

ひろしゃん
ひろしゃん
そもそも、完璧な、紅白ラメ幹之メダカって、どこにいるの?
奥様
奥様
人のメダカを勝手に売るな!!

と、言われそうなので、そこは、言わずに、

ひろしゃん
ひろしゃん
奥様が、選別した紅白ラメ幹之メダカが欲しいみたいだよ

と、ヨイショ作戦(*´艸`*)ァハ♪︎

こんなやりとりの中で、奥様が選別して、2019年の夏に発送することになった、我が家の紅白ラメ幹之メダカがコチラ紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ)

紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ) 紅白ラメ幹之メダカ(2018年冬産まれ)

課題は、やっぱりラメの量かな。。。

この紅白ラメ幹之メダカから、なるべくたくさんの紅白ラメ幹之メダカの数を採って、紅白模様にもこだわって、今後、選別してもらえると、とても良い紅白ラメ幹之メダカになると思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و

2019年8月に発送した

  • 松井ヒレ長黒ラメ幹之メダカ
  • オーロラブラックラメメダカ
  • 紅白ラメ幹之メダカ

の写真

オーロラブラックラメ幹之メダカと松井黒ラメと、紅白ラメ幹之メダカ

奥様の選別したメダカに興味を持って頂きありがとうございました。元気に届きますように(人>U<)

来年へ残す予定の紅白ラメ幹之メダカ

9月頃の紅白ラメ幹之メダカ(種親候補)

こうして、2019年も春頃から成長してきた紅白ラメ幹之メダカたちを大きくして、選別していくと、秋ごろには紅白ラメ幹之メダカ

こんな感じの紅白ラメ幹之メダカたちが残ってきました

奥様の紅白ラメ幹之メダカの紅白模様の基本的な選別ポイントは、

  • ベタっとした、白地。
  • 頭頂部に残る、赤色
  • 赤色は赤く
  • 赤色の部分は少なく

みたいですが、

秋口の、皆さんの紅白ラメ幹之メダカの選別ポイントはどんな感じですか??

紅白ラメ幹之メダカ

もちろん、ラメの量も大切にはなってきますが、我が家の飼育規模では、一気に全て完璧な選別をすると、紅白ラメ幹之メダカがいなくなるので、大きくしたメダカの中から、選別すると、2019年秋まで、こんな感じの紅白ラメ幹之が残ってきました。

2020年はどんな紅白ラメ幹之メダカに仕上がるのか?

楽しみです(。-`ω´-)

紅白ラメ幹之メダカのアイキャッチ
紅白ラメの1年の選別作業、販売もさせて頂きました。2019年の紅白ラメ幹之メダカを振り返る 6月頃の紅白ラメ幹之メダカ(種親) 2019年の種親に使った、紅白ラメ幹之メダカの写真の紅...

秋の水替え中のメダカの中からこれまでに、

ぶち模様。

三色模様。

のメダカをこれまでに撮影してきたひろしゃん´ ³`°) ♬︎*.:*

11月頃の紅白ラメ幹之メダカ

メダカの冬越し前の準備という事で、メダカ容器の水替えをしているところをひろしゃんが、隠し撮り

紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれ 紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれ

秋の水替え最中に撮影したメダカの中で、1番綺麗に撮影できたのは、紅白ラメ幹之メダカかなっ(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれコレで??

とは、言わないでね( ̄▽︎ ̄;)

これでも、綺麗に撮影できたほうだったから、紅白ラメ幹之メダカだけ、ずーーっと、時間かけて撮影してたんです。

紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれ 紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれそしたら、

奥様
奥様
その容器の紅白ラメ幹之メダカ、種親に使わないけどね〜。サブメンバーなんだけど…。

( ☉︎д⊙︎) ポカーン

 

出ましたね( ̄▽︎ ̄;)

色柄の良い、エース候補の種親は、コッソリと水替えして、隠しておく、奥様、お得意パターンのヤツです(p´Д`;)

 

前回も話ましたが、このサイズのメダカで、赤色の部分が多い、紅白模様や、三色模様のメダカは、来年の種親に使う頃には、体のほとんどが、赤色になってしまうため、種親候補から外しているんんです。

でも、、、

紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれ 紅白ラメ幹之メダカ2019年産まれ

チラホラと、良さそうな、紅白ラメ幹之メダカいるような気がしませんか??

ひろしゃん
ひろしゃん
良さそうな、紅白ラメ幹之メダカいるけど?サブメンバーで、大丈夫?
奥様
奥様
んぅ〜??

(容器を覗く奥様)

奥様
奥様
良さそうなのもいるけど…。冬越しできたメダカからしか、種親は、選べないんだから、今は、このまま冬越しだわ!!

(i|!゚Д゚i|!)ヒィィィ

超、ドSっっ!!

 

紅白ラメ幹之メダカも、寒さを経験すると、紅白模様が良くなりますからね〜。冬越し後の紅白模様を楽しみにして、今シーズンは、見納めです*ˊᵕˋ)੭

紅白ラメ幹之メダカ(2020年春産まれ)
ヒレ長の紅白メダカよりも、ラメの紅白でしょ‼ということで…。奥様は、 ひろしゃんは、 と、意見が分かれた、2020年4月産まれの 松井ヒレ長三毛猫紅白メダカ ...
メダカ飼育でよく使うモノ

おススメのエサと産卵床

Amazonでお買い物するなら

5000円以上をギフト券としてチャージしてからAmazonでお買い物をすると、最大2.5%のポイント還元があるのでお得ですよ
∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎

 

コメントは、コチラから

メールアドレスが公開されることはありません。