琥珀色と、青ラメのメダカ「ブルーアンバー」追加!ブルーアンバーの作り方と、特徴とは

奥様、2022年

ついに、新しい品種を手に入れてしまった(๑•̀o•́๑)۶

その名も

ブルーアンバー

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

って、知ってます??
(;・∀︎・)??

実は、ひろしゃんも、以前から気になっていたメダカなんですが、

ブルーアンバーとは、

琥珀ラメ幹之メダカの背ビレ無しタイプで、ラメ色が青いメダカ

の、ハウスネームです(○︎´艸`)

そして、ブルーアンバーを作ったのは、

メダカめだかさん

ひろしゃん

そう、あの、2人っ

ということで、奥様、ついに、

ブルーアンバーと名前が付いた、

琥珀ラメ幹之メダカの背ビレ無しタイプで、ラメ色が青いメダカ

を手に入れてしまったので、今回は、

  • 琥珀ラメ幹之メダカの青ラメの魅力について
  • 琥珀ラメ幹之メダカの作り方と、ブルーアンバーの名前について
  • ブルーアンバーをどんなメダカにしていくと良いか?

ひろしゃんの目線からですが、まとめてみました👍

ブルーアンバーというメダカの特徴など、気になってるかたは、是非、読んでみてください😁

目次

背ビレがない、「琥珀ラメ幹之メダカ」の青ラメの魅力

琥珀色のメダカと、青色のラメの両立は、「女子力高め」

まず、ブルーアンバーと名付けられた

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

なぜ、奥様、欲しかったのか?

というと、もう、見たままのソレ

琥珀色の上で、光る、青ラメの量ですよね✨✨

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

って、

まぁ、これじゃぁ

なぜ、ブルーアンバーに、ドキドキ、ワクワクしたのか、伝わらないか( ̄▽︎ ̄;)

ということで、

ブルーアンバー以外の

ラメ色が青いメダカの特徴と、比較しながら

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

の魅力について、

ひろしゃん的な目線から、その魅力について書いてみます😁

まず、

メダカのラメ色が青色で統一されたら。

なーーんて、ところから、誕生したと思われるのが、

ひろしゃんの奥様が飼育をしている、

黒ラメ幹之メダカのサファイア系

黒ラメ幹之サファイア背ビレナシ(2021年3月生まれ)

\ サファイアの過去記事 /

ですよね✨✨

これまで、ラメと言えば、

銀色

が当たり前だった、ところから、

虹ラメ

が、登場。

その後、

ラメの色が、青色で並ぶ

サファイア系というメダカが、登場したことで

ひろしゃんも、奥様も、

めっちゃ、ワクワクしました(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

でも、

黒体色の上に、青いラメ

なので、

ひろしゃん

正直、「女子力」が、少ない💦💦

そこで、、、

華やかさがある、

オーロラ黄ラメ系のメダカを青色のラメで、統一できたら

と、多くのメダカ愛好家が、

黄色と、青ラメの両立を追いかけるんですが、、、

ユリシス(2021年10月撮影)
ユリシス

どーーも、

オーロラ黄のオレンジ色と、青ラメの青色が重なると、

ひろしゃん

エメラルド色になるのが、気になりません??

できれば、

黒だけの単色ではなく、ちょっと、色味があるところに、サファイアブルーの青色ラメが欲しい。

(。-`ω´-)ンー

ひろしゃん

黒色と、オレンジ色の間。

と言えば、

琥珀色。

琥珀ラメ幹之メダカ

琥珀色のメダカと言えば、

そう、

琥珀ラメ幹之メダカ
(`☆︎ω☆︎´)キラ-ン!

もし、

琥珀ラメ幹之メダカのラメが、青色で、集まってたら?

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

って、

ぬぉーーーー、

って、本当におるかーーい
⸌̷̻ ( ᷇๑ॢ˃̶͈̀ ꇴ ˂̶͈́๑ॢ) ⸌̷̻

しかも、

背ビレナシ

なので、

背中一面が、青ラメ✨✨

これが、ひろしゃん的、

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

の魅力かな(*´▽︎`*p♡︎q

ブルーアンバーって、どんな特徴のメダカなのか?

ブルーアンバー(背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ)の作り方

では、

このブルーアンバーというメダカ、

どんな作り方で、誕生したメダカだと思いますか?

これが、

意外な方法で、面白いんです(*≧︎∇︎≦︎)

実は、黒ラメ幹之メダカのサファイアが、大人気になる頃と、同じ時期に

背ビレの無い、琥珀ラメ幹之メダカ

を飼育していた

メダカめだかさん。

メダカめだかさんとは

そんな時、

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの中に、

ラメの色が青っぽいメダカを発見します。

メダカめだか

琥珀ラメ幹之のラメ色って、青色で、統一できるのかな?

と、思い、試しに、

琥珀体色で、青っぽいラメを持つメダカで、交配を続けてみることに。

スタートは、そんな感じで、メダカの累代飼育を続けてたところ、

黒ラメ幹之メダカに、青ラメを集めた、サファイア系が、「静楽庵さん」から発売され、

人気が急上昇✨✨

そんな時、ふと気づきます。。。

メダカめだか

あれ?ウチの琥珀ラメ幹之メダカのラメ色も、ラメの色が青色で、統一され始めてない??

と、

そう、この「ブルーアンバー」と名前が付いている

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

は、

メダカめだかさんが、ひたすら、

琥珀体色で、青っぽいラメを持つメダカで、交配を続けていたら

完成したメダカなんです
(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

改良メダカの新しい特徴は、同じ時期に「イノベーション」することが多い

いやいや、そんな、偶然、ありえないでしょ?

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

という点から考えると、

静楽庵さんが、作られた

  • 黒ラメ幹之メダカサファイア系と、何かを交配したのでは?

とか、

  • 黒ラメ幹之メダカの青ラメ系を、交配し続けた過程で、出てきたのでは?

と、思うかもしれませんが、

これまでのメダカの歴史の中でも、

同じゴール地点をめざして、メダカの改良をしていたら、同じタイミングで、同じようなイノベーションが、起こること

結構、多いです😁

最近でいうと、

ヒレが、もっと伸びるメダカが、できないものかなぁ。

と、考えてる人たちが、色んなアプローチの仕方で、

ヒレ長のイノベーションを起こそうてしていたら、

  • マリアージュロングフィン
  • リアルロングフィン
  • モルフォ

と言う具合に、同時期に、ヒレ長のイノベーションが起きましたよね(๑˃͈꒵˂͈๑)

それと、同じで、

黒ラメ幹之メダカサファイア系が世の中で人気を集め始めた頃、

メダカのラメの色にこだわって交配や飼育をしていた人がいて、同じ時期に、ラメ幹之メダカに、青ラメが集まり始めるイノベーションが起きた。

としても、

全く、不思議な事ではないと思います😁

琥珀ラメ幹之メダカの累代飼育でも、青ラメの集合体に辿り着ける

というより、

ブルーアンバー

の作り方が面白いと思うのは、

琥珀体色に、青ラメを集めるために、難しい交配を繰り返した訳ではなくて、

幹之メダカのヒレ光を、ひたすら磨き続けた結果誕生した

極龍や

体内光メダカの、黒い特徴を磨き続けた結果、誕生した

黒百式

のように、

それぞれのメダカが持つ特徴にフォーカスして、磨き続けたこと

で、

その特徴がさらに磨かれたパターンのメダカという点です(*≧︎∇︎≦︎)

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

もしかしたら、

メダカの初心者のひろしゃんでも、作れたメダカだけど、

今まで、どこにもいなかったメダカ

というのが、

ひろしゃんは、とても面白いと感じるし、改良メダカの奥深さを感じました(。-`ω´-)

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ「ブルーアンバー」の名前の由来

ところで、

なぜ、背ビレのない琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプを、ブルーアンバーと名付けたのか?

というと、

黒ラメ幹之メダカサファイア系が、リリースされた後、サファイアを使った、メダカの異種交配が進み、

多色のメダカたちにも、

青ラメが集まる特徴のメダカが出てきた

こともあって、

自分たちが磨いてきた

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプ

も、

メダカめだか

このままだと、名前が長いし、、、

そろそろ、

ハウスネームをつけて管理しよう。

と、

名前を公募したところ、

ブルーアンバーと呼ばれる

太陽に当たると、ブルーに輝く、琥珀色の樹脂の化石

があるそうで、(アンバーは、琥珀と言う意味)

引用元:パワーストーンウィキ
  • 琥珀体色で
  • 背ビレを持たず
  • 青ラメが集まる

というメダカの特徴が、メダカめだかさんの手元にいる、

背ビレがない、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメタイプに、しっくりくる。

ということで、

ブルーアンバー

という名前で、管理するようになったそうです(๑˃͈꒵˂͈๑)

まとめ

もしかすると、

琥珀ラメ幹之メダカ青ラメなら

黒ラメ幹之メダカ背ビレナシのサファイア系からも、出てくるよ

とか、

黒ラメ幹之メダカ背ビレナシのサファイア系と、琥珀ラメを交配すればすぐに出てきますよ

と、色々なご意見あるとは、思いますが、

それは、

その特徴や、血脈を大切にしながら、次世代に繋げていけば、イイんじゃないかと思います😁

ただ、ひろしゃんは

メダカめだか

琥珀体色のメダカに、青いラメを集めてみたい。

というゴール地点に向かって、

琥珀ラメ幹之メダカの背ビレナシから、出てきた、青いラメ色のメダカを、ずーーーっと、交配し続けた

ブルーアンバー

というメダカが、

とてもシンプルな交配過程で、特徴も分かりやすくて

ひろしゃん

この後も自分好みの、メダカにしていけるんじゃない?

と、ひろしゃんみたいな、メダカ初心者の心を

ギュッと掴んだ。

だけです
(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

もちろん、

奥様

ブルーアンバー知ってる??あれ、めっちゃ好き

と、

琥珀色と、青ラメを両立している「ブルーアンバー」

を、

2021年の秋頃には、奥様も、

シッカリ狙っていたんですけどね(`☆︎ω☆︎´)キラ-ン!

奥様

さすがに、冬越し前の購入は、リスクが高い

ということで、

2022年のメダカシーズンが始まるのを待ち、5月に浜松で開催されたメダカイベントのタイミング

で、

我が家に、ブルーアンバーがやってきた。

という訳です(*≧︎∇︎≦︎)

そうそう、

このブルーアンバーですが、メダカめだかさんが、人知れず長い間、磨きあげられたこともあり、

横見でもラメの量が、

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

かなりヤバいです✨✨✨

もちろん、上見も、シッカリ入ってますからね。

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

とは言え、

連れ帰ってきた、ブルーアンバーも、ひろしゃん的には、

物足りないところもあって

琥珀ラメ幹之の特徴である

  • 琥珀色や、
  • ヒレに入るサシ色が、
ひろしゃん

結構、薄い感じが、、、

ブルーアンバー(背ビレナシ琥珀ラメ幹之メダカ青ラメ)

なので、次の世代からは、

琥珀体色と、ヒレ色

を磨き上げていけば、

静楽庵さんから、販売されている、

令和フィン

に、近づくことも夢じゃなさそうだし、

琥珀色のラメ幹之で、

  • ヒレ色がついて
  • ラメ色が青い

ということは、、、

青ラメで統一したい、柄物のメダカとの掛け合わせに使ったら

ひろしゃん

とんでもないメダカが産まれてきたりして(○︎´艸`)

なーーんて、ブツブツ言ってたら、

奥様

私のメダカなんだから、勝手に選別しないでよ!

と、お叱りの言葉が
( ̄▽︎ ̄;)

ひろしゃん

余計なことはしません。。。

と、

言うことで、

ひろしゃんと奥様が、連れて帰ってきた

ブルーアンバー(琥珀ラメ幹之メダカ背ビレナシの青ラメ)

のメダカの特徴や、作り方について、まとめてみました⸌̷̻ ( ᷇๑ॢ˃̶͈̀ ꇴ ˂̶͈́๑ॢ) ⸌̷̻

果たして

奥様は、どんなブルーアンバーに磨いていくのでしょうか?

2022年以降、記事にしていくので、今後のブルアンバーの記事をお楽しみに。

もし、ブルーアンバーに興味がでてきたり、飼育してみたくなった時は、

メダカめだかさんのInstagramや、ヤフオクをチェックしてください(๑•̀ㅁ•́๑)✧︎

また、琥珀ラメ幹之メダカの青ラメについて、ご意見ありましたら、メッセージや、コメントもお待ちしております。

\ 応援ポチしてね /

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる